ピクシブ百科事典

エンドカード

えんどかーど

エンドカードとは、TVアニメ等で放送の最後に流れる一枚絵のことである。
目次[非表示]

概要

大概は、エンディング次回予告提供画面→エンドカードの流れであり、
大抵は「またみてね」とか「次回もお楽しみに」のコメントがつく。
(番組によってはエンディング次回予告→エンドカード、エンディング→エンドカードとなることもある)

一枚絵は基本的にアニメ本編のワンシーン、フェイクとしてのワンシーンなどを使用することもあるが、専用として書き下ろすケースも存在している。著名な漫画家がエンドカードのイラストを提供することもあり、シャフト製作のアニメにこの傾向が多い。
(ここ最近の作品(2012年以降)では、他のアニメでも見られるようになっているが…)
ゆゆ式』や『ご注文はうさぎですか?』のように、近年、本放送と再放送でエンドカードがちがうケースもある

作品によってはニコニコ静画にてエンドカードを募集する作品も存在するので、気になる方はニコニコ静画の方もチェックしてみるとよいだろう。
(pixivにもニコニコ静画で実際に応募した作品、中には実際にエンドカードとして使われた作品を投稿しているレアケースもある)

エンドカードとは呼べないかもしれないが、作品タイトルと「つづく」or「おわり」だけのシンプルなBBの物は昔のアニメや再放送系でも存在している。

アニメ以外では特撮作品でも行われることがあり、基本的には実写画像が使われるが、ガールズ×戦士シリーズ(主人公チームと妖精のイラスト。リアル頭身バージョンとちびキャラバージョンの2種類あり)のようにイラストが使われる場合もある。
そのほか、朝の連続テレビ小説大河ドラマでもそれっぽい演出は使われているので、探せば色々と見つかるかもしれない。

主な事例

※こうした事例もあると言う特殊事例である。ここでは、普通の書き下ろし1枚絵以外の事例を紹介する。

  • 視聴者からの投稿イラストを使用
例:アンパンマンプリキュアシリーズ(近年の作品ではイラストを募集していない)等

  • アニメ作品だが、エンドカードは実写画像(※実写の場合はアニメタッチのエンドカード)
例:アクティヴレイド



  • エンドカードの様な書き下ろしではなく、コンセプトアートや設定画等を掲載するケース

  • エンドカードで作品の題材に関する注意事項を描いてあるケース
    • ゆるキャン△』…作品の題材であるキャンプの注意事項
    • Dr.STONE』…作中で取り上げた実験や採取に関する注意事項

関連イラスト

左:みならいディーバの採用されたエンドカード。
右:ブブキ・ブランキ本家エンドカード。

みならいディーバ エンドカード
『ブブキ・ブランキ 星の巨人』第19話 エンドカード



関連タグ

テレビ テレビ番組 アニメ アイキャッチ
おわり 黒バスエンドカード事件簿

メイン画像エンドカード

フリージングより本編使用エンドカードを使用。

関連記事

親記事

テレビ番組 てれびばんぐみ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エンドカード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2650508

コメント