ピクシブ百科事典

目次[非表示]

もしかして:タロスズ仮面ライダー電王

概要

ギリシア神話のエピソードの一つ『アルゴナウタイ』に登場する青銅巨人全創作物初の巨大ロボットなどと言われたりする。
もとは大神ゼウスが愛人エウロペクレタ島に残して去る(牡牛座の神話)にあたって、彼女に与えた贈り物の一つだったとされる。作成者は火神ヘパイストスまたは名匠ダイダロス
クレタ島の守り神とも呼ばれ、島に近づく怪しい者を片っ端から迎撃していたとされる。遠くの船には怪力を投げつけて破壊する一方、全身を高熱化させて触れた者を焼き殺すという技も持っていた。しかし全身を流れる神のくるぶしの栓が止めており、これを抜かれると血が全部流れ出て動けなくなってしまうのが弱点。後にアルゴナウタイが島に立ち寄った時、この弱点を突かれて倒されてしまった。
一説には青銅時代(ギリシャ神話の時代区分の一種で3番目の時代の事)に作られた人間だとも。ドラクマ硬貨には翼の生えた姿で表現されることも。

創作

原典では大きさは特に記述されていなかったが、1963年公開のレイ・ハリーハウゼン監督の映画『アルゴ号の冒険』以降はそれこそ奈良の大仏ほどもあろうかというを突くような巨人として描かれることが多い(里中満智子の『マンガギリシア神話』など)。

マジンガーZ

ミケーネ文明の創った「胸(アニメでは口)からを噴く巨人」。巨大ロボットの一つとされている。いわば機械獣のプロトタイプというかベース機体のようなものであり、アニメ第2話ではDr.ヘルロードス島の発掘作業中にこれにテレパシー受信装置を組み込み、兜十蔵らを襲撃している。

真マジンガー 衝撃!Z編』では機械獣の待機モードとされており、有事にはサナギのように内部から機械獣が登場する。そのためスパロボでは雑魚敵として出てくることが多い。

仮面ライダーストロンガー

テレビマガジン』収録の特別漫画『決死戦七人ライダー』に青銅巨人タウロスの名で登場。エジプトスフィンクスインドの巨大怪鳥バド、トロイの木馬ニューヨーク自由の女神南米のジャンボコングと共に熊本阿蘇山に身を投じ、九州そのものと同じ大きさの巨神を蘇らせようとした。
最後はライダー時間差攻撃で左足を折られて戦闘不能になり、折れた足首から血液を投じて生贄にしようとしたが、ストロンガーの落雷シュートにより青銅の装甲をホットプレート代わりにされて完全に蒸発させられる。

新造人間キャシャーン

グリシア国のメリナ博士によって開発された巨大ロボットネオタロスが登場。
鎧を着た古代の戦士のようなデザインで青銅色のボディカラー、全身から熱線を放射するなど神話のタロスをモチーフとしている。

恐竜戦隊ジュウレンジャー

プリプリカンによって作られた最強最後ドーラモンスターとしてドーラタロスが登場する。こちらは誰がどう見てもロボットとわかる外見である。
 

ゴッドオブウォー』シリーズ

巨大なハンマーを武器とするモンスターとして登場。CSアタックで倒すとレイジゲージを回復するゴールドオーブが手に入る。

聖闘士星矢LC

外伝アルデバラン編にてクレタ島を守護する「コル・タウリ」(牛の心臓の意)という大男として登場。
性格は心優しく、まさにクレタ島の守護者に相応しき男。アルデバランの弟子であるセリンサの育ての親であった。

Fate/GrandOrder

エウロペ宝具としても登場するが、こちらではモビルスーツ並の大きさ(約20m前後)を誇るうえ、見た目はメガデウス・挙動はジャイアントロボという、正しくスーパーロボットな仕上がりである。敵対者に対しては拳で押し潰したり、胸からの熱線砲、指からのバルカン砲で攻撃する。

名探偵コナン

平成最後の放送回「巨神タロスの必殺拳」においてオブジェが登場。

関連項目

ギリシャ神話 アルゴナウタイ ゴーレム 銅像

関連記事

親記事

アルゴナウタイ あるごなうたい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「タロス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「タロス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 165844

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました