ピクシブ百科事典

南雲影成

なぐもかげなり

南雲影成とは、『仮面ライダーエグゼイド』の夏の劇場版『トゥルー・エンディング』の登場人物。

「全ては私のシナリオ通りです・・・」

演:堂珍嘉邦

概要

仮面ライダーエグゼイド』の劇場版作品『トゥルー・エンディング』の登場人物。

外資系ゲーム会社「マキナビジョン」の幹部であり、仮面ライダー風魔の変身者でもある。
詳しいプロフィールは不明。

感染した人間の意識をVR(仮想現実)空間に閉じ込める新型バグスターウイルスと、それに連動するゲーム「ハリケーンニンジャ」を開発した張本人であり、永遠の楽園を作り出す為に暗躍、風魔としての力で数多くの人間を新型ウイルスに感染させていく。
なお、何故この様な蛮行を行うのか、その理由は不明。





ネタバレ注意


















実は彼は難病で苦しむ入院患者の小学生、星まどかの実父。
彼女の生後間もなく妻の朱美離婚したため、娘は既に自身の事は覚えていないだろうと思っていた。
今回の騒動を引き起こしたのも、全ては余命残り僅かな娘の命をVR(仮想現実)空間の中で生き永らえさせ、彼女の心を救うため。まどかの病気に関しては「手術が成功したとしても、その後も後遺症で苦しんでしまう可能性がある」として病気の回復は諦めている様子だった。

劇中では何度もCRのライダー達の前に立ち塞がったが、一度目はエグゼイドクリエイターゲーマーに、二度目はスナイプレーザーターボの連携に敗北している。この敗北の中、ドクター達の言葉を受けた彼は自分のやっている事に対して次第に葛藤していくようになる。

そして黎斗パラドに力を抑え込まれていたゲムデウスXが活動を再開する中、駆けつけた永夢の口から、まどかの手術は成功したものの、彼女の意識がVR空間に取り残されているせいで未だ予断を許さない状況である事、そしてまどかの本当の願いは「徒競走で1位になる事」でも「家族と共にお弁当を食べる事」でもなく、「自分の父親=影成が笑顔になる事」であり、その為にまどかは自らVR空間に留まり続けていた事を知らされる。(実は影成が初めて病室でまどかと対面した際、彼が娘の事を想う父親としての笑顔を見せていた事から、まどかは影成が自分の父親だと気付いていたのである。)
それを知った影成は、レーザーバイクゲーマーレベル2に乗って急いでまどかの眠る病室に駆けつけ、まどかの本当の願いに気付いてやれなかった事を謝罪。妻と共に意識の戻らないまどかの手を握りながら必死に呼びかけ続けた結果、その呼びかけに応えるかのように、まどかは無事に意識を取り戻したのだった。

事件解決後は病室にて、妻や娘と共に穏やかに過ごしている。
そこには「仮面ライダー風魔」でも「マキナビジョンの幹部」でもない、「娘を想う心優しい父親」としての彼が存在していた……。






関連タグ

仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング 仮面ライダー風魔 哀しき悪役

ジョニー・マキシマ:会社の社長であり自分の上司。共に暗躍する。
葵連・・・・同じく、自分の子供を救うために悪の道を選んだ父親でかつ仮面ライダー繋がり。
貫庭玉夢彦・・・・・こちらも自分の子供を救うために同じような事をやらかした悪役繋がり。

pixivに投稿された作品 pixivで「南雲影成」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6382

コメント