ピクシブ百科事典

上食

かみしょく

『とある魔術の禁書目録』の登場人物、上条当麻と食蜂操祈のカップリングタグ。
目次[非表示]

概要

とある科学の超電磁砲』にて、食蜂操祈は過去に、上条当麻によって救われていたらしい事が発覚しているが、具体的に何があったかはまだ明らかになっていない。
しかし、木原幻生に追い詰められた際、御坂美琴を助けに行った上条を見送った際には素の笑顔を見せている事からも、かなりの好意と信頼を寄せている事が伺われる。
また、心理掌握を用いて上条に美琴の現状や救出する方法を伝える時、右手で頭に触れると情報が消えると警告しているところから上条の右手の幻想殺しについても知っているようである。

そして新約11巻において彼女もまた、上条に想いを寄せている事が判明した(上やん…マジパネェ………)。


新約11巻で明かされた事実


注意 ネタバレがあるからぁ、その前に原作を読みなさぁい☆

















長らく上条当麻と食蜂操祈の間柄は不明であったが、
新約11巻にてようやく2人の出会いが明かされた。
どうやら旧約1巻にて、インデックスを助けた上条、よりも更に1年前の事だったようだ。
なお上条は中学3年、食蜂は中学1年。つまり、『改竄力でどうとでもなっちゃう』
というのは唯のブラフで、食蜂操祈は現在において正真正銘、中学2年という事になる。


核心として、食蜂は上条によって命を助けられていた。
これは暗部関係ではなく、『デッドロック』という能力開発が頭打ちになった者達
からの襲撃だった。レベル5の食蜂操祈を狙った武装集団である。
詳しい戦闘描写は明確に描かれていなかったが、上条は当然病院送りになった。


但し傷は相当酷かったらしく、見慣れていたはずの上条が『見た事のない』ほど不気味に痙攣していたとか。
重大なのがショック症状により麻酔も使えない状態になった事。
このショック症状は血圧低下によるもので、麻酔をすればさらに下がるらしく、応急処置も出来ない状態だった。
それを是正したのが食蜂の能力だった。
心理掌握により痛覚の遮断を行ったのである。(これなら血圧の低下が起きず麻酔できると思ったため)
これによって上条は通常とは違う麻酔が実行され、応急処置も出来た。


但し食蜂の能力は、『脳の水分』を操る事で人の心を制御するらしく、
血圧が低下していた上条には万全の性能では発揮できなかったため弊害が起こった。
ある医者によると、
「呼び出し経路の破損」が起きたらしく、脳内の人の顔や名前を格納する部分が
食蜂の枠だけ物理的に潰れているとの事。ようするに
上条は食蜂のことを記憶できない
あのインデックスとの件での『記憶破壊』の前から、上条は脳に弊害を持っていたのである。

それを知った上でなお、食蜂は上条が自分のことを思い出してくれる奇跡を一途に待ち続けている。


関連イラスト

☆


【新約11】Duel_in_the_Mind.
NT11 041


そんなもん、どうでも良いよ
とある女王様の反抗期






関連タグ

とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲 NL
上条当麻 食蜂操祈

コメント