ピクシブ百科事典

湊耀子

みなとようこ

湊耀子とは、仮面ライダー鎧武のキャラクターである。
目次[非表示]

演:佃井皆美

概要

仮面ライダーマリカの変身者。ユグドラシル側のヒロイン・ストーリー後半に置けるサブヒロインの立ち位置。
戦極凌馬の秘書を務める女性。生身でも葛葉紘汰駆紋戒斗の2人を圧倒するほどの強力な戦闘力を持ち、凌馬をガードする。また、洞察力も非常に高く、闇討ちを行なおうとした紘汰や戒斗、ザックの行動を見抜き、迅速に対処出来るスキルも持ち合わせている。
変装を得意とし、その変装のスキルは葛葉晶に化けた際は弟の紘汰でさえ見抜けないほど。

シド同様、知恵の実に興味を示しているようだが、自分自身がそれを手に入れるのではなく、それを手に入れる「強い男」の生き様を見届けることを楽しみとしている。
その真意は自らが知恵の実=黄金の果実を手に入れ世界のに相応しい人物を見出し、その人物に仕え共にその世界の行く末を見守って行くことである。
元々は主任である呉島貴虎の下についていたのだが、27話で描写された回想シーン以来、凌馬の右腕となり従うようになった。
そのため彼に心酔しているような発言も多いが、その裏で彼を値踏みしているのか、当初はゲネシスドライバーの性能を十分に解放せずに戦っていた(ちなみに凌馬は「ここには腹に一物を抱えているメンバーが多い」という理由で半ば黙認している)。

TV本編では15話で初登場。それにさきがけ劇場版「天下分け目の戦国MOVIE大合戦」のエンディングに、凌馬と並んで一瞬だけ出演している。

22話では紘汰に追撃を防ぐ目的で、ピーチエナジーロックシードを奪われる。

28話ではシド、凌馬とともに貴虎を倒すも、直後に自身らもシドに裏切られることになった。

また20話で対面して以来、戒斗に興味を抱いており、接する機会が多くなった。

26話では独断でゲネシスドライバーおよびレモンエナジーロックシードを用意し、彼に提供している。

そして32話において、凌馬が自分達ユグドラシルを捨て脱出した際には、遂にユグドラシルを見限り方針を転換。
その場に駆けつけ場をまとめた戒斗を見て、「誰の未来を見届けるべきかようやく分かった」と認め、本格的に共闘することになった。

一方、漠然とした理想を語る紘汰に対しては、33話において「みんなのためということは誰でも言える」「知恵の実を奪い合った時には戒斗に勝てない」と、厳しい言葉をぶつけている。
また水面下で各方面を裏切っておきながら自身に「知恵の実」を餌に協力を持ちかける光実に対しては「キミには何の魅力も感じない」「王の器ではない、腰巾着が関の山」ときつい言葉で拒絶し、「キミの居場所なんてとっくになくなってる、人を騙し続けてきた君が今更誰かと寄り添えるはずが無い」と駄目押しとも言える言葉をぶつけている。

39話では、大量の上級インベスを食い止める為に城乃内と共に戦地に残った凰蓮に代わり、大型車の運転を担っていた事から、大型免許を所持しているものと思われる。もっともこの時の沢芽市は、人っ子一人いないのでもし無免許運転だったとしても捕まる心配はないのだが。

43話では戒斗と共に戦極凌馬の潜伏する病院に乗り込むがキルプロセスにより変身が不可能となる。
その後、戒斗がロード・バロンへと変貌する模様を目撃し、彼と戦い、破れた戦極凌馬の最期を見届けた。
その際に凌馬が使用していたゲネシスドライバーとレモンエナジーロックシードを入手した。
その後は世界の王になる決意を固めた戒斗に付き従う事を改めて決意し、凌馬の遺したゲネシスドライバーでマリカとして戦う。
45話ではザックが仕掛けた爆弾に気付き、マリカに変身し間一髪で爆発から戒斗をかばう事に成功する。しかし彼女自身はビルの屋上から転落し致命傷を負ってしまう。

「ねえ、もし私が知恵の実を掴んでいたら、あなたは私を求めてくれた…?」
「燿子は燿子、知恵の実は知恵の実だ…!!」

戒斗に初めて名前で呼んでもらえたことに喜び、彼の腕の中で安らかな表情で眠るように息を引き取った。
戒斗に対しては、「王となった彼の行く末を見届ける」という目的以上に、彼への愛と、への嫉妬心が芽生えていた事が上記の台詞から伺える。
そしてまた、戒斗は戒斗で、不器用ながらも彼なりに湊を愛していたと思われる。

仮面ライダーシリーズでは女性の仮面ライダーの変身者は命を落としてしまうという例が多いが、彼女も例外ではなく命を落としてしまった。

当初は腹に一物持ったミステリアスな女性であったが、自らの野望を捨てて戒斗への愛に殉じたその姿は、あまりにも儚く、切ないものであった。
だが、(恐らくは初めて)本気で愛した男の腕の中で死ねたのは、ある意味本望であり、幸せな結末を迎えたと言えるのかもしれない。

なお、演じていた佃井皆実氏は放送後、自身のTwitterで
「燿子は戒斗と出逢えて、幸せでした」とコメントされている。
https://twitter.com/minami373minami/status/510938641053413376

彼女の過去(鎧武外伝2のネタバレ注意!)

鎧武外伝2「デューク」編にて彼女の過去が語られた。

彼女は元々ユグドラシルの情報を盗みに来た産業スパイだった。情報を盗んでいた所を凌馬に発見されたが、初対面であるはずの彼に「情熱を持ち合わせず自身の為に本気になれない空虚な人間」「他人の情熱やドラマティックな生き様に心惹かれる」といった自分の本質を見抜かれ、トドメに「世界の王が誕生する瞬間を見たくないか」との誘いを受け彼の元へ着くことを決意した。

また上記の誘いを受けた際、それまで無表情だった彼女は思わず微笑んでいた。それまで空虚な人生を歩んでいた彼女は「王の誕生を見届ける」と言う本当の願いを見つけたのだった。

ちなみに本編でも上記の経験を活かしてユグドラシルで自爆テロ事件を起こした実行犯の自宅にロープを使って侵入して家探しをしており、彼女もこういった事は久しぶりだと自身の過去を懐かしんでいた。

その後

ビデオパス独占オリジナルドラマ「仮面戦隊ゴライダー」にて、愛しの戒斗と共に再登場が決定した。
『仮面戦隊ゴライダー』では戦いの中で死んだライダーとして登場。見届けようと思った戒斗と共に行動する。

アクションには定評のある彼女

演じる佃井皆美氏はJAE所属。数々の作品でスタントをこなすほか、仮面ライダーW第37、38話のイナゴの女ホッパー・ドーパント)や、劇場版の「獣電戦隊キョウリュウジャー GABURINCHO OF MUSIC」のアーシーを演じており、蹴り技のアクションについては折り紙つき。
『鎧武』ではマリカのスーツも着ていた。

関連記事

仮面ライダー鎧武 ユグドラシル・コーポレーション

pixivに投稿された作品 pixivで「湊耀子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 745828

コメント