ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

はるか昔から、聖剣に選ばれた剣士たちと共に世界を作った「大いなる本」を守り、世界の均衡を保ってきた組織。
本でしか知らないと言う倫太郎の発言をその根拠とした場合、組織の人々は古くからその使命に専念するため、現代社会との関わりを絶っているものと思われる。

組織は北極にあるノーザンベースと、南極にあるサウザンベースの二つで構成されている。後にユーリによって東西にも拠点があることが判明する。移動にはブックゲートを使用するが、組織を離れると接続が断たれて使用不能になる。

スーパーヒーロー戦記おいて、遥か上空、宇宙空間には歴代のスーパー戦隊仮面ライダーの書籍が「世界を揺るがす禁書」として封印されている禁断の地・アガスティアベースが位置する。

組織の目的とその末路と再建

ソードオブロゴスという組織は、人々をメギドという脅威から守り、全知全能の書を復活させない使命も持っている。
しかし、序盤の段階において既に仮面ライダーカリバーが裏切っており、メギドと組んで全知全能の書を手に入れるべくソードオブロゴスの剣士たちと戦っている。

これだけならば、単純に闇堕ちしたカリバーの暴走と言うだけで済んだのだが、第15章にて、現在のカリバーの正体である上條大地の口から、組織を離反しメギドと組んでまで行動することになった理由が、「先代カリバーであり、親友である隼人が15年前の事件の裏でソードオブロゴス内部に潜む真の敵によって裏切るよう唆されたのが原因である」という事実が判明する。

第16章で本格的に登場するかつてのソードオブロゴスを知る剣士であるユーリもまた、「今のソードオブロゴスには正義はない」と、過去と比べて悪い方向に様変わりした事を指摘し、第28章では尾上と大秦寺の口から組織の意思決定を行う4人の「賢神」の存在が明らかとなったが、第29章で既にマスターロゴスに始末されたことが語られており、そもそもソードオブロゴス自体が(お決まりというか)権力腐敗の窮まった組織であることが判明する。(剣士たちがギスギスした原因がイザクにあるため。)

最終的にノーザンベースの剣士は全員組織を離反し、別の集団として独自に戦いを開始。
サウザンベースの神代兄妹も当代のマスターロゴスが組織そのものを放棄し、邪心のまま世界の滅亡に乗り出したことで粛清に踏み切った。
これにより上から下まで構成員が軒並みいなくなったことで、太古より続いてきた組織たるソードオブロゴスは、事実上ついに消えてなくなる事になった。

増刊号では、幾分かのメンバーが脱退するも、最終決戦後に残ったメンバーの一部で評議員を選出する合議制として再建された。要するに「マスター制」を廃止し、「評議員制」の組織となったことで以前よりも安泰なものになったと思われる。

構成員

ノーザンベース

守護者

大いなる本を守り続ける、本の守護者。
実質的にノーザンベースでのリーダーでもある。

所属戦士

ソードオブロゴスに属する「水の剣士」

ソードオブロゴスに属する「雷の剣士」
カリバーとの戦いの果てに消滅してしまい…

ソードオブロゴスに属する「土の剣士」であり、「最強の剣士」にして「最強の子育て王」

ソードオブロゴスに属する「風の剣士」

技術班

ソードオブロゴスに属する「音の剣士」にしてメカニック担当。刀鍛冶であり聖剣と本を管理している。

サウザンベース

所属戦士

ソードオブロゴスに属する「煙の剣士」。ソフィアの失踪に前後してノーザンベースに現れ、一時は実質ノーザンベースを掌握していた。凌牙の妹。

ソードオブロゴスに属する「時の剣士」。マスターロゴスの命により、飛羽真を始末するために動くが、後にマスターロゴスの本性を知って離反し、ノーザンベースの面々とは距離をとりながらも共闘する。玲花の兄。

アガスティアベース

所属戦士

ソードオブロゴスに属する禁断の地の守護者。

協力者

正式に属してはいないが、ノーザンベースに属する仮面ライダー達と同等の待遇を受けている。
聖剣を抜いた事で「炎の剣士」として闘いに身を投じる事となった。

ソードオブロゴスへの加入を希望し、構成員(主に飛羽真と倫太郎)に同伴する事が多い。

元構成員

ソードオブロゴスの創立者。ビクトールや現黒い本棚の幹部達と共に、ワンダーワールドを発見した始まりの5人の内の1人。

先代の炎の剣士。15年前のメギドの進攻から飛羽真を救い、生死不明となるが?

先代の水の剣士にして倫太郎の師匠。故人。ズオスによって殺害されている。

先代の土の剣士にして亮の師匠。故人。

先代の雷の剣士。故人。デザストによって殺害されている。

先代の風の剣士。故人。デザストによって殺害されている。

賢人の父親。「闇の剣士」であり仮面ライダーカリバーの変身者だったが、組織を裏切った。故人。

組織の頂点に立つ長。普段はサウザンベースに身を置いている。その正体は上條大地が語ったソードオブロゴスに潜む真の裏切り者にして飛羽真に濡れ衣を着せ、倫太郎たちを誑かして彼の殺害を強要していた張本人。
第26章で彼の元をタッセルが訪れ、タッセルとの対話において、「全ての聖剣を揃えることで全知全能の書を復活させ、その力で今の世界を作り変え、自身が支配者として君臨する」という自身の野望を明かした。
物語終盤では当代のマスターロゴスが本名を明かしマスターロゴスの役職を放棄・辞退しており、空席となっている。

反乱を起こした元兵士。

組織の意思決定を担っている4人の賢者達。マスターロゴスによって殺害されていた事が明かされていたが、終盤にストリウスの配下として全盛期以上の力を得て蘇り、ソードオブロゴスの剣士達の前に立ちはだかる。

元「騎士団」構成員

現在のソードオブロゴスに属してはいないが、協力して戦う「光の剣士」

破滅の本に1000年間も封印されていた「不死身の剣士」

余談

第24章で神代玲花が尾上に対し「家族が守られているのは組織のおかげ」と言及している場面がある。そのため剣士たちには組織からきちんとした給与を貰っているらしい。(もっとも尾上家は共働きのため家族が経費には問題はないが…)

PVでは大型の剣を持つ剣士、ふた振りの釵型の剣を持った剣士、ロングソードを持った女性剣士、ハンドガードの付いた剣を持った剣士が登場しているが、劇中では登場しなかった。聖剣以外の剣を持つ剣士といったところであろうか?



関連イラスト

ソードオブロゴス クレスト+α


(組織のシンボルマーク)

関連タグ

仮面ライダーセイバー 大いなる本 剣士列伝
聖剣(仮面ライダーセイバー)
ワンダーライドブック 禁書(仮面ライダーセイバー)

黒い本棚:敵対組織。

リュウソウ族:プロデューサー繋がりで『リュウソウジャー』に登場する集団。その役割や長い歴史、剣士といった共通点が多い。

魔戒騎士:こちらもはるか昔から守護する使命を持った特撮の剣士達であり、剣が変身アイテムなどといった共通点を持つ。

BOARD猛士ZECT:仮面ライダー達が所属しており、怪人に対抗する組織。歴代に登場した3つの組織のうち2つの組織の上層部が黒幕だった。

黒の騎士団ナイトオブラウンズ聖ミカエル騎士団他グリンダ騎士団、:某ダークファンタジーSFロボット作品シリーズに登場する騎士団系の組織。
ロイヤルナイツ:同上と同じように騎士団系の組織だが、作品によっては悪役になる場合もある。

鬼殺隊:別作品に登場する遥か過去から存在する組織にして、それぞれが異なる属性の剣士たちがいるのが共通。

円卓の騎士:アーサー王伝説において元ネタになったと思われる騎士団の組織。

A.I.M.S.ソードオブロゴスフェニックス

関連記事

親記事

仮面ライダーセイバー かめんらいだーせいばー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ソードオブロゴス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ソードオブロゴス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90322

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました