ピクシブ百科事典

自分だけの現実

ぱーそなるりありてぃ

自分だけの現実(パーソナルリアリティ)とは、とあるシリーズで定義されている超能力の原理であり、一般人が超能力者に目覚める上で必要不可欠なもの。

概要

とある魔術の禁書目録」「とある科学の超電磁砲」の世界において、人間が超能力に目覚める上での基盤になるもの。科学サイドにおいては重要なワードである。

量子論(例:シュレディンガーの猫)や確率論と深く結びつくものであり、「あの壁をすりぬけて瞬間移動が出来る」「手から炎を発する」などといった現実と乖離した事象をあたかもあるかのように強く思い込む事が「自分だけの現実」を形成する。
そして、そのような強い思い込みや信念などが妄想を越えて具現化したのが超能力である。
もっともその開発を分野としている学園都市内ですら超能力に目覚めたのは4割と半分にも満たない。

現実と自分だけの現実の乖離が大きければ大きいほど超能力の効果も強大になりやすく、学園都市内で研究価値的に最高と見なされた超能力者はレベル5として扱われている。
この点においては「出来て当然」と思う精神力から制御し、能力が成長するジョジョの奇妙な冒険スタンドとかなり酷似している。

そのような原理上、自分だけの現実の発現・成長は有りもしないような事や実際にはやってない事をあたかも有るかのように思い込んでしまう自己愛性人格障害境界性人格障害、そもそも一般の人間とものの見え方が全く違うサイコパスのような精神疾患が自ずと圧倒的優位に立つ世界になる。
レベル5の人間に猟奇的な性格の人間が揃いに揃っているのもそのためだといえる。

レベルアッパーのような擬似的に超能力を発現するプログラムにも自分だけの現実は深く関わっており、こちらは本来の自分が持つ脳波を木山春生の脳波に矯正し異なる価値観を共有させる事で強引に能力を発現させたり能力レベルを押し上げているものと考えられる。

関連タグ

とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲 超能力 レベル5

pixivに投稿された作品 pixivで「自分だけの現実」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 213

コメント