ピクシブ百科事典

キャパシティダウン

きゃぱしてぃだうん

木原一族の一人が開発したアンチ能力者ツール(画像右)。

概要

とある科学の超電磁砲で登場した音響兵器。原作では登場しておらずアニメ一期15話で登場。
能力者の演算を狂わせる特殊なノイズを発生させ、能力者の能力を阻害・抑制する。

開発者はテレスティーナ・木原・ライフライン。裏でスキルアウト集団ビッグスパイダーに試作を提供し、能力者狩りをさせる事で間接的に発明の実験を行わせていた。

キャパシティダウンの適用範囲はレベル1~5まで能力者全てで、ノイズを聴いた能力者は能力が使えなくなるだけでなく一時的に身体・精神共に脆弱化して運動神経も鈍くなる。
23話で再登場した際はさらに機械が巨大化し、レベル5御坂美琴すら弱まった電撃しか出せず、テレスティーナのワンサイドゲームでボコボコにされてしまった。このシーンはテレスティーナの本性が初めてあらわになったシーンでもあり超電磁砲でも屈指のトラウマ。

一方、スキルアウトのようなレベル0には全く効果がなく、ただのうるさいノイズにしか聴こえない。
最終話でも再び機械がパワーアップして登場するも、レベル0の佐天涙子に隙を突かれて機械を金属バットで破壊されてしまった。

本編に描写はないが超能力が使えない上条当麻にも当然この機械は無効。
また、音を反射できる一方通行にこの機械が通用するのかどうかはよく議論に上がる。

イラストはR-18ばかりである。どういう内容かはお察しください。

関連タグ

木原一族 木原神拳 みんなのトラウマ

コメント