ピクシブ百科事典

…とでも言えば満足ですか?

とでもいえばまんぞくですか

仮面ライダーセイバーにおける汎用性の高い台詞である。
目次[非表示]

概要

仮面ライダーセイバー第39章においてイザクが口にした台詞。

台詞の全編

世界の平和を守る組織の長でありながら、自らを神と称し世界を滅ぼそうとするイザク。世界を崩壊させたい理由があるのか?と訪ねた飛羽真に対する返答が、

「かつて…愛する者を失った。人の過ちのせいで……




…とでも言えば満足ですか? 理由などありませんよ。退屈だったのです

という物であった。ちなみに彼が捏造した過去はバハトから直接丸パクリしてきたものである。作中でも明らかに小馬鹿にしたような話し方をしていたため、バハトを皮肉る意図もあったのかもしれない。

尤も彼自身の”代々受け継がれてきた組織の力を自分の自己満足の為に安直に振るう”という言動は絆を築き上げてきた剣士達にとっては矮小というほかなく、第40話では自らの意思でオムニフォースの呪縛を撥ねのけた倫太郎賢人に「今のあなたを信じる者はもう誰もいない」「恨む価値すらない」と咎められ飛羽真に「どれだけ力を手に入れようとも俺達の絆を切ることはできない」と論破される。プライドを傷つけられて逆上したイザクは三人を倒そうと悪あがきをするが三人が力を合わせてはなった銀河友情蹴烈破によりあっけなく撃破される。

そしてボロボロになりながらも先ほどの戦闘で大破したオムニフォースが再生してゆくところでストリウスに襲撃されあえなく抹殺される。そしてストリウスがその直後に投げかけた言葉は、

「神になり損ねた男の最期は、実に滑稽でみじめで美しかったですよ。これからの物語は私が紡ぎます。美しい結末のために……!」

という”(自分が努力して手に入れたわけではない)圧倒的な力を背景に世界を虚仮にしていた自分こそが、ストリウスの掌で踊らされているだけだった主役になれない滑稽な道化でしかなかった”というプライドの高いイザクにとって屈辱極まりない現実であった。



余談

この台詞はかなり汎用性が高く、特にシラを切る場面や期待させておいて落とす場面で使える。その汎用性の高さから、同じくイザクの台詞である「まあいいでしょう」や「どうぞご勝手に!」共々イザク定型とされている。

以下名(迷)台詞の数々


まあいいでしょう
フハハハハッ!!どうぞご勝手に!
・愚かな人類への……私からのささやかなプレゼントです。
・神である私の前で口をきいていいと言いましたか?
さあ逃げなさい! さもないと私が……フヒヒヒィ!
・もう少しだったのになぁ!
・だーけーど!これでは私のものだァ!!
・一々うるさい!!
・まずはその伝説の聖剣からいただくと……し!ま!しょ!う!かァ!!
貴様らァ!よくも神を足蹴にしたなァ!!
・フッ……やはりあなたには効きませんか。
・フハハッ……コレは傑作だ!
・ああああイライラするゥ!お前ら!グズグズしてないで早くそいつを斬り刻め!!
・一々当たり前の事を聞くなァ!!
・誰にものを言っている!虫ケラがァ!!
・私に勝てる者などいないとなぜ分からない!!
・ゴミ共が……消え失せろ!!
・私の全知全能の書が……神の……神の力がァァァァァーーーーーーーーッ!?
・私は死なん……この力同様不滅だ!
・私の神話はここから始まるのだ……
何を言ってる……神の御前だぞ!平伏せぇえええええ!!!

関連タグ

仮面ライダーセイバー
イザク(仮面ライダーセイバー)
スウォルツ 常磐SOUGO同じく汎用性の高い台詞を持つライダーキャラ。

関連記事

親記事

兄弟記事

コメント