ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

元々は優しさなど善良な心を持った普通の存在だったのだが、過去に何かしらの不幸(大切な人の死、差別、絶望等)を背負った経験や不遇な生い立ち、心を歪ませる力を持った第三者・アイテムの介入などで性格が歪んで悪の道を進んでしまったり、もしくは世界の平和や大切な人を救うためにやむを得ず悪役的立場に立たざるを得なかった可哀想な敵キャラクターの事である。

古くはギリシャ神話シェイクスピア等の作品にも描かれており、過去の作品に多く見られた勧善懲悪に対するアンチテーゼともとれる存在である。

少年漫画特撮ロボットアニメにおいてはこの手の悪役は多く登場しており、逆に全く存在していない方が珍しいとさえいわれる。


主な原因は以下の通り

  • 家族、友達、恋人、親友、師匠、弟子(教え子)を失った
  • 大切な人が病気になった、もしくは怪我をした
  • 故郷を滅ぼされた
  • いじめや虐待、差別、迫害を受けて性格が歪んでしまった
  • 周囲と違う力を持っていた為に化け物扱いされた
  • 周囲の者に一方的に襲撃されて迎撃した事で加害者扱いされた
  • 自身もしくは家族や恋人等の自身に大切な存在が不治の病に侵された
  • 殺される等の形で命も未来も奪われた
  • 黒幕に祖国や家族等の弱みを握られている
  • 黒幕に洗脳、改造を受けて悪の心を植え付けられた
  • 非道な計画に巻き込まれたせいで、人生を狂わされてしまった
  • 誰とも仲良くなれずにずっと独りでいる事を強いられた
  • 男女の友情を押し付けられ、誰からも結婚(恋愛)対象にされることがなかった
  • 自分の才能、努力が認められなかった
  • 信じていた相手もしくは恋人か友達に裏切られた
  • 自分に自信を失い、自分も含めて(自分以外も)滅ぼしたいと考えた
  • 今まで自分が信じてきたものが、全て嘘に過ぎなかった事に気付いてしまった
  • 仕事も地位も何もかも失い狂ってしまった
  • 自分・相手が化け物に変貌したことでおかしくなった
  • 愛するものを守るためには自ら必要悪に染まるしかなかった
  • クローンや破壊、悪事のための兵器などでの利己的理由で作り出された存在
  • 正義感が強すぎるあまり、それが暴走してしまった
  • 人間達の愚かさや醜さに絶望してしまった
  • 身内が諸悪の根源である事に対する罪の意識から、(いかなる手段を用いてでも)自らがそれを贖わなければならないと決心した
  • 悪の側に属する事がたった一つの生きる術
  • 一番だと思う相手を一番にしようと働きかけるも、その相手が一番になる事を望まなかった
  • 黒幕の命令で悪事を働いてたが、善良な人物の優しさに心打たれて悪事をやめようとするも、黒幕に逆らうことや、使命を捨てる事が許されなかった
  • 悪意は無いが、それ故に行動が周りの迷惑になる
  • 歪んだ教育などを受けた事で、歪んだ価値観を植えつけられたまま成長してしまった
  • 元々住んでいた世界とは違う世界に迷い込み、恐怖や自己防衛から悪さをするようになってしまった
  • 元々持っていた障害、もしくは劣等感を克服できなかったことで歪んだ心を持ってしまった
  • 自分、もしくは周りの者に不幸が続いたことで、全てに絶望してしまった
  • 実は最初から二重人格で、善の心、悪の心を両方持っていたが、悪の心を制御することができなくなるほど暴走してしまった

それ以外にも、作中での扱いが雑で因果応報とは無関係に碌な目に遭わない(或いは苦労人気質)、黒幕に利用されて用済みと判断されて始末されるパターンの敵や、改心しても自らの悪事に後悔して自殺してしまう敵も存在し、ほとんどのキャラクターはファンから同情されることが多い。一方で主人公の説得で光落ちしたり、ライバルラスボスの特性も持つ者もいる。

こういった訳ありの悪役は善人のIFとも言えるのかもしれない。


ただし、哀しき悪役と呼ばれる者達は、視聴者から判官贔屓される形で同情の対象となる事が多いが、あまりにも擁護しがたい残虐な振る舞いや外道な所業に出てしまった場合等は、過去の経緯がどうであれ「自業自得」と見なされてしまう事も少なく無く、その場合は賛否両論と言う形で論争になる事もある。


更に作品外どころか作品内でも

「いくら酷い目に遭ったからって悪いことをしていいわけがねえ……!」「悪いことはやっぱり悪いんだよ!!」


「どんな過去があろうと、何をしてもいいってことにはならねえ」


「寂しいからといって、悲しいからといって、何をしてもいいなんてことはないわ」


といった感じに、哀しき悪役達の悪行を真っ向から否定する声が挙がる場合もある。


該当するキャラ達

哀しき悪役の一覧を参照。


関連イラスト

貴方が幸せ。 私が、幸せじゃないからゆうしゃまおう

ころに赤い愛

あたしって、ほんとバカ黒に染まル


関連タグ

悪役 美形悪役 悪堕ち 闇堕ち 必要悪 憎めない悪役 悪のカリスマ 悪の美学 世直し 罪を憎んで人を憎まず 勧善懲悪 没落貴族 井上キャラ 事件簿の怪人 判官贔屓 賛否両論 かわいそう

強いられているんだ! …とでも言えば満足ですか?

極悪人小悪党:対義語だが兼ね合わせている事も多く、賛否が大きく分かれている。ただし、哀しき悪役に該当する者も悪と化した原因が判明するまではこういった悪役と同類と非難されている。

悲劇のヒーロー:哀しき悪役のヒーローバージョン。

悲劇のヒロイン:哀しき悪役のヒロインバージョン。

ダークヒーローダークヒロイン:似て非なるものだが併せ持っている場合もある。

盗人にも三分の理

復讐鬼:哀しき悪役はこうなる可能性が結構高い。

毒親の被害者:哀しき悪役になる可能性が高い者達。

クズモブ:哀しき悪役を生み出す全ての元凶にして諸悪の根源となることもある存在。



外部リンク

アニヲタwikiの『哀しき悪役』

ニコニコ大百科の『哀しき悪役』

関連記事

親記事

悪役 あくやく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5471188

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました