ピクシブ百科事典

ドクターバイル

どくたーばいる

ロックマンゼロシリーズの黒幕
目次[非表示]

ドクターバイル(Dr.バイル)とはロックマンゼロシリーズに登場するキャラクターである。
海外名は「Dr. Weil」。変更理由はおそらくVAVAの海外名と被るためと思われる。

経歴

CV:大塚周夫

ネオ・アルカディアの悪の科学者。妖精戦争を惹起した罪で永遠を生きる事を義務づけられた「不死の刑」を受け、ネオ・アルカディアを追放された過去を持つ。
傷ついた体を自動的に機械が修復してしまうため、どれほど過酷な環境でも死ぬ事も許されず、戦争によって荒廃した宇宙空間を100年間も彷徨った経験から、自身をこうした人間もレプリロイドの全てを憎悪している。ロックマンゼロ1の時点ではコピーエックスを復活させ、ネオ・アルカディアに復帰。
彼を散々に利用した挙句に、最終的に意図的にゼロの手で倒させる事で無理矢理ネオ・アルカディアの政権交代を引き起こし、その支配者へと上り詰め、更なる謀略の限りを尽くす。
性格は極度の人間至上主義者であり、度を越した支配欲の持ち主。他者を意のままに動かす快感は人間にしか味わえんと豪語している。これに対しゼロは人間にも理解できるとは思えんがなと返している。

最終作においては、地球の衛星軌道上に浮かぶ巨大人工衛星攻撃砲台「ラグナロク」を使い、外界の自然を全て破壊して地球上からネオ・アルカディア以外の「生存可能領域」を一切無くす事で、そこに閉じ込めた人間やレプリロイド達に自分と同じ永遠の苦しみを与えようと企んだ。
その後バイルの凶行を止めるべく立ちはだかったゼロとの死闘の末に一度は敗れるものの、前述した自身の不死性により再起動。自らがラグナロクそのものと融合するという狂気の行動を取り、もはやその姿は人間から逸脱した「怪物」そのものであった。
怪物に成り果てても人類とレプリロイドの殲滅に固執するその姿はまさに彼自身の「狂気」が結実した姿と言えよう。
しかしそのバイルの蛮行はゼロの活躍により食い止められ、バイル自身もラグナロクと共に灼熱の大気圏で焼き尽くされていった・・・。

これで漸くバイルの呪いは終わったと思われたが、彼の狂気が数百年後、更なる亡霊を生み出す事になる…。

ある意味では作中最大の被害者とも受け取れるが、妖精戦争が巻き起こる切っ掛け自体、バイルが元から人間とレプリロイド双方に対して敵対的な感情を抱いていたからであり、上記の冷酷な処罰自体も妖精戦争で人間とレプリロイド双方が甚大な被害を受けたのもお構いなしに無謀な力押しを重ね続けた故の仕打ちである。

しかしそれでも彼は本来レプリロイドが守るべき『人間』であり、レプリロイド(ロボット)の手で傷つけることが決して許されない存在である。
ゼロはレプリロイドでありながら、悩まずに『敵』を叩き斬る刃に徹してバイルを断罪した。
彼の行為が『イレギュラー』に該当するかどうかは個人の解釈に委ねられている。
(この時の「悩まない」という台詞はエックスとの対比であるようにも見える。)

…しかし、人間であるが故に、あらゆるレプリロイドを服従させることができたはずの彼にも失態があった。それは、最後の最後で大勢の人間と自分一人の命を秤にかけるという愚行を犯したこと。
というのも、彼の言い分がロボット三原則に基づくものだとすれば、ロボットは人間を傷つけてはいけないと同時に、人間に危害が加えられる状況が起これば、それを黙って見過ごしてはならないとも定められているため。

つまり、バイルを斬ることと、ラグナロク墜落を許す(=地上のシエル達を見捨てる)行為はどちらにせよイレギュラーということになってしまうのである。…となれば、ラグナロクコアと同化してしまった文字通り救いようのないじいさん一人と、地球上で脅威に震える大勢の人間たちの二者択一を迫られた場合、たとえゼロでない普通のレプリロイドでも、どちらを選ぶかは火を見るより明らか。
人間を直接傷つけられないとしても、「地上の人間のためにコアの破壊を優先。自らコアと同化したバイルは救出困難と判断してやむなく諦めた」としてしまえば、それに異を唱える人間もレプリロイドも皆無であろう。

そもそもゼロがそんな理屈など初めから気にもかけない、「敵なら人間だろうと斬り捨てる」を実践する存在であったため、こんなことを推察する自体野暮なのかもしれないが…

…………この「人間だろうが敵なら一切容赦しない」という迷いの無さの根底にあったのが、「ゼロ自体がそもそも悪の科学者世界征服のための最終兵器とするべくして開発した(と思われる)のロボットだったから」かもしれないと考えると、何とも皮肉な話である。(しかもその「悪の力」のおかげで別の悪が討ち取られ、世界征服は阻止され、地球の平和が守られたというのだから…………。)
……尚、あっちの悪の科学者も実はある時危うくロボットの手で殺されそうになるという事態に陥っており、奇しくも「ロボットが人間を殺すつもりなのか!?」とバイルと同様の発言までしているのだが、かろうじてあっちは未遂に終わっている。

悪の科学者



これに限らず、ゼロシリーズ自体がそもそも一作目からしてラスボス前シリーズ主人公たるエックスの複製品、二作目には大暴走した元一般人の手で本物のエックスの肉体が殺される、三作目では実は現主人公のゼロすら訳あって魂を移し替えられた複製品に過ぎなかった事実が判明した挙句、ラスボスとして現れたのは本物のゼロ、何とか勝ったら今度は本物のエックスの魂まで力を使い果たして完全に成仏、かくして名実ともに前主人公は完全死亡」……と、とにかく全面に渡って皮肉づくめのシナリオ構成である。
最終作の最終決戦が「過去では未遂に終わったロボット最大の禁忌破りを、今度はしっかりと達成することによって決着をつける」という結末を迎えたのは、ある意味では過去の栄光を片っ端からガンガン切り捨てていったゼロシリーズに相応しい幕引きだったのではないだろうか…………。

戦闘時

第一形態

ラグナロクコアと合体し、巨大なアーマーを纏う。
物量に物を言わせた包囲攻撃や「ロックマンゼロ3」のボス達である「バイル八神官」を召喚し波状攻撃を仕掛けるなどラスボスの名に恥じぬ多彩な技を繰り出し、更に本作では数少ない回復技も使う。


第二形態(最終形態)

一度は撃破されたがバイルはそれでも死ねなかった。
ラグナロクの動力ケーブルなどが次々と突き刺さり、最終的にはラグナロクそのものと融合、巨大な異形の怪物と化した。
この時に巨大な角が現れるが、この角には赤い光点がいくつもある。
この光点はおそらくモデルVのコア部分に変化したと推測できる。
なおこの最終決戦は時間制限がある。

セリフ

理想だと?戯言だ!
バイル第一形態の戦闘直前のセリフ。ゲーム中には「理想」という言葉は無いが、これはドラマCD版を意識したセリフである。
(ゼロが「それが貴様の理想か」とのセリフに対する返事がこのセリフ)

流石だなぁ!英雄!
バイル第一形態撃破時のバイルのセリフ
撃破されたのにも関わらず余裕を伺わせるものである。同時にゼロを「英雄」と皮肉っているようにも感じられる。

死ねん、この程度では死ねんのだ!
バイル第一形態時のラグナロクコアの残骸を纏い、撃破されてもなおも生きているバイルの呪詛。むしろ「殺してくれ」と言っているようにも感じられる
これは自分に永遠に生きる苦しみを与えた人類とレプリロイドへの憎悪の現れなのだろうか・・・

終わらぬ悪夢だ!
ラグナロクそのものと融合し、再びゼロに戦いを挑んだバイルのセリフ
地球環境を破壊し、自分に生き地獄を味わわせた地上の者達への憎悪、憤怒、狂気をはらんだセリフである。

この・・・ワシが・・・人形如きに・・・!滅べ!滅んでしまえぇぇ・・・
ゼロに倒され、爆散していくバイルの最期の言葉。ゼロ、もしくは全人類、レプリロイドへ向けた呪詛を吐きながら光に消えていった。
最期まで憎悪をまき散らすことに終始していたバイルの怨念は、ラグナロクの破片と共に地球へ降り注ぎ後の世へ災いを齎すことになる・・・

関連タグ

ロックマン ロックマンゼロ
ロックマンゼロ3 ロックマンゼロ4 ロックマンゼクス
オメガ 吐き気を催す邪悪(ゲーム系)

pixivに投稿された作品 pixivで「ドクターバイル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19242

コメント