2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

レベル0

れべるぜろ

「レベル0」とはケーブルテレビ・地デジなどの電波受信レベル。全く電波を受信していない事を指す。当記事は「とある魔術の禁書目録」「とある科学の超電磁砲」に登場する用語を解説する。
目次[非表示]

概要

別名「無能力者」学園都市内では落ちこぼれ扱いであり「禁書」の主人公である上条当麻浜面仕上もこの位置にいる。
その冷たい待遇からグレて「スキルアウト」に入り、つるんでいる連中もいるようだ。とはいっても学園都市の学生の6割がこれにあてはまるのでそこまで珍しい存在ではない。

ちなみに「無能力者」と呼称されているが能力を全く有していない訳ではなく、精密機器による測定でしか検出されないほど微弱な能力を持つ者も該当する。殆どの者は無いに等しいながらも何らかの能力を有している(土御門元春の「肉体再生」や佐天涙子の「風力使い」など)
真の意味での「無能力」者は逆にレアらしい。

このレベルというのは学園都市の計測器がはじき出した数値を元に格付けされているので計測器で観測できないカテゴリーの能力や、能力の出力がレベル1以上の定義に満たない人間もレベル0に区分けされている。
そのため魔術を使用すれば反動が起きる。(前述の真の無能力者が魔術を行使した場合どうなるかは不明)

なお「幻想殺し」は能力の性質上、学園都市の計測器では測定されない為、完全に何の能力も持たない無能力者中の無能力者として扱われている。(当然ながらアレイスター等上層部の人間の一部はこの力の存在を把握しているが)
また、能力の覚醒とレベルが上がるのは全く関係がない。例えば土御門元春はレベル0ではあるが「肉体再生(オートリバース)」という能力が開花している。

レベル0の快挙

レベル5撃破

基本的に能力レベルが高ければ高いほど強いという考えが学園都市で通っており、レベル0の人間が強大な戦闘能力を持ったレベル5を真っ向から倒すことは不可能とされているが、作中では様々な要因によりレベル0がレベル5に勝利すると言った学園都市の概念を覆す事例が多発している。
ちなみにどのケースも2回以上の交戦があり、1回目は必ずレベル0が勝利している。

  • レベル0の上条当麻は学園都市第一位のレベル5である一方通行と3度交戦するもいずれも撃破している(8月21日・10月30日・11月10日)。ただし一度目は周囲の協力があり、3度目は一方通行が手加減をしている。

  • レベル0の木原数多は同じく学園都市第一位のレベル5である一方通行と2度交戦し、一度目のみ撃破している(9月30日)。なお木原数多は学生ではない為、厳密には「能力者」ではないが能力開発を受けていない為、ここにレベル0として記載した。

  • レベル0の浜面仕上は学園都市第四位のレベル5である麦野沈利と3度交戦し、全戦全勝している(10月9日・10月17日・10月30日)。ましてや格闘術・体力でも圧倒的なハンデがある(一方通行は能力に依存している為、格闘術や体力は皆無の紙ボディ)

※ただし上条当麻は「幻想殺し」があるため、名目上レベル0ではあるが実際には無能力者では無い。それに対し木原数多は一方通行の能力開発をした研究者であり、勝てたのも彼の演算パターンを全て把握していたから。浜面仕上は(新約1巻によると「目に見えないレベルで、何らかの能力は使える状態」)だが、純粋な無能力者。
また10月30日、つまり第三次世界大戦の最終日はこの下克上が2回行われた事になる。

キャパシティダウン破壊

キャパシティダウンとは、アニメ「とある科学の超電磁砲」一期の第15話より登場した装置である。
ノイズを発して能力者の演算能力を大いに狂わせて能力者を無力化してしまう兵器で、その効果範囲はレベル1以上の能力者全般。演算能力のみならず、神経活動や身体能力なども低下するようだ。
なお一方通行には通用しないとよく言われるが、音そのものは一方通行が受け入れるベクトルに標準設定されている為無効化出来るかは分からない。
だが一方通行の演算能力ならば仮に効いたとしても本来無意識化で行っている演算で反射を行うのは容易いだろう。

レベル5の美琴ですらこれで動きを封じられてテレスティーナ=木原=ライフラインにいたぶられた。しかし無能力者にとっては(計測不可能な能力を所持していようが)ただのノイズに過ぎないため、最終話でレベル0の佐天涙子に隙を突かれ破壊されている。
前述の設定から考えるとレベル0にだけピンポイントで効果がないというのは一見かなり不思議にも見えるが、そもそもが「高位の能力者を倒すために使う」という学園都市内で表に出せるはずもない兵器であり、レベル0が大半を占めるスキルアウトに流した試作品からデータを得て完成させた代物。データを集める側のスキルアウトに効いてしまってはデータが取れないし、レベル0なら効果が無くとも駆動鎧などで本来容易に無力化できるため効果が及ばない状態が意図的に放置されていたと考えられる。(開発者たるテレスティーナは能力体結晶を投与された過去を見るに能力開発を受けたことがあると思われることから、自分に効果を及ぼさないよう設計された可能性もないではないが作中で大人の能力者が登場した事はなく、御坂曰く『大人の能力者など存在しない』とのことから、こちらはかなり疑問が残る)
いずれにせよレベル0の佐天がその場にいなければキャパシティダウンの無力化並びに美琴たちの逆転勝利はおよそ不可能だったと思われることから、レベル0だからこそ成し遂げられた快挙として語られることが多い。

公式にレベル0だと明確にされている人物

レベル0だと思われる人物

魔術サイド一筋のキャラや、能力開発を受けていないキャラは除外。

関連タグ

科学サイド

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「レベル0」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「レベル0」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 147912

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました