ピクシブ百科事典

キルケー

きるけー

ギリシャ神話に登場する魔女。及びこれを元としたキャラクター。
目次[非表示]

概要

ヘリオスの娘とされる。魔術と薬学に優れ、毒薬で人間を動物や魔物に変えることができた魔女。オデュッセウスの部下をに、美女スキュラの下半身を多頭の怪物に変えてしまったエピソードなどが有名である。

神話

ある所に、スキュラという美しい娘がおり、多くの男達が彼女に求婚したが、スキュラは恋愛や結婚に興味がなく、全て断っていた。そんなスキュラに惚れた男の一人に、グラウコスという名の海の神がいた。グラウコスはスキュラに求婚するが、グラウコスの人間離れした姿に恐れを抱き、他の男と同じように断り、逃げ出した。諦めきれないグラウコスは、薬草作りで名高い魔女キルケーに惚れ薬を作ってくれるよう依頼した。ところが、キルケー自身がグラウコスに恋してしまい、嫉妬心からスキュラを怪物に変えてしまった。怒ったグラウコスはキルケーの元を去っていった。

また、イアソン率いるアルゴナウタイが帰還する途中、メディアが犯した弟殺しの罪を清めた。

トロイア戦争の後、帰国しようとするオデュッセウスの船団が島を訪れた時、キルケーの宮殿にはライオンと凶暴な動物が何匹も集まっていたが、彼らは船員達にじゃれるばかりで襲っては来なかった。彼らはキルケーに変身させられた被害者達だった。
キルケーは船員達をもてなし、豪勢な料理を振る舞うが、それを食べた者達は皆豚になってしまった。しかしオデュッセウスだけは、ヘルメスから魔法の薬草を事前に食べさせられていたため、動物にはならなかった。キルケーはオデュッセウスを気に入り、船員達を元に戻すと、一年の間宮殿で暮らした。ふと船員の一人が帰るべきだと忠言すると、オデュッセウスは目を覚まして島を後にしようとした。キルケーは引き止めたが、渋々認め、オデュッセウス達に食料と飲み物を与え、海域の先に潜むセイレーンカリュブディス、スキュラなどの怪物の情報と攻略法について教え(スキュラについてはキルケーの責任なのだが)、彼らを送り出した。

ギリシャ神話の系譜においては、魔女メディアの父アイエーテスや、ミノタウロスの母パシパエとは兄弟(叔母)である。また異説ではメディアとともに魔術と冥府の女神ヘカテーの娘(姉妹)とされる。

創作での扱い

Fateシリーズ

キルケーはヘカテーと並び、メディアの師匠とされ、これは上記の系譜から作られた二次設定であると考えられる。

恐竜戦隊ジュウレンジャー

第8話「恐怖!瞬間喰い」に登場した怪人ドーラキルケ」は魔女の姿ではなく、豚に変えられたオデッセウスの部下がモチーフだった。

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

作中にてケネス・スレッグが自らの「キンバレー部隊」の隊名を魔女キルケーの名と逸話にちなんで「キルケー部隊(ユニット)」と改名するシーンがある。

関連タグ

ギリシャ神話 魔女 メディア ヘカテー 
オデッセウス スキュラ

外部リンク

キルケー - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「キルケー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67322

コメント