ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ご都合主義という言葉には2つの意味がある。
1.言動や主張に一貫性がなく、その時々の当人の置かれた場の状況や雰囲気、所謂ご都合に流されて行動する様。似たような言葉に日和見主義主人公補正、(一部の)フラグなどがある。
2.1番から転じて物語の進行に都合のよいように作られた強引もしくは安直な設定・展開のこと。作中でツッコミが入ったり、わざとらしさが強調されることがある。
ここでは2番について記述する。

ご都合主義の一例

  • 怪我をしてもすぐに治るor軽くなる(所謂ギャグ補正)
  • 戦いで致命的な傷を負い、かつ回復していないはずなのに、次の戦いで普通に動ける
  • 宇宙戦艦ヤマト沖田十三 - 第1作のラストで死亡したはずが後の完結編で…
  • 宇宙戦艦ヤマト第三艦橋- 破壊されても1週間で元通り
  • 銀河鉄道999の999号の客車 - こちらも破壊されても1週間で元通り
  • 刑事ドラマなどでよくある「偶然重要な会話を立ち聞き」
  • 名探偵の行く先々で事件が起こる。名医は旅先で怪我人や病人に遭遇する。悪の組織が何時もと違う場所で作戦を始めたら、偶々ヒーローもそこを訪れていた
  • 何かが欲しいと思うとそれが道に落ちていたりして簡単に手に入る
  • 1つしかないはずの物が説明なしに複数個登場
  • 同様にワンオフの試作機がいつの間にか「予備パーツ」とやらで複数作られ再登場
  • 日本を訪れて間もないのに日本語がペラペラな外国人。地球を訪れて間もないのに地球語ペラペラな宇宙人(ただし、宇宙人の方は高性能翻訳機という言い訳もある)
  • そもそも世界のどこに行っても主人公の言語で通じる
  • こんなこともあろうかと
  • パッと出の、絶対日常生活において役に立たないであろう知識を即座に解説する物知りキャラ、通称知っているのか雷電
  • 武器等を初めて手に(目に)した時点で完璧に使いこなせるキャラ
  • 決定的な効果のある道具や能力を持っているのに、危機に陥った時に限ってそれを使わない(修理中、使用制限などの説明はなされない)
  • いつまでたっても次の駅に到着しない痴漢系エロマンガ・エロアニメのバスや電車
  • 悪役やメインキャラのバレバレな変装に全く気が付かない他のキャラ
  • 悪役を倒すとその悪役がかけた魔法や呪いが瞬時に解ける(一応、作品によっては説明がつく場合もある)
  • 「殺すには惜しい」などと言い、ヒーローを始末できる状況でもしない悪役
  • 怪人は必殺技を避けようとしない
  • ヒーローが登場すると怪人はなぜか危害を加える等の動作を止める
  • 主人公が何か失敗すると、何の説明もなく時間がその前に戻る
  • プリキュアシリーズにおけるそなたでござったか、通称妖精無罪
  • ケータイ小説などでよくある主人公が難病や事故に遭う現象
  • 舞台作りに困ると、戦争物だろうとファンタジーであろうと、とりあえず学園作っとけ
  • ファンタジーでも出てくる水着と温泉
  • デウス・エクス・マキナ
  • 異世界転生物の狙い澄まして吶喊してくるトラック。主人公は(一度)死ぬ
  • 主人公補正他、なぜか危険な目に遭っても主要人物はなかなか死なない
  • 死人を生き返らせることができる条件がある
  • イヤボーン


なおこれを逆手に取り、強運の持ち主という設定のキャラを登場させ、上記のような現象が発生するのはその強運故のことと説明できる作品もある。例:「宇宙戦隊キュウレンジャー」のラッキー、「とっても!ラッキーマン」のラッキーマン
装甲騎兵ボトムズ」のキリコ・キュービィーはその究極系とも言える「異能生存体」である(自分の意思で死ぬことすらできない)。

ご都合主義に対する批判

勿論、常識的に起こりにくい・起こり得ないことが起こるからこそ創作物はエンタメ足りうるものであり、作品によってはそうでなければ成り立たないもの、それを売りにしているものも少なくないため、ある程度のことであればお約束として許容されるし、むしろどんな形であれこれがないとされる作品を探す方が難しいと思われる。

しかし、何事にも限度というものがある。必然性も無しにあまりに多用し過ぎれば物語の緊張感を落としてしまうし、極端過ぎれば読者を置いてけぼりにしてしまうこともあるため、作劇において使い所には注意すべき所でもある。

関連タグ

奇跡 その時不思議な事が起こった
異能生存体

関連記事

親記事

ストーリー すとーりー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ご都合主義」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 273441

コメント