ピクシブ百科事典

戦極ドライバー

せんごくどらいばー

戦極ドライバーとは、『仮面ライダー鎧武』に登場する変身ベルトの一つ。
目次[非表示]

CV:平床政治

概要

戦極凌馬が開発した、本作における変身ベルト

戦極


バックル中央にロックシードを嵌め込み「カッティングブレード」を倒すことで、ロックシードを開きアーマードライダーに変身できる。
変身中にブレードを再び倒すことで、倒す回数に応じて「スカッシュ」「オーレ」「スパーキング」の3段階の必殺技が発動する。

使用者認証機能により最初に装着した者しか使うことができない
初めて装着した際には、バックル左側のプレート「ライダーインジケータ」にライダーの横顔が描かれる。
また装着者がヘルヘイムの森の実を手に取ると、果実のエネルギー量に応じたグレードのロックシードに自動的に組成変換する機能を持つ。

ユグドラシル・コーポレーションロックシード回収班はブレードのない戦極ドライバーを装着している。

量産型戦極ドライバー

黒影トルーパーが使用する、アーマードライダーのデータを基に完成させた一応の「完成系」
本人認証の必要がなく、誰でも装着し使用することができる。

玩具での再現には帯パーツをゲネシスドライバーのものと取り替えたり、プレートを無地にするなど改造が必要。
後にプレミアムバンダイ限定の「マツボックリ&クルミロックシードセット」にブランクのフェイスプレートが付属されているが、あくまでこれはナックル用である。

後日談となる『小説仮面ライダー鎧武』では流出しているようで、海外の犯罪者たちが使用し変身した黒影を貴虎らが撃破し、ドライバーを回収している。

音声

ライダーによって変身待機音とブレードを倒した際の音声が異なり、おおむね以下の4パターンに分かれている。
鎧武外伝「仮面ライダーデューク」では、セイヴァーと斬月のブレード音声が「ハッ」「イヨ~ッ」と別物になっている。

モチーフ待機音ブレード音声該当ライダー
和風ほら貝「ソイヤッ」鎧武斬月黒影黒影トルーパー鎧武・闇邪武プロト鎧武
洋風ファンファーレ「カモンッ」バロングリドンマルスイドゥンブラックバロンデューク、プロトバロン、プロトグリドン
中華風二胡「ハイーッ」龍玄龍玄・黄泉、プロト龍玄
その他エレキギターギター音ブラーボナックル武神鎧武フィフティーン、プロトブラーボ

その本質(ネタバレ注意)

その本質はヘルヘイムの環境下で人類が生き残るための生命維持装置。食すとインベスに変貌してしまう有害なヘルヘイムの果実ロックシードに変え、ドライバーにセットする事で栄養分を無害な形で取り込む事が出来る。
使用者認証がついていたのも、紘汰たちアーマードライダーをドライバーをテストするモルモットとして扱っていたためだった。

だが第43話で開発者である戦極凌馬より、ゲネシスドライバーを開発する為のいわばプロトタイプであること、凌馬自身にとってヘルヘイムでの人類生存は建て前でしかなく、自身の開発したドライバーで人間を超えた存在を創り出すためのステップの一段階に過ぎなかったことが判明した。

終盤では戦闘による破損や所有者の死亡が相次ぎ、ヘルへイム騒動の終結に伴い量産型も殆どが処分され、最終的に残ったのはたった1つだけであった。

一方で、個人で保有していた物に関しては処分しきれていない可能性もあり、誰かがこっそり保有している可能性は十分にある。


使用ライダー(舞台に出てくるプロトモデルは除外)


一つのベルトで変身したライダーの数は最多になると思われる。

関連記事

仮面ライダー鎧武 ロックシード 変身ベルト
戦極凌馬 ゲネシスドライバー

プリチェンミラートッキュウチェンジャー:ニチアサ同期のヒーロー達の変身アイテム。

ウィザードライバー→戦極ドライバー→ドライブドライバー

関連記事

親記事

アーマードライダー あーまーどらいだー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「戦極ドライバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 233149

コメント