ピクシブ百科事典

木原乱数

きはららんすう

木原乱数とは、『とある魔術の禁書目録』の登場人物。 (メイン画像右記の人物)

概要


新約とある魔術の禁書目録4巻で行われたナチュラルセレクターを潰しにやってきた3人の木原の一人。

レベル5の第5位食蜂操祈のファイブオーバーシリーズの派生技術でできた脳内分泌物効果を持つ微粒子をカビに載せ空気中にばら撒き幻覚を見せる戦い方をする。
暇つぶしに手間のかかった人殺しを楽しんだりする、正に木原な人

本編では幻覚を見せた後最高に絶望する殺しを暇つぶしにやっていたが、それは自分が倒したと思っていたグレムリンの1人ウートガルザロキの魔法による幻覚だったという。
もうどこからどこまでが幻覚だったのか、訳の分かんない展開の末に幻覚でボーっとしていた所を瀕死のウートガルザロキにボコボコにされた。
※因みにその時の擬音はドゴバキグシャメキベキゴスバキグシャドガメギョベギャドガベゴベゴという、「もうこれ死んだんじゃねえの?」ってレベル。
…と思われたのだが、その後の描写から察するに、乱数をボコボコにしたのもウートガルザロキが見せられていた幻覚だった可能性がある。
あとがきによると、どうやらお互いに術にかかり抜け出せない幻覚のループにはまってしまったらしい。無限ループって怖くね?


関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「木原乱数」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17311

コメント