ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

それも私だ

それもわたしだ

戦乱の大半を裏から手を引いていたのは実は私、ユーゼスだったんだよ。
目次 [非表示]

概要を説明するのも私だ

『それも私だ』とは、これだけであらゆる事態の元凶になれ、どんな大風呂敷も畳むことができる魔法の言葉である。


初出はゲーム『スーパーロボット大戦α』の最終話にて、ラスボスであるユーゼス・ゴッツォが、劇中の戦乱の要因となった様々な事象の根幹に自らが深く関与していたことを認めた際に放ったセリフ(なお、本編中ではこの一回しか言っていない)。


詳細の説明をするのも私だ

「物語中の主だった事件の全てが、たった一人の黒幕の仕業だったことが終盤で明かされる」という展開自体は、スパロボシリーズにおいては別に珍しくもないパターンである。

しかしながら『スパロボα』の場合、ユーゼスが具体的に何をどう仕組んでいたのかを語らずにこの一言だけで劇中の謎を片付けてしまうという、作劇的にあまり褒められない内容であったため、当初はその強引なご都合主義的展開に対する批判的・揶揄的な意味で取り上げられた台詞であった。

推理モノで喩えるならば、「犯人が犯行トリックや手段を一切明かさずに、勝手に自白して動機だけをまくし立てている」ような状況と言えば、そのおかしさが伝わるだろうか。


その後、批判の声が落ち着くと、いつしかこの台詞は「どんなにストーリーラインが複雑に絡み合ったシナリオでも、どんなに回収が難しい伏線でも、この一言で全て黒幕一人に原因をおっ被せて辻褄合わせをすることができる」という、スパロボを代表するネタセリフの一つと化し、ミストさん登場までその地位を堅守していくことになった。

2ちゃんねるのロボゲー板の名無しネームの由来もこのセリフから取った「それも名無しだ」である。


どうやら製作者側もそれを理解していたらしく、第2次OGでは彼の断末魔の台詞として「それも私だぁぁぁぁぁ…………!!」がある。他にも同じ流れで使われた「それも我だ」と言った台詞も。

また、第3次αではクォヴレー・ゴードンシヴァー・ゴッツォがこのセリフに近いセリフを言っているため、バルマーに代々伝わる決め文句なのかもしれない。


関連イラストも私だ

ユーゼス・ゴッツォねないこだれだ


私以外の関連イラストも私だ

ピクシブだから出来た事2私だよ☆


関連タグも私だ

スーパーロボット大戦α 第3次スーパーロボット大戦α 第2次スーパーロボット大戦OG

ユーゼス・ゴッツォ


これは関係ないタグだぁぁぁぁぁ…………!!

ゴルゴムの仕業 乾巧って奴の仕業なんだ おのれディケイド

ゴルゴムの乾巧ってやつが変身するディケイドの仕業

全部紘汰さんのせいだ 全部私のせいだ 全知全能の書


ユ「仮面ライダーばっかじゃないか、ウルトラマンを出せウルトラマンを」


孔明の罠 天狗の仕業 妖怪の仕業

オマエノシワザダタノカ

紅蓮の悪魔の仕業でございます

全てはアリスがやった

魔女ですから

俺が悪いんだよ


ホッタ・マサミチ


他の記事言語

That Was Also Me








真相


第2次OGから年月は流れて、2022年3月25日。

スーパーロボット大戦プロデューサーの寺田貴信氏のツイッターアカウントにて、この迷台詞が生まれるに至った経緯が語られるという、まさかの事態が起きた。

寺田P曰く、「実はスパロボαのラスボスは元々ユーゼスではなかった。ユーゼスが自身の暗躍を語ったところで真のラスボスが現れ、ユーゼスもまた黒幕に利用されていただけだったと発覚する」という衝撃の展開が考えられていたのだ。

その為のマップデータや原画も出来ていたのだが、後に諸事情でそのラスボスを登場させることが不可能になり……その結果、ラスボスが担う筈だった役割の全てがユーゼスに振られたのである


そうして生まれたのが、この「それも私だ」発言だったのだ。

上述してあるご都合主義的な展開についても、本来の想定とは違う形になってしまったが為に、やむを得ずそうなってしまった部分もあったのである。

もしも本来の構成通りになっていたならば、ユーゼスの在り方も今とは大きく変わっていただろう……


尚、ドリームキャスト版αにおける最終決戦は後から考えられたものである為、このラスボスとはまた別物であるらしい。

関連記事

親記事

ユーゼス・ゴッツォ ゆーぜすごっつぉ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 904556

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました