ピクシブ百科事典

木原幻生

きはらげんせい

木原幻生とは『とある科学の超電磁砲』の登場人物。

概要

CV:高岡瓶々

学園都市科学者。 研究者達の一部では有名な木原一族の一人(画像右上)で、木原一族の中でも代表的存在となっている。。
テレスティーナ・木原・ライフライン(画像左下)の祖父でもある。

能力者を人類を超えた存在、 『神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの(SYSTEM)』=レベル6へ進化させる研究をしていた。 かつては木山春生が所属していた研究室の直属の上司でもあった。
学園都市統括理事会肝入りの実験を行うような人物で、暴走能力の法則解析用誘爆実験も主導。しかし、暴走能力の法則解析用誘爆実験も彼にとっては仮の名目であり、実際にはそれを隠れ蓑に『能力体結晶』の投与実験を行っていた。

20000体にも及ぶ妹達を生贄にする形で、彼女達を殺した一方通行をレベル6に進化させようと目論んだが、上条当麻が一方通行を倒した結果、計画を破綻に追い込まれる。
しかし、全く懲りない幻生は、大覇星祭の際に御坂妹を奪取して、御坂美琴のレベル6への進化を計画。食蜂操祈を欺く形でアクセス者に精神系最高の超能力「心理掌握」を付与する「外装代脳(エクステリア)」を乗っ取り、それを使ってミサカネットワークにウイルスを注入し、御坂美琴を暴走させる形で計画を発動させる。
最終的には「外装代脳(エクステリア)」のブーストコードによって一気に御坂美琴を仕上げようとしたが、食蜂操祈によってブーストコードと自壊コードがすり替えられていたため、「外装代脳(エクステリア)」が自滅。その影響によって彼の精神は崩壊してしまい、廃人となってしまった。

ちなみに夢中になると周りが見えなくなる癖があり、それによって実験中に何度も命を落としかけたことから、体の何割かをサイボーグ化している。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「木原幻生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8566

コメント