ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ティターニア

てぃたーにあ

ティターニア(Titania)はウィリアム・シェイクスピアの戯曲『夏の夜の夢』に登場する妖精の女王。シェイクスピアと関係ない作品においても、妖精の女王の名前としてしばしば用いられる。
目次 [非表示]

誘導分岐

  1. 女神転生シリーズ』のキャラクター。→妖精ティターニア
  2. ファイナルファンタジー14』のキャラクター。→妖精王ティターニア
  3. 魔物娘図鑑』のキャラクター。→ティターニア(魔物娘図鑑)
  4. 魔法使いの嫁』のキャラクター。→ティターニア(魔法使いの嫁)
  5. 『機動戦士ガンダム バトルオペレーション Code Fairy』のモビルスーツ。→ティターニア(ガンダム)

概要

ティターニア(Titania)はウィリアム・シェイクスピアの戯曲『夏の夜の夢』に登場する妖精女王。読みはタイターニアともされる。


『夏の夜の夢』においてティターニアは誇り高い妖精の女王として夫である妖精王オベロンと同等の存在として描かれ、インドから連れて来た王子を巡って夫婦喧嘩を展開していた。


業を煮やしたオベロンは配下のパックに命じてキューピッドが恋の矢を落とした所に咲いた“浮気草”の汁を寝ているティターニアのまぶたに塗らせる。浮気草の汁を塗られた者は眠りから覚めて最初に見た者に恋情を抱かせる効果があるが、妖精の女王たるティターニアもその魔力からは逃れ得ず、パックのいたずらでロバの頭部をかぶった機屋のニック・ボトムに恋してしまう。


ティターニアはすっかりボトムに夢中になってしまい、豆の花、蜘蛛の巣、蛾の精、辛子の種などの妖精を彼にかしずかせていた。この隙にオベロンはティターニアから少年の所有権を獲得し、ボトムと眠りこんだティターニアのまぶたに月の女神ディアナの花を塗って正気に戻した。

正気に戻ったティターニアは自身の行状を訝しみつつ、夜明けの光の中をオベロンと共に夜の世界に向けて飛んで行ってしまう。


そして物語の最後に、オベロンと配下の妖精たちとシーシアスの宮殿で歌い踊って『夏の夜の夢』は幕を下ろす。


なお、オベロンの悪口の中にティターニアは数多の恋人達に仲を引き裂いている旨が語られているが、自分の信者である女性が遺した子供、前述の少年を育てる一面も見せている。


ティターニアという言葉

ティターニア(ティタニア)はギリシャ神話に登場する魔女キルケー、女神ディアナレートー、人類の祖ピュラーに用いる詩的形容辞とされ、「ティターンの娘達」を表す言葉である。

民話・伝承では妖精の女王に特定の名前がなく、シェイクスピアはオウィディウスの『変身物語』に登場する月の女神ディアナの異称であるティターニアを参考にして名前としたといわれる。


関連タグ

妖精 シェイクスピア 夏の夜の夢 オベロン


外部リンク

wikipedia(記事名は『タイターニア』)

関連記事

親記事

妖精王 ようせいおう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3633737

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました