ピクシブ百科事典

ご注文はうさぎですか?

ごちゅうもんはうさぎですか

まんがタイムきららMAXで連載されている4コマ漫画。
目次[非表示]

作品情報

作者Koi
フォーマット4コマ
ジャンルギャグ日常系
出版社芳文社
連載誌まんがタイムきららMAX
連載開始2011年3月号(2010年12月号ゲスト)
単行本既刊6巻
連載状況連載中

概要

「ご注文はうさぎですか?」とはまんがタイムきららMAXで連載中の4コマ漫画である。
作者はKoi氏。略称は「ごちうさ」。

まんがタイムきららMAX2014年1月号でTVアニメ化が発表され、2014年4月からTOKYOMXサンテレビKBS京都AT-XおよびBS11、ついでに虎ノ門(当時)のお友達約1局にて放送された。きららMAX単独作品として3番目のアニメ化。また、2015年1月から3月にかけてBS11にて再放送が行われた。

2015年1月30日にアニメ第2シリーズの制作が明らかにされ、約5ヶ月後の6月末に2015年秋アニメとして放送する事を発表した。BS11以外では土曜日のプライムタイムでの放送に降格した一方、地上波ネット局は独立局3局にシェイプアップしている。なお第2シリーズのタイトルは「ご注文はうさぎですか??」とクエスチョンマークが増量されている。
2期放送に合わせTOKYOMXでは1期も同時に再放送を実施した。1期再放送と2期が同じシーズンに放送されるのも異例の展開と言える。

2016年7月から9月にかけてTOKYOMXにて2期の再放送が行われたが、なんと土曜35:00-35:30という想像を絶する時間帯に回されてしまった。

2016年9月に映画版の構想が明らかにされた。この時は2017年3月に公開するつもりでいたのだが、2017年3月に一旦白紙にされた。
しかし同年6月末に「今年(2017年)11月には公開します」と改めて発表され、同年11月11日以降順次全国47都道府県シネコンで上映されている。地方のシネコンで深夜アニメ上がりの映画が上映されること自体異例なのだが、全ての県までフォローとなると完全にレアケースである。

アニメーション制作はWHITEFOX→WHITEFOX・キネマシトラス(第2シリーズ)→production doA(映画版)。

エンドカード

アニメに限らずテレビ番組の中にはエンドカードが設定されているものがままあるが、この作品では、毎回違う漫画家やイラストレーターがエンドカードのイラストを担当していた。

そこまでは良い。

なんと、この作品では、再放送を行う度にエンドカードの差し替えが行われていたのだ。おかげでそのエンドカードのイラストだけで展覧会が行われたことがある。

なお、本作以外でも「ゆゆ式」などで再放送でのエンドカードの差し替えが行われている。

「お約束」

4月1日は公式サイトにおいて壮大なボケをかましては、多くのファンを混乱に陥れてしまうのがお約束となっている。

  • 2014年
 キャラクター項目のココア達を実写の本物のウサギに差し替え。
  • 2015年
ご注文は魔法少女ですか?」に差し替え。
  • 2016年
怪盗ラパン」に差し替え。
  • 2017年
チマメクロニクル」に差し替え。

ストーリー

「♪うっさぎ?うっさぎ?」と無邪気に、喫茶ラビットハウスにやってきたココア。実は、そこが彼女が住み込むことになっていた喫茶店で…。お店で出会う女の子たちも、クールでちっちゃいチノ、軍人気質なリゼ、おっとり和風な千夜、気品あふれる庶民派シャロと全方位からかわいさと笑い が炸裂!(第一巻帯より)

登場キャラクター

ココア(本名:保登心愛(CV:佐倉綾音)

ココアお誕生日おめでとう!


高校進学を機に親元を離れ、喫茶「ラビットハウス」で居候を始める。チノの自称お姉ちゃん。うざかわいさ宇宙一!好きな言葉は、もふもふ。
将来はパン屋さんかバリスタか国際派弁護士か…!?←弁護士も綴りは違うけど「バリスタ」だよね。
自称「お姉ちゃん」だが、そこにはあるコンプレックスが絡む(後述)。
 
チノ(本名:香風智乃(CV:水瀬いのり)

こころぴょんぴょん


喫茶「ラビットハウス」の一人娘。クールで、妹扱いしてくるココアに対して素直じゃないが、寝坊しそうなココアを「お姉ちゃん」の一言で起こす等密かに姉のように思っている。好きな言葉は、Stay hungry, stay foolish!
コーヒーに詳しい、しっかり者!
チマメ隊リーダー。祖父譲りの「カフェ・ド・マンシー(珈琲占い)」の使い手(但しまだまだ祖父には敵わない)。
 
リゼ(本名:天々座理世(CV:種田梨沙)

リゼとワイルドギース


喫茶「ラビットハウス」でバイト中。屈強な軍人気質だが、心の奥は乙女…!?好きな戦車は、九七式戦車。
ガーリーな状態だと「ロゼ」という二つ名が…。  
チマメ隊命名者&総司令。高校組の中では最年長で背も一番高い。(ある部分割と立派)
"ぐんいろモザイク"。
 
千夜(本名:宇治松千夜(CV:佐藤聡美)

千夜ちゃん


和菓子店「甘兎(あまうさ)」の娘さん。メインキャラクターの中では唯一愛称が漢字。ココアと同じ学校に通う。和ビューティ!好きな言葉は、カテキン。
見た目とは裏腹に、結構、ノリのいい人。
ネット界隈では鬼畜和菓子の方が通りが良い人。和菓子の日はこの娘が主役!
服装で目立たないことが多いが、ある部分かなり立派
 
シャロ(本名:桐間紗路(CV:内田真礼)

シャロ


リゼと同じ学校に通う。ココアと同い年。一見するとお嬢様に見えるが…
気品あふれる姿とは対照的に庶民的な暮らしをしている。千夜とは幼なじみ。カフェイン摂り過ぎでは酔っちゃうので要注意!←と云うよりコーヒー成分にか?
特待生になる位に頭脳明晰。身長は高校組で最も小さい(ある部分最も小さく、本人も気にしている)。
 
ティッピー(本名:ティッピー・ゴールデンフラワリー・オレンジペコ(CV:清川元夢)

ティッピー


アンゴラうさぎ…らしい。しゃべる…という説もある。
どうやらしゃべっているようじゃよ…。

マヤ(本名:条河麻耶(CV:徳井青空)

マヤちゃん


チノのクラスメイトで人懐っこく常に元気いっぱいな女の子。
リゼに軍の関係者だと勘違いされている。
チマメ隊切込隊長。チマメ隊の中で一番背が低い…
 
メグ(本名:奈津恵(CV:村川梨衣)

メグちゃんおめでと~!


チノのクラスメイト。おっとりとしていて、たまに抜けているところがある。
ココアに憧れている。
チマメ隊の中では一番背が高い、けれどボケ担当。長らくバレエをやっていて、得意技はピルエットくりゅくりゅり。おかげで平衡感覚に優れ、ぐるぐるバット程度の回転では大丈夫だが、他の運動神経は…
 
青山ブルーマウンテン(本名:青山翠(CV:早見沙織)

青山ブルーマウンテンさん


 落ち着いた雰囲気の女性で小説家。昔ラビットハウスでマスターに小説の意見をもらっていた。
机の下から喫茶店の店員さんを覗いたりするお茶目な一面も。
愛用の万年筆は宝物、なくしたら大変。
 
青山先生のマネージャー(本名:真手凛(CV:木村珠莉)

凛ちゃんさん


青山先生の仕事場のマネージャー。放浪癖の青山先生に手を焼いている。
青山先生とは高校時代の同級生。いざと云う時は当時の関係に戻る。そうなると青山先生の暴走を止められる唯一人の人に。
 
チノの父(本名:香風タカヒロ(CV:速水奨)

父


チノの父親でダンディな男性。夜のラビットハウスでバーのマスターをしている。
シブい外観に反してチノにかわいいお弁当を作ったり、千夜も唸る程のスイーツを作ったりする。
(名前はコミックス2巻で判明。ただし漢字は不明)

チノの母(本名不詳)

一年ぶりに


チノの母親でタカヒロの妻。見た目はチノと似ても似つかないがクールなチノとは違って明るい雰囲気を持っていた。作中では既に故人であるが、亡くなる前にラビットハウスの制服を作成していたり生前は夫と同様にジャズをやっていたなど意外な面もあった。

ココアの姉(保登モカ・名前漢字表記不詳)(CV:茅野愛衣)

モカねえ


ココアの姉。ココアの実家のパン屋で働いている。
妹とはとても仲良し。ココアにとっては様々な意味でどうしても超えられない壁
 
ココアの母(本名不詳)(CV:皆口裕子)

今年は


ココアの実家のパン屋で、モカと一緒に働いている。
おっとりとした感じの女性だが意外とお茶目。
実は、チノの母と懇意であった(コミックス6巻にて判明)。
 
リゼの父(本名不詳)(CV:東地宏樹)

ご注文はおやじですか??


↑画像から右の人物
ワイルドな風貌で、左目に眼帯をしている。
夜のラビットハウスに出入りしていて、チノの父とも面識があるらしい。

メグの母(本名不詳)(CV:井上喜久子)
バレエの講師をしていて、以前はメグとマヤもバレエを習っていた。
アニメ版では中の人も豪華である。
 
あんこ

【C90】うきわあんこ アクリルキーホルダー


和菓子店「甘兎庵」の看板うさぎ。体は黒く、冠をつけている。
よくカラスにさらわれ空から降ってくる。ティッピーに一目惚れした。シャロの兎恐怖症の元凶
 
ワイルドギース

シャロとワイルドギース


シャロの家に住み着いた、"元・不良うさぎ"。強面で隻眼の為に当初シャロにそう呼ばれていたが、シャロが世話をする事になった為に飼い兎に相応しい名前としてリゼが命名。
うさぎが苦手なシャロは頑張って受け入れたが、「ご飯は自給自足」と言っている。
 
※斜体はまんがタイムきららMAX、またはアニメ公式サイトからの引用

人物名について、コーヒーや茶などの飲み物の名前が由来になっている人物が多い(例外的なメグみたいな娘もいるが…)。ちなみにラテン文字表記が、ココアは「Cocoa」、シャロは「Syaro」、モカは「Mocha」になっている。

pixivでは登場人物の通称タグが多く使われることが一方で、他の意味と混同を避けるためかフルネームタグの使用頻度も高い。
そのため、pixivで個別のキャラクターについて検索するには、「保登心愛 OR (ココア (ご注文はうさぎですか OR ごちうさ))」で検索するなど工夫が求められる。

余談

「木組みの街」(別名「木組みの家と石畳の街」)が作品の主な舞台。ヨーロッパの北寄り(ドイツとか)にあるような木組みの建築(ハーフティンバー様式)が多く、喫茶店うさぎもやはり多い。路面も石畳で、自動車は街の外での移動にしか出てきていない。
作内の人物は日本語を使っているようで通貨単位も「」だが、「現役の軍人がいる」「昔は職業ごとに外壁の色を変える規則があった」のような日本との相違点もある。

アニメでの取材先は、公式ガイドによるとフランスの各地(アルザス地方のコルマールストラスブールなど、北東部のドイツ語圏が中心)とのこと。温泉プールはハンガリーブダペストに似ているものがある。NHKEテレの番組の一つ『旅するフランス語』の2016年度のChaptre22(この課ではコルマールを旅する)では暗に本作を示唆する「日本の有名なアニメに登場する建物のモデル」なる台詞があり、また同年度の『テレビで中国語』から本作のBGMが多用化され、2017年度に至っては「オーナーのひとりごと」コーナーのBGMとしてハーモニカの音色から始まる奴が完パケで一曲丸々用いられている。NHKEテレ『旅するユーロ』系はどうも本作の音楽の美しさがお気に入りの様である。

各回のサブタイトルは単行本の表紙のカバー下にメニュー形式で記されている。
アニメでは表記が「~話」ではなくうさぎを数える単位(兎専用数詞)である「~」。文章のような突飛なサブタイトルが多いが原作のサブタイトルも突飛なのは同じ

pixiv Spotlightでも特集が組まれている。
【今日もすべてがかわいい?】ご注文はうさぎですか?特集

関連イラスト

Is the order a rabbit? Ⅱ
Is the order a rabbit? Ⅲ


 (原作者様ご降臨)

関連タグ

連載誌まんがタイムきららMAX (期間限定でまんがタイムきららCarat及びアニメディアにもゲスト掲載)
アニメ化時期2014年春アニメ 2015年秋アニメ
用語ラビットハウス 甘兎庵 フルール・ド・ラパン 心ぴょんぴょん (`0言0́*)<ヴェアアアアアアアア 鬼畜和菓子
カップリング・グループタグチマメ隊 ココチノ 千夜シャロ シャロリゼ ココ千夜 リゼ千夜 (詳細は『ご注文はうさぎですか?』のカップリングタグを参照)
評価タグごちうさ100users入り ごちうさ500users入り ごちうさ1000users入り ごちうさ5000users入り ごちうさ10000users入り
四月馬鹿タグ魔法少女チノ(2015年) 怪盗ラパン(2016年) チマメクロニクル(2017年)
クロスオーバータグごちうさぐらし!ご注文はゾンビですか?(がっこうぐらし!) ごちモザ(きんいろモザイク)


ご注文はうなぎですか?
雨色ココア:ごちうさの男性版

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「ご注文はうさぎですか?」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80010661

コメント