ピクシブ百科事典

木山春生

きやまはるみ

木山春生とは、『とある科学の超電磁砲』の登場人物。
目次[非表示]

残念美人
CV:田中敦子

プロフィール

誕生日8月9日
年齢20代


概要

大脳医学研究者で、AIM拡散力場などについて研究している。毎日研究に明け暮れ、巣篭もりの生活を送っていた。
そのため、公の場で平然と服を脱いだり、自分の車(ランボルギーニガヤルドをカスタムしたもの)を置いた駐車場を忘れたり、蒸し暑い真夏の日にスープカレーをホットで買ってくるなど外の常識に若干狂いがある。
(学園都市の)ネット上では脱ぎ女」という呼称で都市伝説にもなっている。
≪一応作中で彼女が脱ぐ際には無意味やたらではなく、確かに場を弁えてこそいないものの『暑いから』等のちゃんとした(?)理由のもとでやっている。しかし次回予告ナレーションに登場する時の彼女に限っては、毎回何かにつけて脱ごうとし美琴に止められるという、公式その場で『脱ぎキャラ』要素を付加されてしまっている≫

巨乳の女性キャラが多い禁書目録や超電磁砲の世界では希有のナイスバディの持ち主でありながら、自身は、「起伏に乏しい体」だと称している。

このように天然じみた行動が目立つが、根は自分の教え子達の事になると熱くなって取り乱すほど親バカで思いやりのある人物。
目の下には深いクマが出来ているが、これはかつて自分の教え子達が木山にすら知らされていなかった非人道的な実験の被害に巻き込まれ、昏睡状態に陥った事がトラウマになっているためである。

木山はこの教え子達を救いたい一心で幻想御手(レベルアッパー)を開発、ネット上に流出させた。
そして木山は超電磁砲の第一章、「幻想御手編」の黒幕である。

ネタバレ

アニメ最終話では乱雑開放(ポルターガイスト)編を通じ、無事昏睡状態から救われた教え子達全員が冥土帰し(ヘブンキャンセラー、カエル医者)の病院に引き取られたため、目のクマは完全に消失している。

原作では乱雑開放編を連載していないので、木山の以後が定かではないが、その後の話である妹達(シスターズ)編で初春の口からアニメオリジナルのキャラだった春上衿衣が退院した旨を告げている事からも、乱雑開放編が原作でも公式化されている可能性が高い。

関連タグ

とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲 哀しき悪役

pixivに投稿された作品 pixivで「木山春生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2583785

コメント