ピクシブ百科事典

神山飛羽真

かみやまとうま

特撮番組『仮面ライダーセイバー』の主人公。
目次[非表示]

「本で世界を創る…?確かに、本には世界を変える力がある。だけど、それは人々を幸せにする力だ!」
「その人間が書いたのが本だ!人は…物語を創る力を持ってる!」

演:内藤秀一郎

概要

仮面ライダーセイバー』の主人公。仮面ライダーセイバーに変身する。
年齢24歳。一人称は基本的には「」。
基本的に帽子を被っていることが多く、『written words』というブランドのネックレス型ペンケースを常時首元に提げている。

人物像

職業は小説家で、副業として「ファンタジック本屋かみやま」の店主も勤めている。
好きな本のジャンルもファンタジー。子供好きで、締め切りが迫っていても子供達への童話の読み聞かせを優先する程。
子供達との関係はかなり密接で、個々人の誕生日に本をプレゼントする約束を結んでいる。
また、その本の内容が受け取る子供の性格に合うように吟味している。

この様にマイペースだが「約束は自分の人生、守るべきもの」が信条で、「約束する」が口癖。小説家としても締め切りはきちんと守る。第1章での開始直後は「まだ頭の中」という状態であったが、終了直前には書き終えており、進捗速度にムラがあるが、出来る時はかなり速筆の様子。尚、デジタルの普及している今時には珍しく、原稿用紙に万年筆で執筆している。
当然出版している作品もあり、代表作「ロストメモリー」の帯には「ファンタジー界に革命を起こす1冊!」と綴られている。芽依も作品について認知しているあたり、相応に有名ではある模様。

芽依のテンション高めな言動に振り回される事もあるが、どんな時でも好奇心を失わない姿勢はむしろ好ましく思っており、大抵のことは笑って流している。また、その明るさは彼の戦う理由の一つになっている。また、飛羽真も芽依に負けないくらい奔放でマイペースであり、それで逆に芽依を困らせることもある。
非常に寛大であり、他人が不遜ともとれる行動をしていても基本的に否定しない。ただし、「諦めること」と「本の力を悪事に使う」ことには強い否定の姿勢を示す。
創作のタネにする為なのか手帳を持ち歩いており、文芸職ではあるものの、ライドブックを正確に描画する辺り、絵心もある。

戦いの際にはファンタジー文学の知識が役立つ事もあり、キリギリスメギドとの戦いでは土豆をあえて地面に蒔く事で巨大な豆の木を生やしてみせたり、アリメギドに女王蟻が存在する事を見破った事も。
また、メギド魔人の言動や外見から由来を推し測り、攻略の糸口となる書籍を発見する等、洞察力にも優れる。だが、それが仇となって剣よりもワンダーライドブックの力に頼り切ってしまう傾向にあるらしく、大秦寺からは飛羽真の剣からは何も響いてこないと評される。
しかし、二度目の決闘で飛羽真が背負ってきたものに対する思いを火炎剣烈火に込め、聖剣の秘めたる力の片鱗を発揮させた為、本当の意味で剣士としての一歩を歩み始める。

物語開始時点で既にブレイブドラゴンワンダーライドブックを入手しており、のちに聖剣ソードライバーに選ばれるきっかけとなった。新堂倫太郎曰く普通のホモサピエンスではないらしい。

剣士が本の魔物と壮絶な戦いを繰り広げ、“謎の少女”が助けを求めるという、謎の夢を頻繁に見ている。謎の少女が次元の裂け目に吸い込まれそうな時に小指で必死に繋ぎ止めようとしたことから、なんらかの約束をしていた事の暗喩とも取れる。

15年前、メギドが引き起こした事件に巻き込まれたが、その時の記憶を失っており、幼馴染の富加宮賢人や「もう一人」の事も忘れていた。しかしソフィア曰く、「それが彼がセイバーに選ばれた理由」らしい。

物語が進むに連れ徐々に記憶を取り戻していき、謎の少女=幼馴染のルナであること、15年前に自身を救ってくれたのが先代の炎の剣士=上條大地であることを思いだした。

余談

彼が書斎に飾っている絵本の中には、仮面ライダーウィザード奈良瞬平が大切にしていた「森の魔法使い」がある他、置き時計は不思議の国のアリスに登場する時計ウサギの懐中時計を模したデザインであり、両脇にはアリスとウサギの像が据えられている。

名前の由来は「紙の山」「刀」なのではないかと思われる。

第1章の芽依の台詞によれば、「本屋は小説家がダメな時の副業」という事なので、世間でありがちな「本屋を営む傍らで小説執筆」ではなく、あくまで小説家の方が本業という扱いらしい。
これまでに職業に就いている主人公は数あれど、副業をしている(=定職に就くのみならず兼ね職も持っている)主人公はシリーズで初。

親友を失う・一緒に戦った仲間全員と決裂状態になり襲われ続ける・自分達が行動している裏で何人もの人達の命が失われている事実を知る等苦しい状況に置かれ続けながらも決して曇ることのないメンタルの強さを発揮している。そのためなのか、他の登場人物と比較しても重症や瀕死レベルの負傷を受けることがかなり多い(対照的にメンタル面でのダメージは2号ライダー枠の倫太郎請け負っている)。

演者の内藤氏は芽依役の川津氏と同じ事務所であり、オーディションの合格発表時にはドッキリを仕掛けられたという。

関連タグ

仮面ライダーセイバー  セイバー
ファンタジック本屋かみやま  小説家  本屋

飛電或人/仮面ライダーゼロワンゼロツー:前作『仮面ライダーゼロワン』の主人公。ライダーかつ経営者であると言う共通点がある(流石に規模は全然違うが)。

堂安主水/仮面ライダークイズ:『仮面ライダージオウ』に登場する未来の仮面ライダーの一人。帽子など、彼と服装がよく似ている。

風切大和/ジュウオウイーグル:本編開始前に変身アイテムを所持していたニチアサ主人公繋がり。

伏井出ケイ/ストルム星人:特撮作品における小説家繋がり。但しこちらは悪役である。

五色田介人夏海まなつニチアサ同期の主人公。

飛電或人神山飛羽真 → ???

関連記事

親記事

ファンタジック本屋かみやま ふぁんたじっくほんやかみやま

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「神山飛羽真」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 741658

コメント