ピクシブ百科事典

風の伝説ザナドゥ

かぜのでんせつざなどぅ

1994年、PCエンジン用として日本ファルコムが発表したARPGシリーズ。同社の「ドラゴンスレイヤーシリーズ」の第8作であり、また同社としては初めての家庭用ゲーム機本格参入作品でもある。CD-ROMの大容量を活かしたアニメーション、音声をふんだんに使用したシナリオ演出が光る作品。
目次[非表示]

風の伝説ザナドゥとは、日本ファルコムARPGシリーズ、及びその第一作である。

ゲーム概要

1994年、PCエンジン SUPER CD-ROM²用タイトルとして発表。日本ファルコムが自ら家庭用ゲーム機向けにパブリッシュした最初の作品である。同社のドラゴンスレイヤーシリーズの第8作であり、シリーズ最終作でもある。
ドラゴンスレイヤーシリーズには同じく「ザナドゥ」というタイトルのゲームが存在するが(ドラゴンスレイヤー2に相当)、本作はオマージュしている部分はあるが基本的に独立したタイトルとなっており、直接の関連作という訳ではない。

SUPER CD-ROM²の大容量と高性能を活かし、当時としては珍しかったアニメーションムービーでのイベント描写、随所で展開されるボイス付きイベント、またCD音源を活かした高品質なBGMなど、当時の作品としては飛び抜けて豪華な内容であった。オープニングムービーで流れるテーマソング「風の伝説」は清涼感と疾走感あふれる名曲として人気が高い。また、この当時のファルコムは自社作品のメディアミックス展開を積極的に行っており、当作品もラジオドラマ「ヒロイン達の誕生日」が発表されている。

一方で、過去作品を現代の技術でリメイク移植することを好む日本ファルコムには珍しく、2019年6月時点において直接のリメイク作は存在せず、またキャラクターの他作登場も現時点では存在しない(アリオスに至っては「軌跡シリーズ」に名前を取られる始末である)幻の名作と化しつつある。

ゲームシステム

フィールド探索パートと、ボス戦闘パートに大別される。

フィールド探索パートでは、平面で描写されたフィールドを、主人公アリオスを操作して探索を行う。戦闘シーンへの移行は存在せず、敵への攻撃は直接の体当たりで行う。この時、攻撃相手に対して1/2キャラずらした状態で体当たりすると一方的に攻撃ができる(初期イースシリーズのシステムに類似しているとすれば理解しやすかろう)。

ボス戦闘パートではフィールド描写はサイドビュー形式となり、アリオスを操作してステージを踏破しボスとの戦闘を行う。鈴アイテムを取得することで仲間が駆けつけ、支援攻撃を行ってくれる。

なお、本作においてはレベルシステムは存在せず、アリオスのステータスは装備の交換と、それを使い込むことによる熟練度の上昇によって強化される。

ストーリー

アイネアス叙事詩に語られる英雄王アイネアス。蛇竜ダルダンディスとの壮絶な戦いを制し、クレーネジュエルによって世界に魔法の力の恩恵をもたらした英雄王の子孫、アリオス・アレクトルは、王都の百騎長となる程の戦果を挙げていたが、それ故に部下である無敵将軍ダイモスと共に辺境への左遷を余儀なくされていた。
西の辺境マクリアで、満足な武具さえ持たぬ雑兵達を束ね、魔軍の将軍カコースの本陣へ攻め入ったアリオスとダイモスであったが、敵軍の罠にかかり挟撃を受けて絶体絶命の状況に陥る。
事態を打開するため敵軍に単身斬り込むダイモス。彼を引き留めんと声を上げるアリオスを、何者かは突如連れ去ってしまう…

主な登場キャラクター

アリオス(アリオス・アレクトル)
CV:山口勝平。シリーズ通しての主人公。英雄王アイネアスの子孫に当たる。
ソフィア
CV:佐久間レイ。パルティア神殿で暮らす巫女。その身にはある秘密を抱えている。
ダイモス
CV:江原正士。無敵将軍の二つ名を持つ、アリオスの忠臣。
ヌース
CV:塩沢兼人。ダイモスの旧知である軍師。
ピュラー
CV:山本百合子。大賢者エナスに師事し、クレーネジュエルの力を使わずに魔法を使うことができる魔法使い。
メディア
CV:勝生真沙子。パルティア神殿の守護騎士。
リュコス
CV:矢尾一樹。変装を得意とする自称「全ての女性達の恋人」(2で本物の恋人が出来たためこの名前を名乗らなくなる)。
メルティナ
CV:椎名へきる。「風の伝説ザナドゥ2」に登場。新大陸アシュナールの町娘。リュコスと恋仲になる。

別名・表記ゆれ

風ザナ

関連タグ

falcom ARPG ドラゴンスレイヤーシリーズ イース

関連記事

親記事

falcom ふぁるこむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「風の伝説ザナドゥ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1355

コメント