ピクシブ百科事典

ベガ(ストリートファイター)

べがすとりーとふぁいたー

ストリートファイターシリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「サイコパワーに敗北はない。」

プロフィール

格闘スタイルサイコパワー
出身地不明
生年月日????年4月17日
身長182cm
体重80kg(『ZERO』シリーズでは96kg)
スリーサイズB129 W85 H91(『ZERO』シリーズではB133 W90 H92)
血液型A型
好きなもの世界征服
嫌いなもの弱いもの、無能な部下
特技催眠術


概要

ストリートファイターIIおよび、ストリートファイターZEROシリーズではラスボスを務める。
秘密結社シャドルーの総帥であり、正体は謎。趣味は世界征服。これ程までに悪な設定はないだろう。
春麗ガイルなど、彼との因縁関係を持つ者も少なくない。
クロスオーバーゲームでも、その悪のカリスマっぷりから出番は多い。

肉体は「サイコパワーに適合する器」でしかなく、ZERO3やⅤなど肉体を失う場面も度々ある。また、器自体も必要とあらば調整が不十分でも強引に使用したり、他社の肉体を奪う事も画策する。その候補としてリュウやキャミィが挙げられている。

サイコパワー

端的に言えば超能力。さらに詳しく言うと悪の超能力である。
善の超能力にあたるのがソウルパワーである。

人間関係

  • 師匠

ベガは師の下で学んでいたが、その力を完全に会得した後、師を殺害し姿を消した。
なお、師匠はベガの他に少なくとも2人に伝授していたとされている。

サイコパワーに魅入られたベガを止めるために戦う。

ローズとの因縁

『ZERO』の頃はベガはローズの兄弟子」だったとされる説がよく聞かれるが、
これは『ストリートファイターII』の頃のベガの設定に
「かつて有名な師範に師事しサイコパワーを学んでいたが後に師を殺害」というものがあり、
『ZERO』のエンディングで「ローズが倒された今、サイコパワーの伝承者は、ベガひとりとなってしまった」
というメッセージがあったため、そこから生まれた推察であり、実は公式では明言されていない。

そして『ZERO3』でベガがローズにソウルパワーを伝授したかつての師という新設定が登場。
明らかにこれまでと辻褄が合わないため、様々な推測が存在するものの詳細は不明である。
詳しくはローズ(ストリートファイター)の項目も参照。

豪鬼との因縁

ベガ「命が惜しくないようだな……」 → 豪鬼「笑止!」 → ベガ「ぶるぅわあああ!」

某総帥『 (´;ω;`) 』


スーパーストリートファイターIIXで、スコアが120万点以上でベガまで到達すると対戦前に突然ベガの前方から豪鬼が乱入、一瞬の内にベガをKOするという演出がある。
それ以降の作品でも、条件を満たすと瞬獄殺やらなどで瞬殺されてしまう。
そのせいで、「ベガは豪鬼から金を貰っていて、わざと倒されてるんじゃね?」という疑惑が生まれ、ニコ動ではいつしかベガが豪鬼に瞬殺されるたびに「バイト乙」というコメントが投稿されるようになった。豪鬼が戦ってる傍で無様に倒れている彼には同情すら覚える。

そのせいか、ストリートファイターEXでは人物相関図では豪鬼を嫌っているという記述がされていたり、『ストII爆笑!!4コマギャグ外伝』では、豪鬼にやられたトラウマで「ゴーキ」に似た言葉(ホウキなど)を耳にする度に怯え出したり、中平版で豪鬼が自分の邪魔をしないと分かった途端に東京への侵攻を開始してローズに「あなたも意外と現金なのね」と言われたり、SvCでは豪鬼に復讐心をもっているような発言をしたりしている。

リュウへのターゲット化

初登場作品である2の頃は特にハッキリとした因縁はなかったが、劇場版やアニメ版作品では付け狙われる描写が存在。
ZERO3では、殺意の波動を宿しているリュウの肉体を次のボディの候補としていることが明かされる。
その後、リュウが殺意の波動を克服するに至ったⅤでは既に肉体への興味を失い、あくまでも己の邪魔をする敵として見做すようになった。

演者

軍司眞人 - テレビCM
日下武司 - 1994年のアニメ映画
ラウル・ジュリア - 1994年のアメリカ映画
内海賢二 - ストリートファイターII V(テレビアニメ)
西村知道 - ストリートファイターZEROシリーズ、ナムカプ
若本規夫 - ストリートファイターIVからのシリーズ作品、カプエス

余談

名前の変更

海外版では名称が「M.BISON(M・バイソン/バイソン将軍)」に変わっている。
理由は、欧米文化圏でベガという名前は、女性的なイメージのある琴座の主星ベガ(和名:織姫星)を連想させるため、海外では女性的な顔立ちの日本におけるバルログ(ヒョー)がベガという名前になっている(VEGAは女性名詞)。
さらに元々のバイソン(オァー)は、モデルとなったマイク・タイソンそのまますぎて危ないので、『指輪物語』の魔神を連想させる男性的な名前のバルログを受け継いでいる。米国で起訴でもされたら危険と判断された模様。大人の事情とは複雑である…。
新規に名前をつけなかったのは、ゲーム内の名前用アイコンを新たに用意する時間が無く、入れ替えることしかできなかったためという噂。
ただし、サガットは既に『ストI』でラスボスとして登場済みだったため、この名前変更には巻き込まれなかった。
バルログの項目も参照。
なお、「ベガ」という名の由来は、琴座ではなくアラビア語ハゲワシ。漫画「力王」の登場キャラクター・鷲崎をモデルにしたため、このような名前がつけられた。

特徴日本語版海外版
シャドルーの首領(ムッハァー)ベガM・バイソン
スペイン人の闘士(ヒョー)バルログベガ
黒人のボクサー(オァー)マイク・バイソンバルログ

ちなみにM・バイソンの「M」が何の略なのかはカプコンからは公式に言及はされていないが、作品によってブレが有り、「Street Fighter Alpha3(ストリートファイターZERO3の海外版タイトル)」や北米のアニメ版などでは「Master Bison」、『ストリートファイターIV』では「The Mighty Bison」の呼称が使われている。他にも「Major Bison」の略とされているケースも見られる。
なお、「バイソン将軍」の呼び名は、1994年のハリウッド映画版及びそれをベースにしたゲーム(『ストリートファイター ザ・ムービー』『ストリートファイター リアルバトル オン フィルム』)で使われていた「General M.Bison」が元となっている。

あきまん氏によると、ベガは中山氏が手掛けたらしい。ドットを打ったのがIKUSAN Z氏

空耳ネタ

カプエスシリーズで登場時や、必殺話であるサイコクラッシャーを放つ際に…
「死をくれてやる…」
…と、カッコいい台詞を言うのだが、こいつのせいで(cvまで同じ)
塩くれてやる
という意味不明な空耳になっており、ニコ動でも、ベガがこの台詞をいうとほぼ確実に「塩くれてやる」というコメントが入ってくる。
また彼の組織するシャドル―も、なぜかこの絡みで「表向きでは製塩会社を経営している」という扱いを受けることがある。
どうしてこうなった

関連動画

詳細なベガの設定変遷


Theme of Vega

ストリートファイターVのベガのテーマ

関連イラスト

アルティメット
死ぃをぉくれてやる



関連タグ

ストリートファイター シャドルー 悪のカリスマ サイコクラッシャー
シャドルー四天王
ベガ立ち 腕を組んで直立。特にゲームセンターのギャラリーに対して用いられる。
プロジェクトクロスゾーン2
加藤保憲 モデルになったキャラクター。正確には、加藤をモデルに、『力王』の鷲崎が作られ、さらに彼をモデルにベガが作られた。

外部リンク

ベガ (ストリートファイター) - Wikipedia

関連記事

親記事

シャドルー四天王 しゃどるーしてんのう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ベガ(ストリートファイター)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 151142

コメント