ピクシブ百科事典

食蜂操祈

しょくほうみさき

食蜂操祈とは、ライトノベル『とある魔術の禁書目録』及びそのスピンオフ漫画『とある科学の超電磁砲』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

初出:『禁書目録』1巻、登場は『超電磁砲』41話

CV:浅倉杏美

概要

学園都市の名門校、常盤台中学に所属する中学2年生。
学園都市に7人しか存在しない最高位の超能力者「レベル5」の一角であり、その序列は第5位。数多くある超能力の内、精神系能力者としては最高の能力と誉れ高い「心理掌握」(メンタルアウト)の保有者。

話す際に「~力」という表現を多用し、語尾が小文字になる事が多い。
例:一応そういうコトになっているケドぉ わたしの改竄力でどうとでもなっちゃうものねぇ

常盤台中学に所属するもう一人のレベル5の御坂美琴が派閥を持たないのとは対称的に、常盤台内部の最大派閥を率いており「常盤台の女王サマ」と呼ばれている。その可憐な容姿とは裏腹に、「協力者の頭の中は必ず覗く」と明言する等かなり用心深く、倫理観や常識に欠けている部分が多々ある。

美琴に対しては電磁バリアで全く干渉できない上、食蜂自身が上条当麻と過去に関わりがあったことから嫌味な態度を取っている。

しかしながら「自身の能力を使って無暗に人の心を覗かない(そして覗いた場合には最後まで責任を持つ)」という自分ルールを定めていたり、学園都市の闇に囚われそうになっている人物を救おうとするなど、根は決して悪人というわけではない。

派閥メンバーからは非常に慕われており、食蜂自身が彼女らに対し自分が彼女たちを100パーセント私欲の為に操ると宣言し、駒にすると宣言しても彼女たちの忠誠心は揺らがなかった(若干ずれた善意となかば八つ当たりで洗脳することもある)。

瞳にはキラキラの星が描かれている(本人曰く「生まれつき」)。また中学2年生というには不釣り合いな大人びた体型のため、美琴からは年齢詐称を疑われているが、中学1年の夏時点では小柄で胸も小さかった。要は短期間で急成長したというだけである。

レベル5であることに加え悪知恵も働く彼女だが、極度の運動音痴かつ体力不足という最大の弱点を持つ。走ればすぐに息切れする、顔を水に浸けるだけで溺れそうになるなどとことんまで肉体労働に不向きであるため、事件に介入する際には大抵他人を能力で操っている。
それでも自ら現場に赴かざるをえない場面があり、その場合はピンチに度々見舞われている。

基本的には食材マニアでオーガニック料理しか口にしない。そのためラーメンなど庶民的な料理の食べ方に疎い。

電脳戦機バーチャロンとのコラボ外伝「とある魔術の電脳戦機」においては、エンジェラン使い。


人称・呼称・言葉遣い

一人称
  • わたし
二人称
  • あなた
呼称
  • 年上の人物・一目置かれる人物・親しい人物・年齢に関係なく馴染みが薄い人物⇒「苗字・名前・フルネーム+さん」
  • 快く思わない人物・敵キャラクター⇒「苗字・名前・フルネームの呼び捨て
  • 御坂美琴⇒「御坂さん」
  • 白井黒子⇒「白井さん」
  • 佐天涙子⇒「佐天さん」
  • 初春飾利⇒「初春さん」
  • 婚后光子⇒「婚后さん」
  • 帆風潤子⇒「帆風さん」
言葉遣い
  • 女性語常用
  • 「〜力」という言い回しを使用
  • 「~だゾ☆」という語尾も時折使用


能力

食蜂操祈様


<
強度レベル5
能力名心理掌握(メンタルアウト)
解説記憶の読心・人格の洗脳・念話・想いの消去・意志の増幅・思考の再現・感情の移植など精神に関する事ならなんでもできる十徳ナイフのような能力。

詳しくは当該項目を参照。
その根本的な原理は「ミクロレベルの水分操作」であり、体内の水分の繊細な制御、主として脳内物質の分泌、血液・髄液などの配分により間接的に精神に干渉する。水分の操作により生体電流にもに影響を及ぼしているため、無意識的に妨害できる美琴とは相性が悪い。

いつも小さな肩掛けバッグを持ち歩いており、中に入っている多数のリモコンを操作することで他人の洗脳や記憶改竄・消去などを行う。リモコンは能力の基準を作るためのもので、使用する能力に応じて使い分けている。
そのため、リモコンがないと能力の精度が下がる。

液状被覆超電磁砲(リキッドプルーフレールガン)

御坂美琴との合体攻撃。詳細は美琴の記事を参照。

速度と飛距離の制約から解き放たれたこの攻撃は、当時の一方通行が突破できなかった「窓のないビル」の壁をぶち抜く程の威力を誇る。

全ての男女は星である」。世界で最も有名な魔術師の言葉に込められた思想を破綻させるだけの功績をもって、上条当麻の強力な一助となった。

だがサミュエル=リデル=マグレガー=メイザースには通用しなかった。

とある魔術の禁書目録

第1巻において上条当麻が「常盤台には触れただけで人の記憶を抜き取る超能力者(レベル5)もいる」という一般的な噂の範囲で情報を知っていた。
その後、存在について何度か触れられていたが、本人はなんと超電磁砲41話で先行登場。本編ではそこから少し遅れて新約6巻で登場した。

新約禁書で活躍するキャラの一人で(後述)、北欧の魔神編(オティヌス編)が終了した後の新約11巻から主要ストーリーに関わり始める。

御坂美琴からの評価

精神操作と記憶操作の両方を個人で使用できるため、上条の記憶を取り戻せるかも、と考えられたが「治療と称して精神にいらない細工をされる危険もある」、「知り合いの体を任せられるほど信頼できない」などと御坂美琴から評価された。
しかし本人には全くその気はない…というより、大恩人である彼に対してそんなことはしない、彼の頭の中は決して覗かないという『自分ルール』を課しているため、絶対に行わないし例え実行しても記憶を取り戻すことは出来ないという事が判明している。

美琴からの評価がああなのはみこみさの記事も参考にしてほしいのだが、美琴にだけ上述した理由から嫌味な部分やツンな部分しか見せないのが非常に大きい。美琴は食蜂が慈善事業────重度の障害を持つ者の元に赴き家族や友人への手紙を代筆する等────を行っていると他人から又聞きした際にも「なんで私には…」と嘆いていた。

とある科学の超電磁砲

本編の数年前「才人工房」に属していたが、能力開発の傍らドリーと呼ばれる少女の面倒を任される。能力で彼女の認識を操作し前任者の世話役に扮していたが、いつしか本物の友情が芽生えており、彼女の死後に「才人工房」の人員を支配下に置き機関を解体した。
大覇星祭編」から物語に本格的に関わり始めるが、この前後に「絶対能力者進化計画」、「妹達」の存在、そしてドリーの正体を知る。

同編では「レベル5に開会式での選手宣誓を任せたい」という運営委員会の依頼を受けるが、本番では同じく依頼を受けた削板軍覇に見せ場を全て持っていかれるという締まらないスタートになる。
競技自体は普段の体育と同様にサボっていた(一応出た競技はあったが、リモコンを没収され大した結果は出せなかった模様)が、その途中で外装代脳を狙う木原幻生の謀略を察知する。要となる御坂妹を秘密裏に保護し幻生の居場所を探っていたが、意図せずして外装代脳の情報に近づいた黒子・初春・佐天の介入を防ぐため「美琴との交流の記憶」を消したことにより、怒った彼女自身の介入を受け、仕方なく事情を明かして共闘する。
外装代脳の乗っ取りや美琴の暴走という危機にも見舞われたが、無条件で頼れる「王子様」こと上条に美琴を任せ、自身は苦戦しつつも幾重にも渡る策を弄して幻生を退けた。
事件後、幻生の協力者だった警策看取と共に共通の友達を救出し、ここで初めて心からの涙を見せた。

新約とある魔術の禁書目録 ※以下ネタバレ注意

彼女は新約中盤から新約最終巻(リバース)にかけてインデックスオティヌス御坂美琴と並んで新約禁書の主要ヒロインの一人として活躍している。

先述通り禁書での実際の登場は新約6巻。新約7巻でもインデックスと出会って記憶喪失になる以前の上条を知っているかのような口ぶりで上条を無条件に信じて協力するなど、超電磁砲での描写も合わせて只ならぬ関わりがあった事を匂わせていた。

そして新約11巻で、食峰にとって上条は自身を救ってくれた大切な存在である事が明らかになっている(蜜蟻愛愉上食も参照)。

【新約11巻】上条当麻との過去

『ヤバくなったらそいつを使えよ。
ひょっとしたら、助けてやれるチャンスも増えるかもしれない』

かつて食蜂が上条に助けられた際、敵の攻撃により上条は重体になってしまい、食蜂は上条を救うため心理掌握を彼に対して使用し、そのおかげで上条は一命をとりとめる。

しかし、出血多量の上条に対して無理に能力を使ったため、副作用として上条は食蜂操祈の情報を記憶できなくなってしまう。
それでも食峰は、いつか上条が自分の事を思い出してくれると一途に信じ続けている。

食峰の上条への想いは「嘘偽りのない正真正銘の本物」で、自分から彼にキスをしたほど。そのため、上条に関する記憶は何よりも大切なものとなっており、自身の記憶が操作された事に気づいた際には、普段からは想像できないほどの凄まじい激昂を見せている。

過去と現在が混在した記憶を巡る戦いで食蜂が窮地に陥った際、上条は「彼女達」が置かれている絶望に満ちた状況を救った。例え何も憶えてなくても、彼は食蜂が思い描くかつてのヒーローのままだった。



……まぁそのヒーロー様は世界を巻き込んだ大事変の余波で入院中だったが。当然インデックスオティヌスが彼の無茶に怒ったのは言うまでもない。

「もしも、それでもあなたが、大人の決めたレース予想を大きく覆して、いつか私のことを思い出したり、憶えておくことが出来るようになったのならぁ」

「その時は、大切な話をしましょう?とてもとても、甘くて優しい大切な話を」



【新約16巻~新約22巻】上条との戻らない記憶

無論、そんな都合の良い奇跡など一途に思おうが実現する筈がない。新約11巻で全てを知った読者にとって新約16巻での「視界から外れた直後に忘れる上条」と「その現実を日常として受け止める食蜂」は異様な光景と言う他ない。

新約18巻では、御坂美琴百合作品のような空間を築きつつも、共に上条の大きな支えとなり、アレイスター=クロウリーに一泡吹かせている。

新約20巻では、廃墟となった学園都市を後にし、美琴と共にバカンス。その後、上条のために戦時混乱真っ只中のイギリスへと向かい、最終的に新約21巻で上条やアレイスター=クロウリー達と合流した。

新約22巻では、上条がコロンゾンMagick〈燃える剣/フレイミングソード〉で砕け散る様を、つまり赤黒い肉塊となった上条を見て狼狽。クロウリーがオシリスのアイオーンの魔術で上条に暫定的な処置を施した後、引き続きクロウリー達に同行する。
しかし上条の右手だけは未だ縫合されておらず、すぐに奥底に潜む赤黒い何かが噴出。クロウリーの指示を受け、ひとまず食蜂の感覚誤認で上条の認識を騙すことに成功する。

誰も気付いていなかったが、右手は何も知らない食蜂が特別仕様の保冷容器で持ち出していた(美琴がアイスティーと認識した物)。理由は“上条をこれ以上危険な目に合わせないため”。上条に認識されない彼女は持ち出す事に適した存在だった。

彼女が美琴たちの傍から離れていた所をコロンゾンに狙われ窮地に陥ったが、上条が駆けつけて持ち直す。彼女は今一度、上条が上条たる所以を理解して謝罪し、右手を返却。もはや右手は縫合手術など必要もなく、一瞬の内にくっついた。

新約22巻リバース(暫定)

「だってあの人は私を憶えていてくれる。奇跡でも偶然でも良い。そもそも理屈なんかいらない。それでも…どんな姿になろうが、何をしようが」
「もしも記憶のあるなしで線を引いて。もしも、上条さんがこの世に2人いるとしたら」

もし記憶の有無で2人の「上条当麻」を線引するなら、彼女はどちらを上条と見做せばいいのだろうか。
彼女の前に現れた上条の姿を持つ存在は、上条の失った記憶とあるべき人格を持った謎の存在だった(インデックスに異性として好意を抱いている節も…)。

聡明な彼女だが、ここまでのプレッシャーと未知の環境が重なって“上条に忘れられない”という不自然な奇跡を受け入れてしまうくらい心を乱していた。

全てを裏切って自身が上条と信じたい者に付き、ウィンザー城を支配下に置いてしまう。

アニメ

原作では妹達編終了後に登場するが、アニメでは2期『S』第1話でまさかのカメオ出演。
わずか数分間の登場にもかかわらずpixivでは放送後大量に彼女のイラストが投稿される事態に。さすがレベル5は格が違った。
そして3期『T』にて本格的に登場を果たしている。

関連イラスト

センシティブな作品
☆


センシティブな作品
しょくほうさん



余談

  • 非公式だがネット上では「みさきち」「しいたけの愛称で呼ばれている。
  • 作者曰く、当初は女王蜂にちなんだ苗字にしようとしたが、他にも似たような苗字のキャラが居たため、更にその上を良く存在=女王蜂のさらに上に位置しそれを貪り食う存在という意味で「食蜂」という苗字に決まったらしい。
  • 彼女のキャラクターデザインは候補が存在し、現在の容姿に決まるまでにボツとされたデザイン蜜蟻愛愉に流用されている。
  • アニメ『T』の前期エンディングテーマである、岸田教団&THE明星ロケッツの「nameless story」は、彼女をイメージした歌詞となっている。


関連タグ

とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲
常盤台中学 レベル5 科学サイド
上条当麻 蜜蟻愛愉 御坂美琴
ドリー(とある科学の超電磁砲) 心理掌握 目がしいたけ

エンジェラン:コラボ企画とある魔術の電脳戦機における彼女の搭乗機。スズメバチを思わせるカラーリングとなっている。

未踏召喚://ブラッドサイン:作者である鎌池和馬の別作品。召喚士の忘れられる特性が彼女と酷似している。

五月七日くみん:中の人が同じであり、巨乳という共通点がある。

カップリングタグ

上食 みこみさ

関連記事

親記事

レベル5 れべるふぁいぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「食蜂操祈」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51187796

コメント