ピクシブ百科事典

SuperCD-ROM²

すーぱーしーでぃーろむろむ

PCエンジンの拡張機器の一つであり、CD-ROM²の上位機種。
目次[非表示]

概要

SUPER CD-ROM²」はPCエンジン周辺機器CD-ROM²上位互換機である。略称は「SCD」。
1991年12月13日日本電気ホームエレクトロニクスNEC傘下)より発売された。価格は47800円。
大口を開けたSCDがPCエンジン本体を咥え込むようにして接続する。
SCD用CD-ROMソフトがプレイできるようになる他、SRAMがCD-ROM²の4倍に強化されているため読み込み回数も幾分か軽減されている。

CD-ROM²とは違いPCエンジン本体にシステムカードを挿入する必要は無いが、
アーケードカードDUO」を挿入することで更にメモリが強化され、アーケードカード専用CD-ROMソフトもプレイできるようになる。だが、12800円と高額でタイミングも悪かったせいか普及しなかった。CD-ROM²用の「アーケードカードPRO」でも同等のシステムは使用できるが、メーカーからは推奨されていない。
(そもそもPROよりもDUOの方が安いため、わざわざ高い方のカードを買う利点は無かった)

なお、SCD専用ソフトは旧システムカードをカードスロットに挿入して起動すると大半のタイトルで警告画面が出る。そこにも個性溢れる警告画面を入れるメーカーが多く、それを見る為にわざわざ旧システムカードを使うファンもいた。(例:「カードがちがいまっする」「カードがちがいマッチョ」)

互換性

PCエンジンの兄弟機であるコアグラフィックスは勿論、スーパーグラフィックスとの接続も可能である。
(但し、スーパーグラフィックスはACアダプタを別々で繋げる必要がある)

コミュニティ用に描いた夜叉姫とコアグラ
小道具さん


しかし、同時期に発売されたPCエンジンLTは形状の都合上接続できず、別売りの「Super ROM²アダプタ」(5900円)が必要となる。
無計画で泥縄的な商品展開のためこのような粗が出てしまった。

本機種発売の3ヶ月前にPCエンジンDuoが、2ヶ月前に「スーパーシステムカード」が発売されており、SCD規格に対する需要をこの二つが殆ど賄っていたため、SCD本体はあまり売れなかった。

現在は初代CD-ROM²に比べ構造が複雑、修理方法が確立していないこともあってか
ハードウェアとしてのSuperCD-ROM²はさほど大きな需要はない。
(例)音が出ない原因がアンプではなく電源周辺の回路だった

別名・表記ゆれ

SuperCD-ROM2 スーパーCD-ROM² スーパーCD-ROM2

関連タグ

PCエンジン CD-ROM² PCエンジンDuo
NEC 日本電気ホームエレクトロニクス

外部リンク

SUPER CD-ROM2 - Wikipedia
やっぱり音が出ない!PCエンジン SUPER CD-ROM2 PI-CD1を修理!

関連記事

親記事

CD-ROM² しーでぃーろむろむ

pixivに投稿された作品 pixivで「SuperCD-ROM²」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 476

コメント