ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「変身!」


レモンエナジー!


ロックオン!

ソーダ!


レモンエナジーアームズ!


ファイトパワー!ファイトパワー!ファイファイファイファイファファファファファイッ!


概要

仮面ライダーデューク基本形態及び仮面ライダーバロンの強化形態。

レモンエナジーロックシードを用いることで変身し、他のエナジーアームズとは異なり上記の変身音声が鳴るのが特徴。

複眼やアーマーの色は名前の通りレモンイエロー。


頭部はヘッドホンを思わせる兜、背中にはマントが装着され、武器は他の新世代ライダーと同様にソニックアローを使用する。


データ

デュークver

身長206cm
体重119kg
パンチ力15.7t
キック力19.5t
ジャンプ力ひと跳び22m
走力100mを6.4秒

仮面ライダーデューク


初登場は第14話。

開発者である戦極凌馬が自身専用にチューニングしたゲネシスドライバーで変身したこと、自らの発明品の特徴や性能を知り尽くしていることから同じレモンエナジーロックシードを使った鎧武ジンバーレモンアームズを圧倒し、バロンバナナアームズを瞬殺。オーバーロードインベスであるシンムグルンにも単独で優位に立ち回るほどの戦闘能力を持つ。

また、彼のソニックアローのみ捻りながら放つことでエネルギーを増幅できるかのような描写が存在する(直後に凌馬自身「ちょっとだけズルいとは私も思う」と冗談混じりに発言していた)。


更に今までのアーマードライダー達の戦いから得たデータによってシステムにアップデートが施されており、立体映像の投影機能に光学迷彩、データ解析機能、強化型ソニックアロー等の追加搭載された機能がある他、単純なスペックも大幅に底上げされている。

このためロード・バロンに敗北するまでは苦戦らしい苦戦や強制変身解除シーンはなく、性能面だけなら『鎧武』の中でも最上位に君臨する。


ゲネシスドライバーの開発者たる凌馬の手によって更なるアップチューンが施されていくのが特徴だが、その性能は初期段階からかなり高かった様子。

Vシネマ『鎧武外伝2』では「完成したばかりの性能テスト」と称して実質オーバーロードインベス状態になっていた狗道供界の変身する仮面ライダーセイヴァーを追い詰め、最終的に彼の戦極ドライバーをソニックボレーで破壊して再び亡き者にした。


バロンver

身長208cm
体重111kg
パンチ力15.1t
キック力18.3t
ジャンプ力ひと跳び25m
走力100mを5.9秒

檸檬男爵


第26話にて初登場。

ユグドラシルと組んだ戒斗が凌馬から渡されたゲネシスドライバーとレモンエナジーロックシードで変身する。


斬月・真と異なりスーツの形状は変わらず、エンブレムがバロンの物に代わっている以外はデュークの物と同じ。

ライドウェアの形状変更がないため変身を解除しなくてもドライバーを切り替えればそのままエナジーアームズに移行することも可能

公式では別ライダーとしてカウントされており、どちらかと言えば後継機にモデルチェンジしたという方が正しいが事実上バロンの強化形態として扱われている。


今まで戦績がいまいち……どころか初期5人の中ではグリドンに次いで散々で視聴者から「勝ったことあったっけ?」と言われる有り様だったバロンにとって大幅な強化となり、オーバーロードインベスとも互角以上に戦うことが出来るようになった。


必殺技

ソニックボレー

ソニックアローにレモンエナジーロックシードをセットし矢を放つ。

バロンverは命中した敵を捕縛する事もできる。

デュークverは弓が巨大化し、二十螺旋構造の矢を放つ。


立体映像

デュークが使用。「レモンエナジースカッシュ」で発動。

額の赤いシグナルを光らせ、自分の分身を創りだす。

トリックベント」や「ディケイドイリュージョン」とは違い、実体のないホログラムである。


エクスペリメントタイム

デュークがガンバライジングで使用。ソニックアローからの狙撃を徐々に威力を上げるようにして三連続で放つ。


ソニックアロー(スカッシュ)

バロンが使用。「レモンエナジースカッシュ」で発動。

エネルギーを貯めたソニックアローで敵を斬る。

直接斬りかかるのとレモン色の斬撃を飛ばす2パターンが存在する。


ソニックアロー(バナナチャージ)

バロンが使用。ソニックアローにバナナロックシードをセットして「バナナチャージ」で発動。

ソニックアローを地面に押し当ててバナナ型オーラを放ち、相手を捕縛する。


キャバリエンド

バロンが使用。「レモンエナジースパーキング」で発動。

輪切りのレモン型エネルギーを潜り抜けてジャンプキックを放つ。


余談

当初バロンには強化形態を出す予定はなかったが、バロン(戒斗)の人気が上がったことに伴い「デュークのスーツを使い回す」という案から発展して登場が急遽決定。

スーツはデュークの物が合わなかったことから頭部のみ新造されている(新世代ライダーはアームズチェンジすることを想定されていないため。設定画も存在しない)。


しかし、本来予定に無かった弊害からかボーイズトイの『ACシリーズ』や食玩の『アームズアクション鎧武』では再現不可能。

放送終了後からそこまで間を空かずフィギュアーツも発売されたが、こちらは魂ネイションでの会場販売を経てプレミアムバンダイでの抽選販売という変則的な販売方法となり、欲しい人間に行き渡らないやり方にファンからは不満の声が相次いだ。これらの問題は一部の人間から『バロンレモンエナジー問題』と称された。


関連タグ

仮面ライダー鎧武 エナジーロックシード 仮面ライダーデューク 仮面ライダーバロン ジンバーレモンアームズ レモンアームズ

強化フォーム


クローズチャージ別の変身ベルトを使用した2号ライダーの強化形態。


仮面ライダーサウザンドアーク別の変身ベルトを使用した、使いのサブライダーの最強形態繋がり。


エビリティライブ:本来登場する予定のなかった2号ライダーの最強形態。


エナジーロックシードナンバー(E.L.S.-XX)

レモンエナジーアームズ(01) → チェリーエナジーアームズ(02)


2号ライダー最強フォーム

ビーストハイパーレモンエナジーアームズデッドヒートマッハ


外部リンク

アーマードライダーデューク レモンエナジーアームズ 仮面ライダー図鑑


アーマードライダーバロン レモンエナジーアームズ 仮面ライダー図鑑


レモンエナジーロックシード 仮面ライダー図鑑

関連記事

親記事

エナジーロックシード えなじーろっくしーど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 84159

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました