ピクシブ百科事典

食蜂操祈

しょくほうみさき

食蜂操祈とは、『とある科学の超電磁砲』および『とある魔術の禁書目録』の登場人物にして上条を巡るヒロインの1人である。
目次[非表示]
食蜂さん


「一応そういうコトになってるケドぉ
私の改竄力でどうとでもなっちゃうものねぇ」

概要

CV:浅倉杏美

学園都市の名門校、常盤台中学に所属する中学二年生(本人は明言していないが)。
学園都市に7人しか存在しない最高位の超能力者「レベル5」の一角であり、その序列は第5位。数多くある学園都市の超能力のうち、精神系能力者としては最高の能力といわれる「心理掌握(メンタルアウト)」を持つ。記憶の読心・人格の洗脳・念話・想いの消去・意志の増幅・思考の再現・感情の移植など精神に関する事ならなんでもできる十徳ナイフのような能力。その強大な能力の為、自分で定めた『ルール』に基づいて自身に枷をはめている。

いつも小さな肩掛けバッグを持ち歩いており、中に入っている多数のリモコンを操作することで他人の洗脳や記憶改竄・消去などを行う。リモコンは能力の基準を作るためのもので、使用する能力に応じて使い分けている。
話す際に「~力」という表現を多用する。また、語尾が小文字になることが多い。
本人も認める程の運動オンチにしてカナヅチでもある。

常盤台中学に所属するもう一人のレベル5の御坂美琴が派閥を持たないのとは対称的に、常盤台中学内部の最大派閥を率いており「常盤台の女王サマ」と呼ばれている。
その可憐な容姿とは裏腹に、「協力者の頭の中は必ず覗く」と明言する等かなり用心深く、倫理観や常識に欠けている部分が多々ある。
美琴に対しては電磁バリアで全く干渉できない上、食蜂自身が上条と過去に関わりがあったことから嫌味な態度を取っている。
「自身の能力を使って無暗に人の心を覗かない」という自分ルールを定めていたり、学園都市の闇に囚われそうになっている人物を救おうとするなど、決して悪人というわけではない。

派閥メンバーからは非常に慕われており、食蜂自身が彼女らに対し自分が彼女たちを100パーセント私欲の為に操ると宣言し、駒にすると宣言しても彼女たちの忠誠心は揺らがなかった。

瞳にはキラキラの星が描かれている(本人曰く「生まれつき」)。また中学生とは思えないスタイルをしている。
ちなみに中学一年の夏という設定の新約11巻の表紙において、彼女のスタイルは明らかに年相応のものとなっている。新約7巻と見比べれば圧倒的な差である。

電脳戦機バーチャロンとのコラボ外伝「とある魔術の電脳戦機」においては、エンジェラン使い。

上条当麻との過去

新約6巻で正式登場した際は、上条自身も知らない(忘れている)インデックスと出会って記憶喪失になる以前の上条を知っているかのような口ぶりで、彼の語った魔術の話を無条件に信じ協力するなど、下記の超電磁砲の描写も合わせて以前の彼と只ならぬ関わりがあった事を匂わせていた。
その関係は、新約の第11巻にて遂に明かされており、食峰にとって上条は自身を救ってくれた大切な存在である事が明らかになっている(上食参照)。
かつて食蜂が上条に助けられた際、敵の攻撃により上条は重体になってしまう。食蜂は上条を救うため心理掌握を彼に対して使用し、そのおかげで上条は一命をとりとめる。
しかし、出血多量の上条に対して無理に能力を使ったため、副作用として上条は食蜂操祈の情報を記憶できなくなってしまう。
それでも食峰は、いつか上条が自分の事を思い出してくれると一途に信じ続けている。
食峰の上条への想いは「嘘偽りのない正真正銘の本物」で、自分から彼にキスをしたほど。そのため、上条に関する記憶は何よりも大切なものとなっており、自身の記憶が操作された事に気づいた際には、普段からは想像できないほどの凄まじい激昂を見せた。


とある科学の超電磁砲での主な描写

漫画版「とある科学の超電磁砲」において、大覇星祭で上条と出会った際には、何故か彼の名前を知っていた。
木原幻生によってピンチに陥った時、上条が美琴を助けに行くところを見て素の笑顔を見せた。「自身が事件の当事者の時は彼(上条)が頼れる王子様に見えてくる」と発言した後のデレ顔になるなどの描写から、過去に上条に大きな恩があると思われる。
またこの時、心理掌握を用いて上条に美琴の現状や救出する方法を伝える時に右手で頭に触れると情報が消えると警告していることから、幻想殺しについても知っていたようだ。
また、妹達の中でも、最初の個体である○号(プロトタイプ)と関わっていた姿も描かれている。
9月19日には削板軍覇と共に大覇星祭の選手宣誓を行った。

それ以前の原作「とある魔術の禁書目録」での主な描写

第一巻において上条当麻が「常盤台のレベル5」という一般的な噂の範囲で情報を知っていた。
その後、名前のみの登場が何度かあったが、本人の初登場はなんと「新約」第6巻だった。

御坂美琴からの評価

精神操作と記憶操作の両方を個人で使用できるため、上条の記憶を取り戻せるかも、と考えられたが「治療と称して精神にいらない細工をされる危険もある」、「知り合いの体を任せられるほど信頼できない」などと評価された。
しかし本人には全くその気はない…というより、大恩人である彼に対してそんなことはしない、彼の頭の中は決して覗かないという『自分ルール』を課しているため、絶対に行わないし例え実行しても記憶を取り戻すことは出来ないという事が判明している。

アニメ

原作では妹達(シスターズ)編終了後に登場するが、アニメでは二期(S)一話でまさかのカメオ出演。
わずか数分間の登場にもかかわらずpixivでは放送後大量に彼女のイラストが投稿される事態に。さすがレベル5は格が違った。

関連イラスト

しょくほうさん
メンタルアウトちゃん


心理掌握
☆



余談

非公式ではあるが、ネット上では「みさきち」「しいたけの愛称で呼ばれている。

また、作者曰く当初は女王蜂にちなんだ苗字にしようとしたが、他にも似たような苗字のキャラが居たため、更にその上を良く存在=女王蜂のさらに上に位置しそれを貪り食う存在という意味で「食蜂」という苗字に決まったらしい。

彼女のキャラクターデザインは候補が存在し、現在の容姿に決まるまでにボツとされたデザイン蜜蟻愛愉に流用されている。

関連タグ

とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録
常盤台中学 御坂美琴 蜜蟻愛愉
レベル5 心理掌握 目がしいたけ
※中学生です
エンジェランセガとのコラボ企画とある魔術の電脳戦機における彼女の搭乗機。スズメバチを思わせるカラーリングとなっている。

カップリングタグ

上食 みこみさ

pixivに投稿された作品 pixivで「食蜂操祈」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23350498

コメント