ピクシブ百科事典

無属性

むぞくせい

無にまつわる属性、または属性が無い事。
目次[非表示]

概要

ゲームなどでよくある属性のひとつ。大別は以下の通り。

  • を生じる、無に帰すなど「無にちなんだ属性」。
  • 他の属性に当てはまらないものを分類するための「その他の属性」。未知の性質が発現・判明することで無属性から別の属性へと分類された「未分化・未分類」というパターンも含まれる。

一般的には大半のキャラクターは無属性であるが、世界観によっては属性を持つ事が普通となっている事もあり、その場合は当然、無属性のキャラクターの方が珍しいものとなり、無属性であるという事に特別な意味が存在してたりもする。
真の意味での要素がない「無」の力を持つ者は少なく、その多くが一種のまたはその領域に繋がりうる側面を持つ者となっており、ラスボスを務める事になるケースも少なくない。
「無属性の能力が得意」というパターンもあるが、「あらゆる属性の能力が平均的に得意」というパターンもあり、後者は「全属性」と表現される場合もある。
他の属性との相関関係を持たなかったり、あっても軽微であることがほとんどである。

ゲームにおいては物理攻撃が特にこの扱いをされる事が多く、爆発細菌隕石などもまとめて無属性とされたりもする。
物理攻撃は「物理属性」という扱いをされる事も多いが、そういった分類がなされた上でなお無属性が存在している事も有り、そういう場合の無属性は全く得体の知れないものとなってくる。
ゲーム作成ツールにおいては「属性を指定しない事」によって実現できる場合もあるが、これでは耐性などが一切指定できない場合もあるため、内部的にはあえて「無属性」という名の属性が設けられている事もある。

属性を無効化したりする敵が多いタイトルにおいては、この属性の攻撃さえ撃ってればおkという状態になり易く、逆に敵が使う場合は、耐性によるダメージ軽減ができない上に元々の威力最強だったりするため、理不尽な程の猛威を振るう事もある。
一方で、ゲームの性質や威力によっては影が薄くなる事もあり、オールマイティ器用貧乏かは紙一重であるとも言える。
最弱と最強が共に無属性な事も多めであり、ある意味基本であり究極でもある属性である。

イメージカラーは主に透明灰色であるとされる。
全属性的な意味合いの場合は主に虹色カラフルとなる。

伝承上のそれっぽい要素・人物


主な無属性のキャラクター等

※作品名50音順

無にちなんだ属性

無をモチーフとしているもの


消滅能力が特徴であるもの

※「消滅」も参照。


無効化能力が特徴であるもの


その他の属性

属性を持たない事が特徴であるもの

※膨大となってしまう為、属性が無い事が珍しいような場合に限る。


未分化・未分類の事例

※「コピー」も参照。


関連タグ

属性  虚無 空白 無性 無色 透明 原点 根源 基本 究極 混沌
中性 中立 ニュートラル 普通 ノーマル 純粋 プレーン 素体
その他 未分類 一般 雑多
消滅 物理 物理攻撃 爆発 エネルギー 衝撃波 細菌 隕石 無効化 コピー
/ゼロ/ 個性的な無個性

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「無属性」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7082

コメント