ピクシブ百科事典

上城睦月

かみじょうむつき

上城睦月とは、『仮面ライダー剣』の登場人物である。
目次[非表示]

演:北条隆博

人物像(ネタバレ注意!)

仮面ライダーレンゲルに変身する現役高校生(劇場版では就活中の大学生)。年齢17歳。スーパーのレジ打ちのバイトをする、バスケが好きなごく普通の高校生だった。
山中望美とは幼馴染の関係。
幼い頃誘拐されたトラウマがあり、そのせいか執拗に「光」や「闇」にこだわる一面がある。

本来は温厚な性格だが、レンゲルに変身するようになってからは、封印が不十分なスパイダーアンデッドの影響で内に秘めた傲慢さが強くなってしまう。
カテゴリーAに操られるままアンデッドを解放して暴れまわり、ブレイドやギャレンを苦しめた。

その後、同じくアンデッドの力に翻弄された橘さんが彼を心配し、棒術や動体視力の特訓を授ける。この時期はカテゴリーAの影響が抑えられ、仮面ライダーとしての一歩を踏み出したかに見えた。だがこの頃も完全にカテゴリーAを押さえ込んでいたとは言えず、上級アンデッドの封印にこだわって焦って失敗するなど、問題ある行動が散見されていた。

そして時が経つにつれて、再び悪化。嶋昇の行動も大して効果をなさず(だが無意味だったわけではない。詳しくは後述)、悪意に翻弄されてゆく。
と同時に迷走を始め、「七並べしませんか?」とか中二病そのものな格好をして橘さんに言い放ったり、自分を心配してくれた望美にビンタされたら手を上げようとしたり(直後、相川始に制止された)、「これが最強のライダーの戦い方だ(キリッ」とカッコつけた直後城光にフルボッコにされたり、広瀬さん(父)に捕まって吊るされたりと、暴走と迷走の一途を辿る。

だが、望美の睦月を想う強さと優しさを垣間見た城光が自ら封印されたことにより、状況は変化。
実はスパイダーの呪縛から解放されるためには、光と嶋の力が必要だったのだ。
そして城光の叱咤と嶋昇の励ましを受け、スパイダーアンデッドと分離。
生身でキングラウザーを手に取り、スパイダーアンデッドを完全に封印することに成功。
ようやく、本来の自分を取り戻すのだった。そして涙を流し、光を犠牲にしてしまったことを悔やむのだった。

終盤は剣崎達と強力してアンデッドや黒幕と戦う。
光や嶋さんとの交流からアンデッドとの共存を望み、金居や始の説得を試みたこともあった。しかし、金居はそんな彼に対して、非情にも裏切りで返す。

その後、ダークローチが大量発生する世界の危機を見て、剣崎の代わりにジョーカーを封印しようとする。
しかし、善戦するもジョーカーには勝てず、瀕死の状態に陥ってしまう。幸いその後は回復し、生き残ることができた。

そして、すべての戦いが終わった後、望美と共に過ごす平和な日常を取り戻したのだった。

関係の深い人物

  • 山中望美 幼馴染。睦月とは相思相愛の模様。
  • 嶋昇 睦月を救った恩人のひとり。心優しき男。
  • 城光 睦月を救ってくれたもう一人の恩人。誇り高き戦士。 
  • 橘朔也 師匠。睦月の境遇に心を痛め、彼に親身になって接する。
  • 剣崎一真 先輩。当初睦月は仮面ライダーである剣崎に興味を抱き、彼につきまとっていた。
  • 相川始 当初は対立していたが、後に共に戦う仲間となった。


本編後

MASKED RIDER BLADE EDITION -DAY AFTER TOMORROW-

『S.I.C.HERO SAGA』においては主人公として登場。
受験勉強に落ちてしまい、落ち込んでいるところを突如仮面ライダーブレイドに襲いかかられる。
困惑するも乱入した橘さんによってカメレオンアンデッドが化けた偽物だと知らされ、事件解決のため参戦するも戦いについてゆけずに離脱。
戦いで力になれなかったことを落涙しながら嘆いたものの、望美に補欠合格の報せを受けたことで希望に満ちた明日を歩みだすのであった……

ドラマCD「仮面ライダー剣」 切り札の行方

10年経過し、普通のサラリーマンになった。面倒見の良い先輩として会社でも活躍している。
カテゴリーAや嶋さんの風を読む力などを身体が覚えている一面も。
橘さんにはほとんど会えなかったらしい。
ちなみに望美との関係性については描写されず。

衝撃の事実

人間のはずなのに一度スパイダーアンデッドに変貌したことがある。
スパイダーアンデッドの仕業だ!

というのは冗談である。(ゴルゴムの仕業では勿論ない。レンゲルのスーツアクターが次郎さんだけど。)


詳細を述べると、41話でタイガーアンデッドを探索中にBOARDの理事長である天王寺の配下の人造アンデッド『ティターン』に襲撃されたのだが、その時に睦月は首元にティターンのアンデッドポイズンを受けてしまい、昏倒する。(このティターンは、カメレオンアンデッドとスコーピオンアンデッドを合成したアンデッドのため、姿を消失・変化させる能力と毒の能力を持っている。)
毒を注入されて白井農場に運ばれた睦月は熱に魘され、その毒が全身に巡ったと同時に狂暴化し、剣崎達を襲った。(ちなみにこの時の姿は、どことなく劇場版冒頭の始の姿を思わせる。)

暴れはじめて剣崎が抑えていたが、何と睦月はスパイダーアンデッドの姿に変化した。
この事に関して特に詳細は触れられてはいない。(が、そもそも変身するときにアンデッドの能力を限定的に使っていること・ライダーベルトを装着するときに神経接続していること・アンデッドポイズンによって本能的な部分が強く出たことなどが原因で、アンデッドの姿に変化したのではないかと考えられる。)

暴走した睦月は現代のバトルファイトの真実を知ったタイガーアンデッド=城光と最後の対決、スパイダーアンデッドとの決戦を迎えることになった。


その後は元の人間の姿に戻ったのだが、「アンデッドの声が聞こえる」「風が変わったように感じる気がする」(ドラマCDでの発言)など普通の人間としては戻ってはいない特殊能力を持った状態になったことが窺える。
(あくまで推測ではあるが、アンデッドの声に関しては、元々スパイダーアンデッドの声が聞こえていた睦月自身がアンデッドに変化したために封印されたアンデッド達の声を聞こえるようになったのではないかということ。風や気配を感じることに関しては、アンデッド状態でキングフォームになったために、タランチュラアンデッドの能力である風の感知能力を会得したのではないかと考えられる。)

余談

OPでは第1話からその姿が見切れていたりするが、本格的に登場する第17話までは顔を帽子で隠していた。(ちなみに1話opではただ隠すだけだったが、2話以降は腕の動きを加えて顔を隠していた。なんで?)

その後の後日談を描いた「たそがれ」では、睦月は天音ちゃんが老婆になった時代では既に他界しているらしい。
だが、天音曰く、幸せな生涯を終えたとのこと。

レンゲルのスーツアクター岡元次郎氏のため、変身前と変身後で体型が著しく変化する。いわゆる「次郎さん体形」。

また、「HERO」と呼ばれる彼自身のキャラクターソングが存在する。
歌詞は睦月のレンゲルに対する葛藤、彼自身の心の内が綴られており、
聴く者にストレートに、かつオブラートに包むように伝えてくる歌である。
好き、上城睦月ファンは必聴である。
このキャラソンを歌うにあたって、演者である北条隆博椿隆之森本亮治と一緒にカラオケに行き、ちょっとした指導を受けたらしい。チソ訓練ではないのであしからず。
ちなみに収録時間が半日以上かかったとか。現役高校生に無茶させすぎてるのは気のせいだろうか。

関連タグ

仮面ライダー剣 仮面ライダーレンゲル
山中望美 嶋昇 城光 橘朔也 剣崎一真 相川始 学生ライダー

上城ありすドキドキ!プリキュア四葉ありすとのコラボネタ

黒葉ムツキ:別世界の睦月。

関連記事

親記事

仮面ライダー剣 かめんらいだーぶれいど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「上城睦月」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 228483

コメント