ピクシブ百科事典

イアソン

いあそん

イアソンはギリシャ神話に登場する英雄。

間の楔のキャラクター→イアソン・ミンク
Fateシリーズのキャラクター→イアソン(Fate)

概要

ギリシャ神話に登場する英雄の一人。英語読みでジェイソン
ギリシャ中からヘラクレスを始め、テセウスオルフェウスカストルポルックスネストールアタランテメレアグロス…といった勇者たちを集めて「アルゴナウタイ(アルゴノーツ)」を結成し、彼らが乗るアルゴー号の船長となったことで有名。

生涯

イオルコスという国の王子として生まれたが、父王アイソンは死亡してしまったため、叔父ペリアスが王位に就き、まだ幼いイアソンはケンタウロス族の賢者ケイローンの元に預けられ育てられた。
成人したイアソンは王になるためにイオルコスへ帰国するが、道中、川を渡れずに困っていた老婆を助けるが、このために履いていたサンダルが片足分だけ流された。
この老婆の正体はゼウスの妻である女神ヘラであり、イアソンはヘラの加護を得ることになった。

さてイオルコスに到着したイアソンは早速王位を返してくれるようペリアスに頼むが、ペリアスは狼狽する。
なぜなら、彼はサンダルを片足だけ履いた人物に殺されると予言されていたためであり、現在のイアソンは片足にしかサンダルを履いていなかったためである。
ペリアスは焦りを隠しながら、イアソンに「もし部下に殺されると予言されていたとしたら、その者をどうするか」と問う。
イアソンは「ではコルキスという国にある黄金羊毛を取りにいかせます。何故なら、黄金羊毛を求めて生きて帰ってきた者はいないからです」と答えた。
これを聞いたペリアスは、王位を返す前にイアソンが言った通りに黄金羊毛を取りに行くよう命令した。

イアソンは船大工のアルゴスに依頼して立派な巨船を建造させ、これにアルゴー号と名付けた。
そしてギリシャ中から名だたる勇士たちを集め「アルゴナウタイ(アルゴノーツ)」を結成した。
道中でヘラクレスが離脱してしまったが、ハーピー退治等の冒険を経てようやくコルキスに辿り着いたイアソンは、早速コルキス王アイエーテスに黄金羊毛を譲ってくれるよう頼むが、厳しい二つの条件を課せられる。
それは、戦神アレスから授けられた、青銅で出来た体を持ち火を噴くという凶暴な牛を使って畑を耕せ、その後女神アテナから授かった竜の牙を耕した畑に撒け、というものだった。
アルゴナウタイの勇士たちならば可能だったかもしれないが、どうしてか彼らは力を貸してくれない。
そこで、イアソンを気に入っていたヘラが愛の女神アフロディーテに頼み、息子エロス(キューピッド)の愛の矢によって、コルキスの王女メディアに、イアソンに対する恋心を植えつけさせた。
王女メディアは魔法や薬草の知識に詳しく、自分を妻としてくれるなら協力するとイアソンに申し出、イアソンもこれを承諾する。
まずメディアはイアソンの体に軟膏を塗る。これは火を浴びても平気になる薬で、おかげでイアソンは最初の課題を攻略出来た。
次に竜の牙を撒く課題だが、イアソンは事前にメディアから攻略法を聞いていた。
竜の牙を地面に撒くと、そこから鎧武者が現れて襲い掛かってくる。だがその集団の中央へ大きな岩を投げ込むと同士討ちを始めるのである。
こうして第二の課題も終わらせたイアソンに対し、アイエーテス王は約束通り黄金の羊の毛皮を持って行って良いと言う。
だが、本心ではイアソンに黄金羊毛を渡したくないアイエーテス王は、隠れてアルゴナウタイを皆殺しにする計画を立てていた。
だが王女であるメディアには筒抜けであり、その日の内にメディアはイアソンを連れて黄金羊毛を入手しに行った。
黄金羊毛は火を噴く竜によって守られていたが、これもメディアが煎じた薬によって眠ってしまい、難なく黄金羊毛を持ち出す事ができた。
ここに至ってアイエーテス王は娘の裏切りを知り、すぐさまアルゴナウタイの皆殺しを命じたが、アルゴー号は既に出港していた後だった。
アイエーテス王が乗るコルキスの船は足が速く、アルゴー号ではいずれ追いつかれてしまう。
そこでメディアは、一緒に連れて来ていた幼い弟をバラバラに切り刻んで海に捨てた。
アイエーテス王たちが王子の死体を拾い集めている間に、アルゴー号は距離を離す事ができたが、イアソンはメディアの行いに恐怖を感じた。

かくして無事に帰国できたアルゴナウタイは解散し、イアソンも妻メディアを連れてイオルコスへ帰還する。
だが、ペリアスは約束を反故にし、王位を譲ろうとはしない。
イアソンは、アルゴナウタイの一員であったメレアグロスに誘われて、他の勇士たちと共にカリュドーンの猪狩りに参加していたが、一方でメディアはペリアスの娘たちに取り行っていた。
娘たちに羊が若返る魔法を見せて、父親も若返らせてはどうか?と問う。
ペリアスも乗り気だったが、メディアはわざと魔法の手順を間違え、娘たちの手で父ペリアスを殺させてしまう。
この悪行はイオルコス市民の知る所となり、メディアは猪狩りから帰ってきたイアソン共々国外追放された。

彷徨うイアソンはコリントスという国に辿り着き、そこの王と王女グライアーに気に入られ、結婚を申し込まれる。
メディアの残虐さにほとほと恐怖していたイアソンはこの申し出を喜んで受け入れる。
当然、これを知ったメディアは激怒。
グライアー王女に花嫁衣装を送るが、これには猛毒が仕込まれており、王女グライアーと父王は死んでしまう。
メディアはイアソンとの間に産まれた子供まで殺し、竜の牽く車に乗って何処かへと飛び去ってしまった。

全てを失い、あてども無く彷徨うイアソンは、懐かしいものを見つける。
それはかつて、数多の勇士を乗せて共に冒険した友…アルゴー号であった。
冒険の日々に思いを馳せながらアルゴー号の下で眠るイアソンは、腐敗して落下してきたアルゴー号の部品に押し潰れて死んでしまった。

pixivに投稿された作品 pixivで「イアソン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 92147

コメント