ピクシブ百科事典

計画通り

けいかくどおり

「計画通り」とは、日本のサスペンス漫画『DEATH NOTE』の主人公である夜神月の名言で、事が上手く運んだ様を表す。
目次[非表示]

概要

原作第53話「悲鳴」にて登場。

発端は数ヶ月ほど前に遡る。
第二のキラであるミサが捕えられ、デスノートの事がLにバレるのも時間の問題であった。
いよいよ追い詰められたライトは、「デスノートの所有権を放棄し、それに関する記憶を一時的にすべて消し、更に自身をあえてLの監視下に置く」という策を取り、自身らに向けられたわずかな疑いを完全に晴らそうとした。

しかし、デスノートを諦めるわけではない。

  • 「ある程度の高い地位に就き、出世のためにノートを使うであろう」者を新たなキラに仕立て上げ、Lたちの目をそちらに逸らす
  • 記憶を無くした(善人でキラを純粋に敵視する)自分をLの協力者にする
  • 新たなキラを追い詰めるメンバーに加わり、自然な形でノートを取り戻す
という、まわりくどいが堅実な策を用い、まんまと「正義感の強いLの味方」として周囲を欺きつつノートを奪還し記憶を取り戻す事が出来た。
(この時点では一時的に戻ったに過ぎず、所有権を取り戻して記憶を完全にするために代わりの人物を殺す作業が残っていたが)

そこに1ページまるまる使った、少年誌に似合わぬ超悪人面と「計画通り」の台詞である。
それまでの十数話は記憶を無くしていた、所謂「きれいなライトくん」状態であったこともあり、このコマのインパクトは非常に強く、故に様々なパロディや改変ネタを生み出した。

本作のアニメ版夜神月のCVを担当した宮野真守も、他作品(Steins;Gateゲーム版&アニメ版)で担当キャラ(岡部倫太郎)のセリフとして発していたくらいである。

ちなみに

【デスノート】夜神月のドヤ顔を手書きで描いてみた!



この表情も「計画通り」の表情として知られているが、こちらは実際は「計画通り」ではない。(原作第59話「零」にて登場)
これは、Lが死の間際にキラの正体に気づくが、そのLに対して勝利宣言のような表情を見せたコマで、台詞はない。
確かにこっちもインパクトは強い。

この表情を見たLは「・・・夜神 月・・・ やはり・・私は間違ってなかった・・・・・・が・・・・・・ま・・・」
と心の中で呟き、息絶えた。 最後の「・・・・・・が・・・・・・ま・・・」が何を表すのかは謎である。
(編者は「だが、負けた」と言ったのではないかと推測する。)

また、『ゆるゆり さん☆ハイ!』でも吉川ちなつがこの表情を披露した。

関連動画



関連イラスト

「PIXIV NOTE」6
計画通り(模写)



二次創作マンガ

こんなの出てきた



関連タグ

DEATHNOTE デスノート 夜神月 

外部リンク

DEATH NOTE 7/小畑 健/大場 つぐみ | 集英社コミック公式 S-MANGA:このページの試し読みで、「計画通り」のシーンが見れる。

関連記事

親記事

夜神月 やがみらいと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「計画通り」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25487116

コメント