ピクシブ百科事典

ストリートファイターII

すとりーとふぁいたーつー

1991年にカプコンから発売された格闘ゲーム。 タグとしては略称の『スト2』『ストⅡ』が多い。
目次[非表示]

概要

世界各国の個性的な格闘家たちが1対1で戦いをくりひろげるという内容のアーケードゲーム。現在まで続く対戦格闘ゲームの流れをつくりあげた世界的大ヒット作品で、格闘ゲームの代名詞とも言える作品である。
1992年にはスーパーファミコンに移植作品が登場。日本国内だけで200万本以上を売り上げ、こちらも大ヒットとなった。

なお、IIとあるように前作である初代『ストリートファイター』も存在するが、一部のファンがつき一定の成功をおさめたものの、本作ほど大きなブームとなっていない。(だが、そのヒットを受けて本作が作られたことと、通称『必殺技コマンド』を発明したことを考えると、その歴史的価値は計り知れない)

初代ストリートファイターを含め、対戦格闘ゲームの初の作品は何かと言う場合は諸説あるが(カプコンもかつて他社と裁判沙汰になっている、なお和解済)、RPGの最初がドラクエである(これも誤り)というような認識みたいなものである。それを抜きとしても、多くの亜流ゲームを出したという流れの源になったことには異論はないだろう。

対戦台

本作リリース当時、アーケードゲームで二人プレイをする場合、ひとつの画面の前にとなりあって座ってプレイするスタイルしかほぼなく、シャイな日本人の間では「知らない者同士でゲームをプレイ」するというスタイルは一般的ではなかった。
対照的に欧米では、知らない者同士でもゲームを楽しむのが一般的な文化だったらしく、本作はそれをふまえて作られ、当初カプコン社内では、日本でのヒットはそこまで大きくは見込まれていなかったと言われている。
本作リリース後、日本でも爆発的ヒットをしたのは言うまでもないが、やはり対戦については若干敷居が高く、しばらくの間はゲーマー同士声を掛け合って対戦したり、各店舗『対戦求むの札』を作って工夫したりといった時期がすくなからず続いた。
そして、あるとき画面・筐体を背中合わせに配置した、いわゆる『対戦台』が発明され、それが全国的に普及。対戦ブームの大きな後押しとなった。現在こそ、ゲームセンターにおいて、2台以上つなげて対戦ができるようになっている筐体は一般的だが、それらの原型が作られた(すくなくとも全国的に普及させた)のは、このストリートファイターIIが初である。
対戦台の登場により、内気で照れ屋な日本人も、声を掛け合ったり、顔をつきあわせたりせずに対戦を楽しむことができるようになり、現代につながる対戦ゲームのスタイルの基盤となった。本作がなければ、直後の対戦格闘ゲームの大ブームのみならず、現在のあらゆる(格闘モノ以外も含めた)対戦型ゲームが日本で根付くことはなかったかもしれない。

関連作品

ここでは「ストリートファイターII」の名前のつく作品のみ挙げる。
その他ストリートファイターシリーズ(ZERO等)については各項目およびストリートファイターの項目を参照

ストリートファイターII

スト2の初代作品。それまでのゲームからは考えられないほどになめらかにアニメーションする個性的な格闘家たちに、当時、ゲームファンのみならず、多くの人々が夢中になった。
プレイヤーが操作できるキャラクターは、前作から引き続き参戦のリュウケンの他、エドモンド本田春麗ガイルダルシムブランカザンギエフの8人。
前述のとおり、スーパーファミコン版も発売され大ヒットとなった。
販売元であるカプコンからジョイスティックが発売された他、HORIからも格闘ゲーム向けにLRボタンの配置を変更したコントローラーが発売された。

ストリートファイターII'(ダッシュ)

対戦バランスが大きく調整された他、同キャラでの対戦が可能に。
四天王(ボスキャラ)のM.バイソンバルログサガットベガもプレイヤーが操作できるキャラとして選択可能になった。
家庭用ゲーム機では、PCエンジン版とメガドライブ版が発売(スーパーファミコン版はひとつ飛ばして後述のターボを発売した)。スーパーファミコンと違い、両機ともストIIをプレイするにはコントローラーのボタンが足りず、本作の発売は当初絶望的であったが、両ハードメーカーともにストIIのために急遽6ボタンパッドの開発をやってのけた。
PCエンジン版はNECアベニューから発売され、Hu-CARDでありながらスーファミ版では省略されていた樽のボーナスステージや、国名、カウントダウン、インドステージの象の鳴き声、「YOU WIN/LOSE」、「PERFECT」といった音声も後述の「ターボ」に先駆けて再現された。
メガドライブ版はダッシュプラスという名で発売され、音質や画質はスーファミ版よりも劣るも、オープニングデモのストリートファイトシーンが再現されている。(また、あまり知られていないが、実はダッシュターボの内容も含んでいる)

ストリートファイターII'ターボ

スピードアップ化、新技(春麗に気功拳等)が追加。
こちらもスーパーファミコンに『ストリートファイターIIターボ』の名前(なぜか『'』が付かない)で発売。前作に続くヒットとなった。
ターボは実は海賊版対策として作られたらしく、本来はスーパーストリートファイターIIが先に出る予定だったらしい。

スーパーストリートファイターII

顔アップ・背景などの各部グラフィック、音声の大部分を大幅リニューアル。メモリ容量の関係上、技が簡素だった四天王も、多くのアニメーションパターンが追加された。
新キャラとして、キャミィT・ホークディージェイフェイロンの4人が参戦。
家庭用ゲーム機ではスーパーファミコン版とメガドライブ版が発売された。メガドライブ版は、ハードの性能上、画質と音質は若干スーパーファミコン版に劣るが、スーファミ版では省略されていた一部のグラフィックや音声が再現されている。

スーパーストリートファイターIIX

溜めたパワーゲージを消費してくりだす連続必殺技『スーパーコンボ』(いわゆる超必殺技)が各キャラに追加された。
その他、なげぬけ、空中連続ヒットなど、今まであえて手を入れていなかったシステム根幹部分に、追加変更が加えられている。
隠しキャラとして豪鬼が初登場。
さる理由で茶色のリュウを好んで(?)使用するプレーヤーが多かった。
家庭用では当時3DOのみで発売。
のちにセガサターンプレイステーションを初め、多くの家庭用機に発売される。
2001年にはゲームボーイアドバンス用に「リバイバル」として発売、ボタン数が少ないため簡単コマンドなどのシステムがついている。
繰り返しゲームをプレイする事でポイントが溜まっていき、一定以上溜まると豪鬼、真・豪鬼が使用可能となる(他の家庭用機と違い、正式にプレイヤーセレクト画面に登場する)。

ハイパーストリートファイターII

2004年にリリースされた。
前作をベースに、キャラを選択後にスト2全シリーズの性能を再現したモードを選択するのが最大の特徴。
これにより、同キャラ対戦でもスパ2X時代のキャラ性能とそれ以外のキャラ性能で差別化が図られており、より一層奥深い駆け引きを実現した。

ウルトラストリートファイターII

2017年5月26日発売予定のスト2最新作。
ハイパーストリートファイターIIをベースに「殺意の波動に目覚めたリュウ」・「洗脳されたケン」がスト2シリーズに初めて登場する他にも様々な新要素が盛り込まれ、担当声優は全員ストリートファイター4シリーズに準拠する配役に変更された。
プレイヤーキャラは、IIシリーズだけで19人(真・豪鬼のみプレイヤーセレクトから外された)になった。
ニンテンドーswitchのおすそわけプレイにも対応する他、ジョイコンのセンサー機能を使って次々と迫ってくるシャドルー兵士たちを倒していく新規モードも搭載。規定のモーションを達成するとリュウの必殺技を繰り出すことが出来る。

表記揺れ

スト2 ストⅡ ストリートファイターⅡ
…表記揺れが激しいため、ストⅡ系のタグはあえて付けず、シリーズ原点である『ストリートファイター』タグのみを付ける例も多い。

関連タグ

カプコン格ゲー波動拳昇竜拳ピヨるシュガー・ラッシュ
セイン・カミュ(ダッシュプラスのCMに出演(顔のみ)した。)

スマブラ3DS/WiiU - ストII仕様のリュウ(※)とリュウステージ「朱雀城」が実装された。
※ ただし、「真・昇龍拳」など以降の作品で設定された要素も一部含まれる。

pixivに投稿された作品 pixivで「ストリートファイターII」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 257859

コメント