ピクシブ百科事典

メガCD

めがしーでぃー

メガドライブの周辺機器であり、メガドライブのCD-ROMハードである。
目次[非表示]

セガから発売されたメガドライブ周辺機器。メガドライブ及びメガドライブ2に接続し、大容量のCD-ROMゲームソフトをプレイすることが出来る。その他CD、CD+Gカラオケの再生も可能。北米南米ではSEGA CD(セガCD)の名で発売されたが、欧州では日本と同様にメガCDの名称のままで発売された。

単純にメガドライブでCDソフトが遊べるというだけでなく性能的にも拡張されており、NECから1日違いで発売されたSUPER CD-ROM²を上回る性能を誇っていた。メガCD本体にもCPUとしてMC68000を搭載、メガドライブと合わせるとMC68000×2+Z80Aという(当時としては)かなりのハイスペック仕様となった。
またメインRAMが更に6MBit追加されたり、8chのステレオPCMが追加されるなど、表現の幅も広がった。
スーパーファミコンを上回る回転拡縮表示機能も搭載していたが、ハードに掛かる負担が大きかった為あまり滑らかに動作しなかった。

なお1993年にはメガドライブ2の発売に合わせ、トップオープン方式に改めた「メガCD2」が発売されている他、ビクターからはメガドライブとメガCDの一体型ゲームマシン「ワンダーメガ(北米/カナダではX-EYE)」が発売されている(セガでも発売していた)。他にもワンダーメガの小型版と言える「マルチメガ(GENESIS CDX、Multi Mega CDX)」も発売されていた。日本ではごくわずかだが、リンガフォンの教材「LINGUAPHONE EDUCATION GEAR」としてセガが提供していた。

日本と北米では初代メガCDとメガCD2が発売されているが、ヨーロッパとオーストラリアでは一部地域によってメガCD2のみ発売された地域も存在しており、南米ではメガCD2のみ発売されている(但し、SEGA CDの名称で発売されている)。

なお初代メガCD/メガCD2は初代メガドライブ/メガドライブ2どちらとも接続可能で、
メガドライブ2+初代メガCD、初代メガドライブ+メガCD2といった組み合わせも可能である。

肝心の売上の方は思わしくなく、日本市場では40万台(メガドライブ本体は約300万台)に終わっているが、海外市場ではNECのPCエンジンの海外市場での展開失敗もあって、メガCD(北米、南米ではSEGA CD)はジェネシス(メガドライブ)の成功に合わせてCD-ROM拡張機器としての成功を収めている(ただし、この時の家庭用ゲーム機CD-ROM市場自体は、それほど大きくなかった)。一時期、半数近くのソフトがゲームアーツで開発・他社から販売されていた事もあり、事実上ゲームアーツ専用機の一言に集約される。なお海外市場では日本市場とは違い、同じゲームタイトルをメガドライブ版とメガCD版の両方の媒体で発売したり、日本ではPCエンジン CD-ROM²でしか発売されなかったゲームタイトルが海外ではメガCDに発売されている事もあった(代表的な例としては『スナッチャー』、『ダンジョンエクスプローラー』、『コブラII 伝説の男』等が挙げられる)。総売上台数は600万台。

主な発売ソフト

SEGA製


ゲームアーツ製


ウルフチーム


その他のゲームメーカー


未発売ソフト

  • ヴァイスII(トレコ)
  • ミュータントハンター(トレコ)
  • テラフォーミング(パック・イン・ビデオ)
  • パワードリフト(SEGA/電波新聞社)
  • スーパー大戦略III(SEGA/セガ・ファルコム)
  • イース・マスク オブ サン(SEGA/セガ・ファルコム)
  • スーパーブランディッシュ(SEGA/セガ・ファルコム)
  • ワールドラリー(ビスコ)
  • 新・覇邪の封印(SEGA/工画堂スタジオ)
  • シスターソニック(SEGA/セガ・ファルコム)
  • 電忍アレスタ2(コンパイル)
  • ポリゴナルゴルフ(シムス)
  • 銀河鉄道999(日本テレネット/RIOT)
  • Aランクサンダー逆襲編(日本テレネット/RIOT)
  • 蓬莱学園(SEGA)
  • 夢幻のごとく(SEGA)
  • サンダーフォースV(テクノソフト)


CM









外部リンク

セガハード大百科:メガCD
SEGA RETRO メガCD 紹介
セガ・ハード・ガールズ公式サイト メガCD 紹介

関連タグ

レトロゲーム メガドライブ セガ

pixivに投稿された作品 pixivで「メガCD」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 147627

コメント