ピクシブ百科事典

全部私のせいだ

ぜんぶわたしのせいだ

要するに全て戦極凌馬のせいである。
目次[非表示]

概要

仮面ライダー鎧武』第39話「決死のタワー突入作戦!」にて、葛葉紘汰は仲間達とユグドラシル・コーポレーションへと繋がる隠し通路へ向かう途中、本来封鎖されているはずの沢芽市の入り口に誰もいないことに疑問を抱く。そしてその際、戦極凌馬の口から世界中にクラックが開き、今やインベスは物語の舞台である沢芽市だけでなく世界中に出現していることが明かされた。



紘汰「おかしいな、この辺りで沢芽市は封鎖されているはずじゃ…?なんで誰もいないんだ?」

戦極「自衛隊なら撤退したよ。『危険地帯の封鎖』ではなく『安全地帯の防衛』のためにね」

戒斗「それはつまり、インベスの領土が沢芽市だけではなくなってるということか?」

戦極「当然だろう?今や全世界にクラックが開きまくってるからね

紘汰「誰のせいだと思ってるんだ…ッ!!」

戦極「全世界のクラックが開いたのは、オーバーロードが原因で…それは人類からミサイル攻撃を受けたせいだから…つまり、ユグドラシルタワーが陥落したせい…はっ!全部私のせいだ!ハハハハハッ!湊くん、全部私のせいだ!フフッ」



つまり、本人も認めている通り全部彼のせいである乾巧って奴の仕業なんだとは違い、濡れ衣でもなんでもなく、全て事実。しかも自分のせいで全世界が危ないというのに全く反省している様子を見せない。それどころか開き直って爆笑する始末である。まあもしも彼がこの場で素直に謝罪していたらこれ以上のカオスが生まれることになるのは間違いないが。ちなみに最後の「全部私のせいだ!」は思いっきりスルーされている。
これを語っている最中彼はわざわざ同行していたアーマードライダーの変身者達の目の前に順番に立って行くという馬鹿にしたような態度を見せ、当然紘汰達から不快な目で見られていた。彼はその後も空気の読めない言動を続け、ついに駆紋戒斗から顔面パンチを貰うこととなった

39話


大体こんな感じである。


因みに殴られた事で機嫌を損ねたらしく、秘密の出入り口に防犯システムがあることを教えなかった。

戦極「あ〜、侵入者対策で無人の迎撃システムがあってね〜」

紘汰「なんで先に言わないんだよ!?」

湊「プロフェッサー!システムの解除は!?」

戦極「あー、内側からなら簡単なんだけど外側からは無理だね」

これも全部彼のせいだ。

つまり…


  • 草加雅人「これも全て戦極凌馬って奴の仕業なんだ」→事実
 ┗木場勇治なんだって!それは本当かい!?」→本当です

  • 鳴滝「おのれデューク!」→全くその通り

  • ガメル「デュークのせいだー!」→事実

  • 直美「凌馬のせいよ!」→事実

  • 葛葉紘汰「戦極凌馬絶対に許さねぇ!」→全くその通り


  • 御成「これもデュークの仕業ですぞ!」→事実

  • 檀正宗「レモンエナジーさえ…いなければー!」→全くその通り

というわけである。

用法

だが私は謝らない」と同じように自分の非を認めた上で使用される言葉だが、はっきり言わせてもらう。絶対に日常で使わないほうがいい
それでももし使うというならば、戦極凌馬のように殴られるだけでなく、他人との関係が壊れることも覚悟しておく必要がある

関連タグ

戦極凌馬
乾巧って奴の仕業なんだ ゴルゴムの仕業 おのれディケイド ユグドラシル絶対に許さねぇ! 全部紘汰さんのせいだ だが私は謝らない 私の趣味だ
それも私だ だいたいこいつのせい

pixivに投稿された作品 pixivで「全部私のせいだ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 134656

コメント