ピクシブ百科事典

仮面ライダーフィフティーン

かめんらいだーふぃふてぃーん

映画「平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊」に登場する劇場版オリジナルライダー。
目次[非表示]

「俺は15人全てのライダーに変身できる…!」

CV:板尾創路

概要

映画「平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊」に登場するアーマードライダー
バダン暗闇大使が作り出した悪のライダーで、変身者は葵連

漢字の「十五」の文字がデザインされた武田信玄のような白い鬣が特徴。
モノクロのボディに、骨の怪人といったデザインのアーマーとなっている。
似たようなデザインの鎧があるが電子

性能はいわばディケイド(=10周年)の15周年版。
クウガからキバまでの力を持つディケイドに対して、こちらはそのディケイド及び、さらにWから鎧武までもを含む、平成ライダー15人全ての能力を使用可能。

戦闘能力は非常に高く、鎧武本編で強敵だった斬月・真(作中での設定からして、第1世代の戦極ドライバーで変身する鎧武やフィフティーンよりも第2世代のゲネシスドライバーで変身する斬月・真の方が格上)を物ともせず、ディケイドを単騎で追い詰めた(撤退用に「インビジビル」のカードを使わせたほど)ほか、W、オーズフォーゼウィザードの4人のライダーを相手にしても平成アームズの力を使って軽く一蹴し、極めつけは映画公開の時点では登場したばかりのカチドキアームズですら必殺技同士の撃ち合いに勝利し、変身解除に追い込んでいる。

しかし最終決戦にて息子・柊の真意や鎧武の説得に心が揺らぎ、鎧武1号アームズのライダーキックによって倒され、ベルトは破壊された。

各形態

通常形態
肋骨のようなデザインのフィフティーンロックシードを使うことにより変身する。
待機音はロック調で、変身音声はなくメロディが流れる。

他のアーマードライダー変身シークエンスが異なり、骨を模したクラックからドクロが現れそれがかぶさり全身が闇に包まれると一瞬でフィフティーンの姿となる。

ショッカー戦闘員を思わせる肋骨型のアーマーで、複眼は黒。
アームズウェポンは変身前も装備する骨型の剣「黄泉丸」。

ディケイドアームズ
ディケイドを模した形態。

ウィザードアームズ
鎧武が使用した物と同様ウィザーソードガンを武器とする。 なお魔法陣はウィザードと違い紫色をしている。

フォーゼアームズ
斬月が使用したものと異なり、バリズンソードやビリーザロッドを武器に戦う。

鎧武アームズ
鎧武を模した形態。変身者曰くフィフティーンの「最強形態」らしい。

ガンバライジング

ガンバライジングでは4弾から参戦し、同時に鎧武アームズも登場した。
敵役のライダーとしては初のLRとLREXの同時収録であるが、必殺技はどちらも劇中のものではない。
しかし重々しいながらもワイルドな一撃による逆袈裟斬りと、鎧武アームズでは相手に接近し、大橙丸無双セイバーの二刀流連撃を繰りだし、さらに二刀を無双セイバー・ナギナタモードへ合体させて叩き込む斬撃は再現度が高い。
アビリティはどれも強力だが、特に鎧武アームズはライジングパワーを10以上にした状態でバーストすると、相手の全てのタイプのアビリティを封印して無力化させられる恐ろしいものとなっている。まさに「究極の変身」に相応しい1枚。

余談

劇場版限定のライダーの中では最多のフォーム数を誇る。ほぼ未使用だが…

変身者とCVを演じた板尾創路氏は『仮面ライダーTheFirst』で蜘蛛男を演じていた。
板尾氏はフィフティーンのデザインを最初に見た時に「頭の文字はいらんやろ」と苦笑いしたらしい。
また、映画の前日譚である「トッキュウジャー 鎧武 春休み合体スペシャル」ではトッキュウ3号から「顔に15って書いてある!」と小学生並みの感想を言われていた。(正体を考えると"並み"ではないのだが…)

同じくドクロ系の仮面ライダー幽汽仮面ライダースカルに漏れず強敵であるが、死者だった彼らとは違い、変身者の葵連は生者であり、普通の人間、そして心の底から息子を愛する『普通の父親』であった。
そして最終的に改心し、主人公たちと和解している。

スーツは仮面ライダー鎧武のイベントに登場したアーマードライダー魔蛇に改造されたと思われる。

関連タグ

仮面ライダー大戦 アーマードライダー 劇場版限定ライダー 仮面ライダー魔蛇
戦極ドライバー ロックシード

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーフィフティーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42144

コメント