ピクシブ百科事典

幻想殺し

いまじんぶれいかー

幻想殺しは、『とある魔術の禁書目録』の主人公『上条当麻』の能力。

「殺してやるよ、その幻想を…!!」

概要

学園都市230万人の頂点に君臨する「レベル5」の超能力だろうと、致死級の魔術であろうと害をなすものかどうかに関係なく、異能の力であれば全て無効化してしまう能力である。
また、右手が切断されても断面から竜王の顎または目に見えない「謎の力」が発生し、効果は継続される。
『異能』の定義は「オカルト」である為、超能力や魔術の他、神の奇跡も打ち消すが、生命力は消せない。また、全身に作用することで効果を生むタイプの異能は、そもそも上条には効かない(テレポートなど)。
その性質上、上条当麻が「レベル0」と判定されている原因にもなっている。
つまり上条は見かけ上「レベル0」ではあるものの、実質的には完全な無能力者ではない(学園都市の計測システムが完全な無能力者とみなしているだけ)。

ただし、効果範囲は右手首から上(要は右手だけ)であり、さらに『異能』に分類されない力(銃撃、スタンガンでの電撃など)を無効化することはできない。
また、異能を使って起こされた二次的な物理現象は無効化できない。例えば、御坂美琴が発生させた、磁力の宿っている砂鉄の鞭は右手で触れれば『異能』である磁力が解除されるため粉状の砂鉄に戻せるが、一方通行がベクトル操作で発射した砂利の散弾は、既に発射された砂利には運動エネルギーしか宿っておらず、運動エネルギーが『異能』ではないため無効化できない。

自身の持つ超能力や魔術に依存した攻撃手段しか持たないような相手にはたいてい有利だが、異能を必要としない肉弾戦を用いて戦う術を持っている敵に対しては何の役にも立たないためかなり不利。
また、無効化できてもその処理能力にも限界があり、一度に多量の現象を処理しようとすると右手にダメージが蓄積されることになる。

またその幻想殺しを使えば異能の力を掴み取ることや向かって来る光線(異能)を殴る事で軌道を変える事も出来、沢山一度に向かって来る異能の力の一つに作用する事で現象の連鎖崩壊を起こすことも出来る。

インデックスさん曰く、上条さんの普段の不幸っぷりも、この右手が自分に来る幸運を消していることで訪れている可能性があるらしい。
女性運は別のようだが

オッレルスによると正体は、全ての魔術師達の怯えと願いが集約したもの
歪められた世界を正す『世界の基準点』とでもいうべき力である。

魔術を極め神の領域に到達した者『魔神』は世界を思いの儘に歪める。しかし、1ミリの長さや1グラムの重さ、そういった世界の確かな物まで歪めてしまう。歪めた世界を元に戻そうにも、歪んだ世界では元の世界を思い出せなくなるという懸念が生まれる。
あらゆる異能の影響を受けない『幻想殺し』は元の世界を思い出す基準として機能する。

しかし、これもまた彼の『魔神のなり損ない』としての立ち位置からの解釈に過ぎない。
過去にも武器や洞窟といった形の幻想殺しに類似する力が確認されていたようだが、そのような力がなぜ存在するのかは不明。

また、新約7巻にで恋査(#028)が自身の機能を使用して幻想殺しを使用しようとした際、余りにも野膨大な量の情報の為に負荷が掛かり過ぎてボディの大部分が破損するという現象が起きているた事や、中の人アレイスター・クロウリーの(大切な人を生き返らせる?)プランに必要不可欠なものである事、そして何かを目撃したフィアンマがクロウリーに口封じの為に襲撃されるなどの描写からただの異能の力であれば全て無効化してしまう能力という訳ではないらしいが…?


関連タグ

とある魔術の禁書目録 上条当麻

pixivに投稿された作品 pixivで「幻想殺し」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 802705

コメント