ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ご都合主義は『主人公をはじめとする登場人物にとって都合のいい設定や物語の展開』を指す言葉だが、負のご都合主義はと付いている通りその逆である。「逆ご都合主義」とも。


元来は

  • 主人公にとって不運な展開/敵にとっての幸運な展開が理不尽に起こってしまうこと

についてそう言われる事が多かった。

主に「話を引き伸ばすために敵を延命させたい」「とにかく主人公を理不尽な目に合わせ、そこからシナリオを展開したい」等と言った理由から生じる事が多く、また、いわゆるバッドエンド症候群の作品に対して言われる事もあった。

不幸体質の記事も参照。


だが近年ではこれに加えて新たに、主に小説家になろうカクヨム等のWeb小説サイトで読めるWeb小説(及びそれを原作としたコミカライズ版作品)において

  • ざまぁされるべき、ヘイトを買うようなタイプのキャラが、然るべき罰を受けない
  • 主人公に倒される等で物語から早々と退場するであろう悪役が(作者による)あの手この手で物語から中々フェードアウトしない

場合にも言われるようになった。


元々の負のご都合主義と異なる点として、

  • 話としては筋が通っている場合
  • 不運以外の理由(例えば作中キャラの倫理観の欠如、主人公サイドの登場人物のお人好しの域を大きく出た恩情や優しさ)による場合

でも、とにかくヘイト役が制裁を受けない時点で、負のご都合主義と非難されやすい。


後者の例

  • ダンジョン攻略やクエスト等で危険なモンスターを目前にした際に、仲間を蜥蜴の尻尾切りにしたということが捨て石にした本人(主人公の場合もある)によって告発される形で大勢に知られても、冒険者ギルドで受ける処罰が口頭注意冒険者ランクの降格程度で済む。
  • 主人公への逆恨みや差別意識等から、主人公どころかその他の大勢の無関係の人達を巻き添えにする程の事件(騒動)を起こすも、それが解決した後に自分達がその事件(騒動)の原因たる張本人だと被害者達にバレても、資格剥奪や終身刑のような『冒険者として二度と活動できなくなるような処罰』にはならない。
  • 主人公をはじめとする罪もない人達に身勝手な理由で危害を加える改心や更生の余地がない小物な悪役を『殺害する』『捕縛して警察や衛兵の類に突き出す』等と言った形で引導を渡すことは十分可能なのに、主人公が平和主義(不殺主義)という名目でのエゴ等でそれらを一切行わず見逃した結果、後に罪もない人たちが被害を被ったり主人公の目的を達成する上での障害となってしまった。

ただし、

  • 世界の平和を脅かす魔王討伐できる唯一の存在たる勇者パーティーである。
  • 件の悪役の親族・味方となる者が上級貴族や国の経済に影響を与える程の大商人等で悪役の不祥事を揉み消しできるだけの権力や地位を持っている。

等の一応の説明がつく描写がされているならこの限りではない。


余談

悪役が主人公ヒロイン等に悪質な迷惑行為や危害を加えるも、その悪行に見合った報いや処罰を受けなかったり、反感を買うようなことをやらかしたキャラクターがそれに見合った報いや扱いを受けない時に、それらに対する文句として読者や視聴者・プレイヤーが用いる場合もある。


一例

学園ものの場合

  • 主人公を刃物で刺そうとしたり、刺して病院送りにしたのに逮捕されず、退学にもならない。
  • 主人公やヒロインを強姦しようとするも失敗に終わり、これまた逮捕や退学等の処罰にならない。
  • 自分の方から告白してきた主人公をフッたにも拘らず、主人公が自分以外のヒロインと親しくすると腹を立てたり過干渉するにも拘らず、主人公に拒絶されない幼馴染女キャラ
  • 友人キャラを気取っており、作中でもその通りに扱われているが、実際は『主人公への嫉妬(妬み・逆恨み)をはじめとする私怨から主人公とヒロインを引き離そうとする』『ことある毎に主人公を貶す・見下す』など読者の反感を買う要素が目立つ男のサブキャラ

※以上の事柄は、具体例を挙げると特定作品への誹謗中傷に使われる可能性があるため記述しない方針とする。

また、具体例として実在のクリエイターを列挙することは「コイツの作品は負のご都合主義だからゴミ」と勘違いされかねないため論外である。


関連タグ

ご都合主義


理不尽暴力ヒロイン悪役(ヴィラン)、クズモブ:負のご都合主義で得をする(恩恵を受ける)キャラクターの立ち位置や特徴など。


お人好し:負のご都合主義と悪い意味で相性の良い特徴。これを主人公やヒロインが備える事で、『普通に考えれば重罰を受けるであろう、悪行・犯罪を行った悪役を無条件で、無罪やお咎めなしという形で許してしまう』というケースもある。


哀しき悪役:読者のヘイトを買うような許しがたい所業(悪行・蛮行・犯罪)を作中で行っても『お涙頂戴な哀しい過去があれば許される』という(件の悪役を憎む読者にとって)理不尽な展開となるパターンもある。

関連記事

親記事

ご都合主義 ごつごうしゅぎ

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました