ピクシブ百科事典

アインヘルヤル八闘士

あいんへるやるはちとうし

アインヘルヤル八闘士とは、ロックマンゼロ4に登場する架空の団体名。
目次[非表示]

概要

ロックマンゼロ4にて登場した、エリア・ゼロ殲滅計画である「ラグナロク作戦」の完遂を目的とする部隊。
ドクターバイルによって招集された戦闘用レプリロイドの集団。クラフトの指揮によって動いている。
ネオ・アルカディアの外に存在する、生命体が活動可能な自然環境を破壊する「ラグナロク作戦」を実行する為の集団で、各地を占拠する。
メンバー全員がバイル製という訳ではない為、彼に対して純粋な忠誠心を持たない上に各々が個人的な野望や思惑を持っているが、利害の一致やそれぞれの事情によりバイルに手を貸している状態にある。

ペガソルタ・エクレール、フェンリー・ルナエッジ、ノービル・マンドラゴ、ソル・ティターニャンの四名は、ロックマンゼクスとカセットを連動させると追加ボスとして登場する。

メンバー

クラフト(指揮官)

ヒート・ゲンブレム
ペガソルタ・エクレール
フェンリー・ルナエッジ
ノービル・マンドラゴ
ソル・ティターニャン
ミノ・マグナクス
テック・クラーケン
プープラ・コカペトリ

備考

アインヘルヤルとは、北欧神話で「戦死した勇者の魂」という意味である。
北欧神話では、ワルキューレにより戦死した勇者の魂はまた蘇るのだという。
いわば神に仕える軍勢という意味だろうか。

つまり、神=「バイル」勇者=「アインヘルヤル八闘士」という構図になる
バイル自身が神であるという意味でもあり、最終ステージである人工衛星ラグナロク中枢で彼らが蘇りゼロと再び戦う、という意味でも通じる。
ゼロ4自体、シリーズ完結作らしく地球の命運そのものを賭けた最大規模の戦いとなるため、まさに「ラグナロク」(世界の終わりに向けた最終戦争)である。

このゲームの経験者には「エインフェリア」の別発音、と言えばわかりやすいと思われる。

関連タグ

ロックマン
ロックマンゼロ ロックマンゼロ4

pixivに投稿された作品 pixivで「アインヘルヤル八闘士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29260

コメント