ピクシブ百科事典

ジョーカーアンデッド

じょーかーあんでっど

ジョーカーアンデッドとは、特撮ヒーロードラマ『仮面ライダー剣』に登場する怪人。
目次[非表示]

「俺とお前は、戦う事でしか解り合えない!!」

概要

53体存在するアンデッド(仮面ライダー剣)の中でどのカテゴリーにも属していない、またどの生物の始祖でもない特殊なアンデッド。
基本武器は腕に付いただが、1番の特徴はこの鎌で倒したアンデッドをカードに封印できる点である(他のアンデッドは他者を封印できない)。
バトルファイトでジョーカーが勝者となる(=その世界でアンデッドがジョーカーのみとなる)と身体から無数のダークローチと呼ばれる怪物を産み出し、地球上の全ての生命をリセットさせてしまう(ちなみにこのルール、なんとゲームの中の世界でも適用される模様)。

遥か昔より冷酷非情な戦闘マシーンとして他のアンデッドから恐れられていたが、ヒューマンアンデッドの力や様々な人間との出会いによって「」を知り、自分の運命に立ち向かっていく事になる。
詳しくは仮面ライダーカリス及び相川始の項目を参照。

ツール

ジョーカーラウザー

他のアンデッドはベルトのバックルがウロボロス型(内部にカテゴリーなどが記載)になっているが、ジョーカーはハートを模した形のラウザーになっており、中央にラウズカードをラウズする事でそのカードのアンデッドに擬態し、能力を使用する事ができる(後にディケイドが使用するカメンライドの先駆けと言えよう)。カリスや始の姿も、あくまでそれらのアンデッドの姿を借りているに過ぎない。

他のアンデッドを封印するジョーカーの力、アンデッドの力を得るジョーカーラウザー、そしてジョーカーが好んで擬態していたマンティスアンデッドが纏う鎧であるカリスベイル。
この世界ではこれらの要素を参考に、ライダーシステムが開発されることになった。

仮面ライダーディケイド

原典とは異なり、人間の細胞と封印されたカテゴリーAアンデッドの細胞から作られた人工アンデッドのラウズカードという設定で、『ブレイド』本編でいう改造実験体トライアルケルベロス(仮面ライダー剣)に近い位置付けになっている。
詳しくは四条ハジメの項目を参照。

その他

  • デザインモチーフは二股の帽子を被ったジョーカーのイラストから、触角の長いカミキリムシが選ばれている。
  • 尖った爪先や足の模様など、その他もトランプのジョーカーのイラストからヒントを得ている。
  • ジョーカーの亜種として、『アルビノジョーカー』が存在する。
  • 「ジョーカーアンデッド」という名義は商品名上の都合という側面が強く、本編中および視聴者からの呼称としては単に「ジョーカー」と呼ばれる事が多い。


関連タグ

仮面ライダー剣
仮面ライダーカリス
相川始
四条ハジメ
韮沢靖
アルビノジョーカー
アンデッド(仮面ライダー剣)

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョーカーアンデッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 293697

コメント