2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

仮面ライダーのカテゴリーの一つで、子供がいる戦士。
シリーズの特性上、子供が仮面ライダーになる事も少なくはなく、その場合、「越えるべき壁」として立ちはだかる事が多い。

なお、本編中では父親ではなかったが、本編完結後に子供が生まれたというパターンもある他、息子の存在は明かされていないが、孫の存在は判明している野上良太郎の例もある。

生粋の父親というわけではないが、子供を一時的に保護していた戦士も存在し、風間大介筑波洋がそれに該当する。

また、仮面ライダーの子供だからといってその子供が生まれながらに仮面ライダーになれるというわけでもない。遺伝子レベルで改造された改造人間や人外の怪人が変身するタイプのライダーであれば、生まれながらにライダーとなれる特質を有するケースも多い(新、太牙、ワタル、正夫、五十嵐三兄妹、千翼はこれに該当。母親の血筋も含めれば渡も)。
それどころか一部のライダーでは脳以外全部機械だから生殖不可能とか賢者の石が無ければ生まれた途端に怪人直行と言うケースも…。

歴代父親戦士

以下太字は主人公。

名称変身者子供登場作品
仮面ライダーシン風祭真ライダーベビー真・仮面ライダー
仮面ライダー闘鬼トウキ不明(息子)仮面ライダー響鬼
仮面ライダー羽撃鬼ハバタキ不明7人の戦鬼
仮面ライダー電王野上良太郎幸太郎の親(たぶん)仮面ライダー電王 さらば電王
仮面ライダーゼロノス桜井侑斗???仮面ライダー電王
仮面ライダーキバ紅渡紅正夫仮面ライダーキバ
仮面ライダーイクサ紅音也紅渡仮面ライダーキバ
仮面ライダーダークキバキング登太牙仮面ライダーキバ
仮面ライダーキバワタルの父ワタル仮面ライダーディケイド
仮面ライダーアクセル照井竜照井春菜仮面ライダーW
仮面ライダースカル鳴海荘吉鳴海亜樹子仮面ライダーW
仮面ライダーバース後藤慎太郎不明復活のコアメダル
白い魔法使い(仮面ライダーワイズマン)笛木奏笛木暦仮面ライダーウィザード
仮面ライダーメイジ山本昌宏不明仮面ライダーウィザード
仮面ライダーフィフティーン葵連葵柊仮面ライダー大戦
仮面ライダードライブ泊進ノ介泊エイジ仮面ライダードライブ
仮面ライダー純本願寺純不明仮面ライダードライブ
仮面ライダーゴースト天空寺タケル???仮面ライダーゴースト
仮面ライダーゼロゴースト天空寺龍天空寺タケル仮面ライダーゴースト
仮面ライダーゼロスペクター深海大悟深海マコト100の眼魂とゴースト運命の瞬間
仮面ライダーゲンム???宝生永夢マイティノベルX
仮面ライダークロノス檀正宗檀黎斗仮面ライダーエグゼイド
仮面ライダー風魔南雲影成星まどかアナザー・エンディング
仮面ライダービルド葛城忍桐生戦兎仮面ライダービルド
仮面ライダー1型飛電其雄飛電或人令和 ザ・ファースト・ジェネレーション
仮面ライダー滅仮面ライダーゼロワン
仮面ライダーセイバー神山飛羽真陸(養子)深罪の三重奏
仮面ライダーバスター尾上亮尾上そら仮面ライダーセイバー
仮面ライダーカリバー富加宮隼人富加宮賢人仮面ライダーセイバー
仮面ライダーファルシオン篠崎真二郎新堂倫太郎深罪の三重奏
仮面ライダーセンチュリー百瀬龍之介百瀬秀夫仮面ライダービヨンド・ジェネレーションズ
仮面ライダーセンチュリー百瀬秀夫百瀬真一仮面ライダービヨンド・ジェネレーションズ
仮面ライダーデストリーム五十嵐元太五十嵐三兄妹仮面ライダーリバイス
仮面ライダーギンペン平孝人平直人仮面ライダーギーツ
仮面ライダーアマゾンアルファ鷹山仁千翼仮面ライダーアマゾンズ

厳密には仮面ライダーではないが父親が変身した仮面ライダーに近い存在

名称変身者子供登場作品
オルタナティブ・ゼロ香川英行香川裕太仮面ライダー龍騎
ゴルドドライブ蛮野天十郎詩島剛詩島霧子仮面ライダードライブ
ライドプレイヤー鏡灰馬鏡飛彩仮面ライダーエグゼイド
ブラッドスターク石動惣一石動美空仮面ライダービルド


厳密には父親ではないが父親ライダーにカウントされている存在

名称変身者子供登場作品備考
仮面ライダーエボルエボルト石動惣一石動美空仮面ライダービルド厳密にはエボルトが最初から石動惣一の肉体を乗っ取って活動していた為に、惣一自身が仮面ライダーに変身していた訳ではない。物語の途中で分離してからは完全に別の存在になり、惣一自身は一度もライダーにはならなかった。
仮面ライダーベイルベイル五十嵐元太五十嵐三兄妹仮面ライダーリバイスベイルが元太の身体を乗っ取っている状態であり、飽くまで悪魔のベイルが変身者である。


余談

先述のようにまともな父親も普通にいるが、平成2期の後半から倫理観が崩壊していたり、全ての元凶とされる父親ライダーが増えてそれが悪い意味で目立っており、ファンからは「父親」というワードを聞くだけで身構える原因となってしまった。

  • 父親としてはまともだが、娘を蘇生させる為に他人の人生を踏みにじった笛木奏
  • 妻子を失った過去からダントンの人体改造を推し進めた深海大悟(人間世界に来てから正気に戻った)
  • 息子を商売道具のようにしか考えていない檀正宗(ただし、妻の事になると真っ当な倫理観の人物になり、息子に対する責任感自体は強い)
  • 全ての元凶にして娘を愛する父親の姿に擬態し続けた石動惣一エボルト
  • アークから脱却してもラーニングの呪縛から逃れられない
  • 全てのアマゾンを生み出した元凶であり、責任を負おうとすればするほど事態を悪化させる鷹山仁(息子は真っ当に愛してはいるものの、アマゾンである為に討伐対象にせざるをえない)
一応、ライダーカウントではないものの蛮野天十郎/ゴルドドライブもセットで語られる。特にこれらの印象を決定付けた最大の要因となった人物はエボルトであるとされる(尤も上記の通り、エボルトは父親を乗っ取っていたというだけで、厳密にはエボルト自身は父親ではないが)。

ただし死しても尚、娘を見守り続ける鳴海荘吉や、汚れ役を買って出てでも息子の成長を促した葛城忍飛電其雄など、まともな父親も普通にいる。人間としてはアレな所があるが、父親としてはまともな紅音也のような変則型も存在している。というか主人公自身の父親キャラは、大体最終的にはまともだったキャラが多い(勿論例外もいるが)。
ファンの中で半ば常識になりつつあったこの悪い要素は『仮面ライダーリバイス』の五十嵐元太で払拭している。

余談であるがガンバライジング公式1コマ漫画『ガン!ガン!ガンバライジング!』ではX、キバ、ゴーストの三人が「偉大なる父」というファザコン同盟を結ぶ傍らマッハが「いいなー」と憧れるという中々ブラックなネタがあった。

ママライダー

スーパー戦隊やウルトラ戦士にも母親戦士というものはいるのだが、仮面ライダーシリーズでは、同じ石ノ森作品である『イナズマン』の頃からの伝統故か、怪人が母であるというパターンが多い。
無論、母親がかつて仮面ライダーだったというパターンも存在し、麻生ゆりが変身した仮面ライダーイクサ、(夢の中で)鳴海亜樹子変身したなにわの美少女仮面がそれである。しかし、母親にして現役の仮面ライダーというヒーローは例がない。これから登場するのだろうか…?

関連タグ

仮面ライダー 父親 おっさんライダー:父親ライダーの大半はこちらにも該当

関連記事

親記事

親子ライダー おやこらいだー

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99444

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました