ピクシブ百科事典

2017年

にせんじゅうしちねん

西暦2017年は平成29年。
目次[非表示]

概要

干支丁酉トランプ氏が第45代アメリカ合衆国大統領に就任。日本では、大政奉還から150年と日本国憲法公布から70年。東京オリンピックパラリンピックまであと3年になる。スポーツ界では、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が開催される。鉄道界では国鉄が解体して30年、JRが発足して30年になる。

話題

  • ドナルド・トランプ次期アメリカ大統領はメキシコに工場を作る計画があるフォードGMトヨタに「アメリカに工場を作らなけば35%の関税をかける」と恫喝、自由貿易体制を否定する姿勢に経済界の懸念強まる。
  • ドナルド・トランプ氏が第45代アメリカ合衆国大統領に就任。支持率が過去最低の40%、世界各地での反トランプデモが起こる中での多難な船出に。
  • pixiv本家が開設してから今年で10周年を迎える。
  • ホテルチェーン、アパホテルの客室に「南京事件」や「従軍慰安婦」の存在を否定する内容の書籍が置かれているとして、中国政府が猛反発。ホテルに対し書籍の撤去を要求したほか、訪日する中国人に対し、アパホテルの使用ボイコットを呼びかける報復措置をとる。
  • 佐賀県唐津市の市議会議員選挙に同姓同名の2人の候補が立候補し、選挙管理委員会が対応に苦慮する事態が起こるも、結果は2人とも当選。
  • 万引き犯とされる人物が映った防犯カメラの画像を、ネット上や店頭に公開する小売店が相次ぐ。
  • 領空侵犯の恐れのある国籍不明機に対する、自衛隊機のスクランブル(緊急発進)の回数が冷戦時代を上回る1000回になる。
  • 北朝鮮朝鮮労働党委員長金正恩の異母兄金正男氏がマレーシアで暗殺される。マレーシア警察は、実行犯のインドネシア人とベトナム人の女と北朝鮮籍の男を逮捕。のちに男は嫌疑不十分で釈放され国外退去。
  • 大阪・豊中市の国有地を学校法人・森友学園に格安で売却されていることが発覚。年端もいかぬ幼稚園児に「教育勅語」を詠唱、安倍政権の政策を礼讃させ、反中国・反韓国を学ばせる学園の教育方針に批判が集中する。さらに、学園が新設する小学校の名誉校長に安倍晋三首相の昭恵夫人が就任していたことが発覚。辞任するが夫人が公人か私人かで問題になる。認可取り消しとなるも理事長を辞任した籠池泰典氏が「2015年9月に安倍総理から100万円の寄付をした」という発言がきっかけで籠池氏の証人喚問に招集される。
  • 在韓米軍のTHHAD(最高度防衛ミサイル)配備の報復として、中国政府は韓国旅行停止と、配備用の土地を提供したロッテ製品の不買を国民に呼びかける報復を実施。
  • 韓国朴槿恵大統領の弾劾訴追案が憲法裁判所によって可決され、罷免が決定。罷免により失職した韓国史上初めての大統領となる。
  • 家電大手のシャープが、液晶テレビの国内生産を2018年に撤退する方針を決定。「世界の亀山モデル」に幕。
  • 野球のWBCで、日本代表は準決勝でアメリカに敗北し、世界一奪還はならず。小久保裕紀監督が退任を発表。アメリカが悲願の初優勝を果たす。
  • 「核兵器禁止条約」の交渉会議に核兵器保有国が反発し不参加、核の傘の下にある韓国も反対・不参加の意を示し、核抑止力を防衛の柱とする唯一の被爆国・日本も「核保有国と非核保有国の対立が深まることになり、かえって逆効果になる」として不参加を表明する。また、この一連の動きを無視する形でアメリカ・トランプ政権は核兵器の増強することを発表。
  • 4月に女子フィギュアスケート選手の浅田真央が、また5月には女子プロゴルファー宮里藍が、さらに8月には女子プロテニス選手の伊達公子が現役引退を発表。
  • 沖縄の首里城や京都の下鴨神社など、全国各地の世界遺産や寺社仏閣で油のような液体を撒かれる被害が相次ぐ。このうち、東京の明治神宮に液体を撒いたとして、中国人の女2人が指名手配される。
  • ミサイル発射などの挑発行動を繰り返す北朝鮮に対し、アメリカが原子力空母を含む艦隊を朝鮮半島近海に差し向け、緊張が増す。
  • 菓子メーカーのカルビーや湖池屋が、昨夏の台風や大雨の影響による北海道産ジャガイモの不作に伴い、一部のポテトチップスの製造販売を休止・終了を発表。また明治も販売不振を理由に主力商品「カール」の販売エリアを西日本のみに縮小すると発表。
  • アメリカのトランプ大統領が、自身の大統領選挙でのロシアによる干渉疑惑を捜査していた、FBI(連邦捜査局)のコミー長官を明確な理由を明らかにせずに電撃的に解任し、コミー氏に事態の経緯を証言しないよう恫喝。捜査を妨害するような大統領の言動に野党・民主党やマスコミは、「第二のウォーターゲート事件」「ロシアゲート」として批判。
  • 欧米など世界100か国のコンピューターシステムが、ランサムウェア(身代金ウィルス)によるサイバー攻撃を受ける。日本でも日立製作所などの企業や自治体が被害を受ける。
  • 全国の図書館で、所蔵する学校史や記念誌が切り取られたり、破られたりする被害が相次ぐ。
  • 秋篠宮家の長女眞子内親王の婚約が内定したと報道される。
  • サウジアラビアエジプトバーレーンアラブ首長国連邦UAE)の4ヶ国がカタールとの断交を発表。同国がイランと蜜月関係を築いていることや、アルカイダムスリム同胞団などのテロ組織を支援していることを理由に挙げている。アメリカ・トランプ大統領は断交を支持(後にアメリカ国務省はこれを事実上撤回)、リビアイエメンモルディブモーリタニアも追随する。
  • 1971年に警察官が殺害された「渋谷暴動事件」で46年間指名手配となっていた主犯格の男らしき人物が別件で逮捕される、後のDNA鑑定の結果本人と特定され、殺人放火など5つの罪で再逮捕されて身柄を警視庁に移される。
  • ドイツで行われた卓球の世界選手権で、日本勢は38年ぶりの金メダルを獲得するなど、5つのメダルを獲得する大健闘。
  • アメリカのトランプ大統領が、アメリカを除くG7諸国やローマ教皇・フランシスコの説得を無視して地球温暖化対策の国際的枠組みである「パリ協定」からの脱退を発表。国際社会のみならず、米国内からも非難が相次ぐ。
  • プロ野球巨人が、球団創設以来初の13連敗を記録。
  • 天皇陛下の退位に関して『天皇退位に関する特例法』が自由党を除く全会一致の議決により成立、「一代限りの特例法にしない」との菅官房長官の発言が承認され、「天皇の永続的継承」、「女性宮家の創設」についても検討するとの文言が盛り込まれる。
  • 愛知県新城市東名高速道路で対向車線から飛び出してきた乗用車が追い越し車線を走っていた観光バスの上面を直撃する衝突事故が発生。乗用車を運転していた男性は死亡したが、バスの乗員・乗客からは一切の犠牲者は出なかった。バス運行会社が2016年に発生した軽井沢でのバス転落事故以来、全車に常時インターネット接続のドライブレコーダーを装備し、異常発生時には自動的に本社に連絡が入るように設定するなど、安全対策を徹底していたことが功を奏したとされる。
  • 共謀罪の主旨を盛り込んだ「テロ等準備罪防止法」が参議院法務委員会審議を打ち切り、参議院総会で異例の中間報告を行ったうえで与党自民党公明党日本維新の会の賛成で成立、国連特別報告者・カナタチ氏に個人の「表現の自由」が侵害されるとの公開書簡に日本政府は反発、無視したことにより法律の恣意的運用が起こるのではないかとの懸念と批判が広まる。
  • 5月1日JR東日本の豪華寝台列車「TRAIN SUITE 四季島」が、6月17日にはJR西日本の豪華寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」がそれぞれ営業運転を開始。
  • 沖縄で行われたAKB48の選抜総選挙で、NMB48の須藤凛々花が結婚を発表し、他メンバーやOG、ファンから批判的な声が寄せられる。
  • 将棋の最年少プロ棋士の、藤井聡太四段が、竜王戦決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段に勝ち、公式戦29連勝の新記録を達成。連勝記録を30年ぶりに塗り替えるが、同決勝トーナメント2回戦で佐々木勇気五段に敗れ、30連勝はならず。
  • アメリカのトランプ大統領が出した、イスラム圏7か国からの入国を禁止する大統領令について、連邦最高裁判所が、10月の再審理までの措置として命令の一部を認める判断を出す。決定に対し大統領は勝利宣言を出すも、国内外からの批判は必至。
  • 稲田防衛大臣が、東京都議会議員選挙の自民党候補者の応援演説で、「自衛隊、防衛省も応援したい」と発言。政治的関与を禁じる自衛隊法に抵触しかねないとして後に撤回するも、野党からは辞任を求める声が上がり、自民党内からも批判の声が相次ぐ。
  • 台風3号が九州から四国へ上陸、また台風が梅雨前線を刺激して北陸から新潟県などで豪雨による災害が発生。特に九州では台風通過後に発達した線状降水帯に次々と覆われ、極めて甚大な災害となる。
  • 国連で制定交渉が行われていた「核兵器禁止条約」が122ヶ国の賛成により採択されたが、5つの国連常任理事国、インド、イスラエル、パキスタンなどの核保有国が反対し、北朝鮮も不参加、アメリカの核の傘にある日本、韓国も参加する意思がないことを表明したため、条約の実効性は絶望的。
  • G20経済サミットで自由貿易を主張する19ヶ国と保護貿易を主張するアメリカとの対立が深刻化、同サミットでも開かれた地球温暖化対策会議にも冷淡な態度を崩さないアメリカ・トランプ政権の孤立化がさらに進行する。
  • かまれると最悪死に至る強毒性のアリ「ヒアリ」が大阪・神戸・名古屋・東京の各港で発見され、環境省が警戒を強める。
  • 大相撲名古屋場所13日目で、横綱白鵬が元大関魁皇(現浅香山親方)の持つ通算勝ち星1047勝の記録を更新。
  • アメリカのトランプ大統領が目玉政策として掲げていた、医療保険制度改革「オバマケア」の廃止・新制度創設が、与党共和党の上院議員の反対により頓挫。また、報道官を務めていたスパイサー氏が、広報部長にスカラムチ氏を任命したことに抗議して報道官を半年で辞任、また、プリーバス大統領首席補佐官を事実上更迭、広報部長に就任したはずのスカラムチ氏も暴言を連発したことにより10日間で更迭するなど、政府高官の対立、政権の混迷ぶりが露わに。
  • アメリカのセッションズ司法長官がロシアと接触をもったことを理由に「2016年・アメリカ大統領選、ロシア関与疑惑」の捜査にかかわらないことを表明した件について、トランプ大統領が不満をツイッターに表明、辞任圧力が強まる。
  • 保守的な国柄で知られるアイルランドセルビアで、同性を公言する首相が誕生。
  • 北海道の民間宇宙ベンチャー企業が、自社で開発した超小型ロケット「MOMO」の打ち上げ試験を行い、打ち上げるも、ロケットとの通信が途絶。目標としていた宇宙空間への到達はできなかったものの、日本における民間企業によるロケット開発の大きな一歩となる。
  • 軍事的威嚇を繰り返す北朝鮮にアメリカ・トランプ大統領は「北朝鮮がこれ以上、アメリカを脅すのであれば、北朝鮮は世界が見たことのない炎と怒りに包まれるだろう」と牽制。これに対し北朝鮮は、アメリカ・グアム沖に向けて、中距離弾道ミサイル4発を発射し、日本の島根県広島県高知県上空を通過すると発表。発表を受け、防衛省は、通過する3県と愛媛県陸上自衛隊駐屯地に地対空誘導弾PAC3を展開。周辺国を巻き込んだ軍事衝突が起きるのではないかとの懸念が強まる。
  • 8月12日、18:00に羽田空港を出発し伊丹空港へ向かっていたNH37便(B777-200型、乗客・乗員273人)が伊豆大島上空で機内の気圧が急激に低下したとして羽田に引き返して緊急着陸。けが人等は発生しなかったが、この日が日本航空123便墜落事故の発生からちょうど32年目、さらには出発時刻等も同便と同一だったということで話題に。
  • トランプ大統領はバノン首席戦略官を解任、政権の黒幕と言われたバノン氏の更迭に政権が与党・共和党主流派と協調して穏健化するとの見方と、トランプ氏をコントロールしていた人物がいなくなったことにより、さらに孤立化し過激化するのではないかとの見方に分かれていたが、連絡を取りあっていたことがわかり、穏健化の期待は裏切られる。
  • 夏の高校野球で広島・広陵高校の中村奨成選手は23打数16安打の打率.696(安打数は甲子園記録タイ)、これまでの甲子園記録PL学園・清原和博選手の5本塁打を上回る6本塁打、6二塁打、17打点、出塁率.741、長打率.1.652の六冠を達成。
  • 民進党の前原新代表が、新執行部人事で、山尾志桜里元政調会長の幹事長起用を決めたものの、党内の反対から撤回。さらに、山尾氏が弁護士と不倫したと週刊誌で報じられ、山尾氏は離党を表明。党はさらに窮地に立たされる。
  • フジテレビで7月末に放送されていた27時間テレビが大幅リニューアル。9月に移行し収録放送となった。
  • ミャンマー政府はイスラム教を信仰する少数民族・ロヒンギャを弾圧、ミャンマーの最高指導者・アウン・サン・スーチー氏も軍部の弾圧を承認したことにより国際社会の批判が相次ぐ。
  • 群馬県埼玉県の同系列の惣菜店で、総菜を購入した24人が食中毒の症状を訴え、このうち3歳の女児が死亡。患者から腸管出血性大腸菌O-157が検出される。当初感染源は、患者が共通して購入したポテトサラダと見られていたが、女児は炒め物を食べて発症したため、二次感染の可能性も視野に保健所が調査中。
  • アメリカ・トランプ大統領は国連総会の演説で、北朝鮮による日本人拉致について言及したうえで、「北朝鮮がこれ以上アメリカと同盟国の平和を脅かせば、北朝鮮を完全に破壊するしかない」と発言、国際社会に衝撃が走る。
  • IOC(国際オリンピック委員会)は、2020年東京オリンピック・パラリンピック後の夏季大会の開催地を、2024年はフランス・パリで、2028年をアメリカ・ロサンゼルスで開催することに決定。2大会の会場が同時決定されるのは異例。
  • 小池百合子都知事を代表とする国政政党『希望の党』が結党。次期衆院選での政権交代を目指すと明言。
  • アメリカ・ラスベガス中心部で、男がホテルの客室から通りを隔てたコンサート会場に向かって自動小銃を乱射。59人が死亡し500人以上が負傷するアメリカ史上最悪の銃撃事件に。犯人の男は警官隊突入前に自殺。
  • アニメ「けものフレンズ」のたつき監督が、KADOKAWAサイドから続編の監督を降板させられたと明らかにし、ファンの間に動揺と衝撃が広がる。→たつきショック
  • 「核兵器禁止条約」を主導した国際NGO・I CAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)がノーベル平和賞]を受賞、しかし、ノーベル文学賞を受賞した日系イギリス人・イシグロ氏に安倍首相がすぐにお祝いのコメントしたのとちがい、2日たって外務省がようやくコメントするなど、日本政府の冷淡な対応が際立つ。
  • アメリカ政府は国連の専門機関のひとつ・ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)からの脱退を表明、ユネスコは紛争と貧困からくる教育の機会の救済、世界的な文化・歴史遺産の保護を目的とする国際機関であるが、アメリカはユネスコがパレスチナ寄りであり、反イスラエル的であるとしてオバマ政権時代から分担金支出を凍結、トランプ政権はイスラエルとともに機関からの脱退を表明した。
  • トランプ大統領は2年前にイランと欧米諸国、中国、ロシアが合意・履行している『イランの核開発制限に関する国際協定』を「イランは合意を遵守していない」と批判、合意からの離脱とイランに対する制裁を議会で協議し、60日以内に結論を出すことを求める演説を行った。これに対し、イランを含む合意国は国際協定を反故にするトランプ大統領の対応を批判、アメリカと国際社会の対立が深まりつつある。
  • 今年6月、神奈川県東名高速道路で一家4人が乗ったワンボックスカーが、大型トラックに追突され、夫婦が死亡した事故で、事故直前にパーキングエリアでトラブルになった男にワゴン車で追いかけられた末に追い越し車線に無理やり停車させれたことが判明。男は逮捕されるが、危険運転致死傷罪より軽い過失運転致死傷罪での逮捕に世間からは、疑問と憤りの声が上がる。事故後、危険なあおり運転をする運転手を指す「ロードレイジ」という言葉が知られるようになる。また、この事件を知ったネットユーザーにより事件とは全く関係のない人物の住所が拡散、脅迫電話をかける事態が頻発、問題となる。
  • アメリカ・ハリウッドの大物プロデューサー、ワインスタイン氏が長年にわたって女優やモデルに対し、セクハラを行っていたとして映画界から永久追放される。以後、アメリカで著名な俳優やテレビキャスターによるセクハラ行為が相次いで発覚する。
  • 10月22日の衆議院総選挙で与党・自民党は284議席、連立を組む公明党も19議席を獲得したことで憲法改正の発議に必要な2/3以上の議席を確保、憲法改正に積極的な日本維新の会も11議席を確保したことで憲法9条改正が重要な議題となる可能性が高くなる。
  • スペインカタルーニャ州が中央政府の警告を無視して一方的に独立を宣言、これに対し中央政府はプチデモン・カタルーニャ州首相、州警察幹部を解任し、プチデモン氏をはじめとする州の閣僚らを国家反逆罪、扇動罪で訴追、州政府機能の停止を宣言。一方、EU、アメリカをはじめとする国際社会は独立を認めない方針。
  • チェコで行われた下院議会選挙で、日系人のトミオ・オカムラ氏が党首を務める極右新党「自由と直接民主主義」(SPD)が第3勢力に躍進。
  • 日本政府が提唱した「核廃絶発議」が国連で討議され、発表されたた宣言案に「核兵器禁止条約」に言及がなく、「核抑止論」にも理解があるようにもとれることから、賛成国が2016年の177ヶ国から144ヶ国に激減、日本に批判が集中する。
  • 地質学の物差しである地質年代のうち、約77万~12万6千年前に当たる時代の名称が、「千葉時代」を意味する「チバニアン」に内定。正式に決定されれば、地質年代に初めて日本の地名が付く快挙に。
  • 安倍首相の友人が理事長を務める学校法人加計学園が、愛媛県今治市に設置中の岡山理科大学獣医学部が、文部科学省の審議会で正式に認可される。これに対し、野党側は反発。政府与党を徹底追及する構え。
  • アメリカ銃乱射事件が続発するなか、全米ライフル協会を支持母体の一つとするトランプ大統領はたび重なる乱射事件を個人の問題とし、銃規制法の制定には否定的な姿勢を見せる。
  • アフリカ南部ジンバブエで、ムガベ大統領が来年の大統領選挙の後継候補としていた副大統領を突如解任し、浪費癖があり国民から批判を受けている妻を推したことに軍が反発。クーデターとみられる動きを見せ、大統領を自宅に軟禁状態に置き、辞任を求める。当初大統領は辞任を拒否したものの、与党や議会が弾劾に向けた手続きを進めたことを受け、辞任を表明。独立から37年間続いた独裁政治は終焉を迎えた。
  • アメリカ・サンフランシスコ市で中国系アメリカ人が寄贈した「慰安婦像」を「市の公共物」とすることを議決したことに対し、大阪市の吉村洋文市長はサンフランシスコ市のリー市長がが拒否権を発動しなければ姉妹都市協定を破棄すると通告、リー市長が吉村市長の通告を拒否し「慰安婦像」を市の公共物とすることを決定したため姉妹都市協定の破棄が決定する。
  • 北朝鮮の木造漁船が日本海北部での漂流が相次ぐ。
  • 北朝鮮が新型ミサイル火星15号を青森県沖約250キロに発射、三段式の新型ICBMとみられ、この暴挙にアメリカ・トランプ大統領は北朝鮮・金正恩朝鮮労働党委員長を「リトルロケットマン」、「狂ったやせ犬」と罵倒。
  • アメリカのトランプ大統領が、中東のエルサレムイスラエルの首都であると宣言し、同国の商業都市テルアビブにあるアメリカ大使館をエルサレムに移転すると発表。中東和平交渉に引き続き関与すると表明。これに対し、イスラエルは歓迎する一方、パレスチナをはじめ、イスラム諸国や国際社会は中東和平の崩壊を招くと批判。イスラム過激派によるテロの口実になりかねず、中東情勢の不安定化は必至の情勢。
  • 北海道日本ハムファイターズからポスティングシステムを利用してMLB挑戦を表明していた大谷翔平の移籍先がロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムに決定する。


文化・カルチャー

2017年冬アニメ2017年春アニメ2017年夏アニメ2017年秋アニメ


主な出来事

1月国連のグテーレス新事務総長が就任。トルコ最大の都市イスタンブールのナイトクラブに、何者かが襲撃して銃を乱射し、少なくとも39人が死亡。韓国朴槿恵大統領の親友による国政介入事件で、親友の娘であるチョン・ユラ氏が滞在先のデンマークで拘束される。東京・浅草寺近くで5階建てビルが火災、男性1人死亡。箱根駅伝で往路優勝した青山学院大学が、3年連続の総合優勝。出雲、全日本に続き、大学駅伝3冠を達成。フランス東部の大学に留学中の筑波大学の女子学生が行方不明になっている事件で、地元警察はICPOを通じて元交際相手のチリ人の男を殺人容疑で国際手配。山形県の吉村美栄子知事が異例の2回連続無投票で3回目の当選。男女3人組バンドいきものがかりが活動休止を発表。韓国・釜山の従軍慰安婦像設置問題で、日本政府は駐韓大使と釜山総領事を一時帰国させることを決定。ノルウェーが今年末に、FMラジオを完全撤廃すると発表。実現となれば、世界初。台湾蔡英文総統が中南米訪問に先立ち、アメリカを訪問し上院議員と会談。中国の反発必至。全国高校サッカー選手権で、青森山田高校が初優勝。平日昼間に賭けマージャンをして批判を浴びた、福岡県飯塚市の市長と副市長が辞任表明。講談社編集次長が妻殺人の罪で逮捕。中国空軍機が対馬海峡を往復飛行。航空自衛隊がスクランブル(緊急発進)するも、領空侵犯はなし。FIFA(国際サッカー連盟)が、2026年のワールドカップから出場枠を現在の32チームから48チームに拡大することを決定。日本老年学会が高齢者の定義を現在の65歳以上から、75歳以上に引き上げることを提言。政府が2019年元日に皇太子さまが新天皇に即位し、同時に元号を改める方向で検討を進めていたが、宮内庁は「正月は皇室にとって重要な儀礼が続く」ことから否定的な見解を示す。台湾で2025年までに脱原発を定めた改正電気事業法が可決。新豊洲市場の9回目のモニタリング調査で地下水から基準値の79倍のベンゼンが検出。世界最小クラスの衛星打ち上げロケット「SS-520」4号機が鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられるも、通信途絶で失敗。大阪府四条畷市長選挙で28歳の新人候補が初当選。全国最年少の市長が誕生。イギリスのメイ首相がEU単一市場からの離脱を表明。文部科学省による組織的な天下りあっせんが発覚。事務次官が引責辞任。アメリカのトランプ大統領が就任早々、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の離脱と、NAFTA(北米自由貿易協定)の見直しを表明。順位戦リーグC級2組に所属していた将棋の現役最年長、加藤一二三・九段(77歳)が同組最下位が確定、現役引退が決まるが、その後の対局でB級1組に所属する飯島栄治七段に勝利、現役最年長勝利を更新する。大相撲初場所で大関・稀勢の里が初優勝。横綱昇進を内定させ19年ぶりの日本出身横綱に。教員採用試験での口利き疑惑で批判を浴びた沖縄県の安慶田副知事が、辞任を表明。競走馬の降級制度を来夏廃止される見通し。ノーベル賞作家の川端康成の書庫から、夏目漱石らの書が発見される。防衛省初の通信衛星「きらめき2号」を載せたH2Aロケット32号機の打ち上げが成功。5年前に長崎県対馬市の寺から韓国人窃盗団に盗まれた仏像について、所有権を主張する韓国の寺が韓国政府に仏像の引き渡しを求め訴えた裁判で、裁判所が請求を認める判決。日韓関係悪化に拍車。和歌山県御坊市で集団食中毒が発生。小中学生や園児ら719人が発症し、市内全ての小中学校幼稚園が休校に。トランプ大統領がイスラム圏7ヶ国からの入国禁止と難民受け入れ停止の大統領令を公布。空港で混乱が起こり各国首脳が非難する異例の事態に。競泳の東京都選手権で、男子平泳ぎ200mの渡辺一平選手が世界新記録で優勝。カナダ・ケベック州のモスク(イスラム教礼拝所)で地元の大学生の男が銃を乱射し、11人が死傷。東京23区三鷹市武蔵野市タクシーの初乗り運賃が、2㎞730円から約1㎞410円に値下げ。
2月アメリカのジェームズ・マティス国防長官がトランプ政権の閣僚として初来日。安倍首相・稲田防衛相と会談。小池都知事自民党都連との代理戦争と位置付けられた東京・千代田区長選挙で、小池知事が支援した現職が、自民都連が擁立した新人候補に大差で勝利。アメリカ・ワシントン州の連邦地裁が、イスラム圏7か国からの入国禁止の大統領令の一時差し止めを命じる。これに対しトランプ政権側は上訴の構え。ルーマニアで一定金額未満の汚職を免罪とする法案に国民が反発。国内各地でデモが起き、政府は法案の撤回を発表する事態に。松山英樹が米国男子ツアー「ウェイスト・マネジメント・フェニックスオープン」で、ウェブ・シンプソンとのプレーオフを制し日本人初の連覇達成。自身も丸山茂樹を抜いて全米ツアー4勝目。安倍首相がアメリカ・ホワイトハウスでトランプ大統領と首脳会談を行い、日米同盟と経済関係の強化を確認。北朝鮮がトランプ政権発足後初の弾道ミサイル発射。アイスホッケー平昌オリンピック女子最終予選で日本代表が、ドイツを下し、オリンピック出場決定第1号となる。フリン・アメリカ大統領補佐官が就任前にロシア大使と接触していたことが発覚、対露制裁緩和についても協議していたことから補佐官を辞任、トランプ政権にとって大きな痛手となる。電機大手東芝がアメリカの原発事業の不振から、今年度7100億円の損失を計上する見通しを示す。埼玉県三芳町のアスクル物流センターで大規模な火災が発生。消火活動に手間取り、正式に「鎮火」となるまで2週間弱かかる。インドが一度に104機の人工衛星を搭載したロケットの打ち上げに成功。将棋の女流3級で、ポーランド出身のカロリーナ・ステチェンスカ氏が女流プロ棋士に昇格。男女通じて初の外国人棋士が誕生。NASA太陽系から39光年離れた「トラピスト1」という赤色矮星を周回する7つの地球サイズの惑星を発見、内3つには生命存在の可能性があると発表。圏央道の境古河IC-つくば中央IC間が開通し、同高速道路のおよそ9割が完成。アカデミー賞授賞式が行われ、登場したスターや監督が反トランプを表明する異例の事態に。サムスン電子が未来戦略室を廃止を決定。事実上の崩壊へ。
3月女優の堀北真希が2月末日をもって芸能界を引退したと発表。スウェーデンが2018年から7年ぶりに徴兵制を復活させることを決定。中国の2017年度の国防費が初の1兆元(約16兆5000億円)を突破することが確実に。石原慎太郎元東京都知事が記者会見を開き、築地市場の豊洲移転決定までの経緯を説明、しかし、かつての部下と当時の議会に責任を転嫁、「豊洲が安全であるにもかかわらず移転をしないことも現在の小池都知事に過失がある」と言及する。自民党は党総裁の任期を現在の「2期6年」から「3期9年」にすることを決定、安倍政権の長期化を目指すことが目的と思われる。長野県内で防災ヘリコプターが墜落。乗っていた9人全員の死亡が確認される。北朝鮮が2月に続き日本海へ向けて4発の弾道ミサイルを発射し、内3発が日本の排他的経済水域に着弾。宅配最大手のヤマト運輸が27年ぶりになる宅配料金の値上げを検討へ。日本郵便もネット通販業者に対し値上げ要請へ。「千里馬(チョルリマ)民間防衛」を名乗る脱北者団体が、北朝鮮の金正男氏の長男ハンソル氏とする人物が映った動画を公開。韓国国家情報院は動画の人物はハンソル氏本人と断定。マレーシア警察はクアラルンプール国際空港で殺害された男性を金正男氏と断定。大阪の学校法人森友学園を巡る問題で、学園が大阪府に対し小学校設置の許可申請を取り下げる。籠池泰典氏は責任を取って理事長を辞任。その後、籠池氏が「2015年9月に安倍総理から100万円の寄付をした」という発言がきっかけで籠池氏の証人喚問が決定。日本政府は南スーダンにPKОとして派遣している自衛隊を撤収させることを決定。オランダの下院議会選挙で、政権与党の自由民主党が第一党を維持。躍進が注目された極右政党の自由党は、伸び悩むも第三党に。福島第一原発事故で、群馬県に避難した福島県の住民137人が、国と東京電力に損害賠償を求めた集団訴訟で、前橋地裁は、国と東京電力に3800万円余りの支払いを命じる判決を言い渡す。原発事故をめぐる裁判で国の責任が初めて認められる。イギリスロンドンの国会議事堂付近で、男が車で大勢の歩行者をはねた後、警官を刺し、警官を含む3人が死亡、29人がケガ。男は駆けつけた別の警官によって射殺。イギリス政府はテロと断定。修学旅行の高校生ら295人が犠牲となった韓国フェリー転覆事故で、沈没した客船セウォル号が3年ぶりに引き上げられる。森友学園を巡る問題で、学園の籠池泰典理事長が国会の証人喚問に出席。安倍首相の妻明恵氏を通じて、首相から100万円の寄付を受けたと発言。千葉県我孫子市の排水路わきの草むらで、3日前から行方不明になっていた、松戸市に住む小学3年生のベトナム人少女が遺体で見つかる。警察は殺人・死体遺棄事件として捜査。栃木県那須町のスキー場で雪崩が発生。雪山訓練中の高校生と教諭の8人が死亡し、40人が負傷。格安旅行会社の「てるみくらぶ」が破産。9万人の顧客の渡航に影響。アメリカのトランプ大統領が、新たな地球温暖化対策の大統領令に署名。オバマ政権時代の政策から後退する内容に批判の声が相次ぐ。マレーシアで暗殺された北朝鮮の金正男氏の遺体が北朝鮮に引き渡され、事件解明は困難に。韓国検察が朴槿恵大統領を収賄などの容疑で逮捕。史上初の大阪勢同士となった春の選抜高校野球決勝戦は、大阪桐蔭が履正社を8-3で下し、5年ぶり2度目の優勝を果たす。東芝の子会社で、アメリカの原子力企業ウエスチングハウスが経営破たん。大阪市営地下鉄を来年4月に民営化する条例案が、大阪市議会で可決、成立。公営地下鉄が全国で初めて株式会社に移行される。
4月電力に続き、都市ガスの小売りも全面自由化される。富士重工業が創業100周年を機に、社名を自動車ブランドと同じ「SUBARU」に変更。常磐線の小高駅 - 浪江駅間が6年ぶりに復旧。ロシアサンクトペテルブルクの地下鉄で爆弾テロが発生し、少なくとも14人が死亡。対北朝鮮関係が緊張する中、日本政府は日米韓3ヶ国の連携のため在韓大使、釜山総領事を任地に戻すことを決定。スウェーデンの首都ストックホルム中心部で、トラックがデパートに突っ込み4人が死亡。当局はテロと断定し、ウズベキスタン人の男を逮捕。シリアのアサド政権による化学兵器使用に対する報復として、アメリカ海軍が同国の軍事施設を巡航ミサイルで攻撃。ユナイテッド航空の国内線で、定員オーバーを理由にアジア系の男性客が機内から強制的に引きずり降ろされる様子を写した動画が世界中に拡散。同社に大量の非難が殺到し、CEOが謝罪する事態に。ドイツブンデスリーガ1部、ボルシア・ドルトムントの一行を乗せたバスが近くで起きた3度の爆発に巻き込まれ、乗っていた選手1人が軽傷。なお、このバスには同チーム所属の香川真司も同乗していたが怪我はなかった。千葉県我孫子市の排水路わきの草むらで、小学3年生のベトナム人少女が殺害され、遺棄された事件で、警察は、少女が通う小学校の保護者会長を務める男を死体遺棄の容疑で逮捕。トルコ大統領権限の強化を盛り込んだ、憲法改正の国民投票で、賛成が反対を僅差で上回り承認。欧米各国は独裁への道を開くとして懸念を表明。福岡市で現金3億8000万円余りが入ったスーツケースが強奪される。フランス・パリのシャンゼリゼ通りで、男が自動小銃を乱射し警官3人が死傷。男はその場で射殺される。今月23日の大統領選挙に影響か。自民党の中川俊直衆議院議員が不倫を理由に経済産業政務官を辞任・離党。今村雅弘復興相が、所属する二階派のパーティーで、東日本大震災について「東北でよかった」と発言し辞任。事実上の更迭。民進党長島昭久衆議院議員が、共産党との共闘を進める執行部に反発し離党。また、独自の憲法改憲案を発表した細野豪志代表代行が、役職を辞任する。指定暴力団山口組から分裂した神戸山口組の一部組員が離脱し、新団体「任侠集団山口組」の結成を表明。警察はみつどもえの抗争に警戒。
5月安全保障関連法に基づいて海上自衛隊の護衛艦・いずもが米艦防護のために横須賀から出港、太平洋上でアメリカ海軍の補給艦と合流後、四国沖まで同行する予定。安倍首相が読売新聞のインタビューに対し、憲法9条自衛隊の根拠規定を盛り込むことと、2020年の新憲法施行を目指す方針を表明するが、これらの意見を国会や記者会見ではなく一つのメディアにのみに発表、「内容は読売新聞を読んでください」との安倍首相の答弁に国会が紛糾、批判が続出する。広島市の広島中央警察署の金庫から、詐欺事件で押収された現金約8500万円が盗まれているのが見つかる。東北地方で暴風による被害が相次ぎ、宮城県岩手県では大規模な山林火災が発生。フランス大統領選挙で、中道無所属のマクロン候補が、極右国民戦線ルペン候補を決選投票で破って勝利。韓国大統領選挙で、革新系の文在寅(ムン・ジェイン)候補が当選。9年ぶりに政権交代が実現。北朝鮮が、韓国の文在寅大統領就任後初となるミサイル発射実験を実施。北海道南部で陸上自衛隊の連絡偵察機が消息を絶ち、翌日の捜索で墜落した機体と搭乗していた隊員4人全員の遺体が発見される。国連の拷問禁止委員会が、韓国政府に対し、慰安婦問題の日韓合意について見直すよう勧告。日本政府は反発。アメリカ・ニューヨークのタイムズスクエアで車が暴走し、通行人を次々と撥ね、1人死亡、22人がケガ。共謀罪の構成要件を厳格化した、「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案が、衆議院法務委員会で与党と日本維新の会の賛成多数で可決。野党側は廃案に向け徹底抗戦の構え、その一方で国連特別報告者・ジョセフ・ケナタッチ氏が「同法案は人権侵害の疑いがある」との書簡を日本政府に送付したが、日本政府はこれに反発。英マンチェスターで米歌手アリアナ・グランデのコンサート終了直後に自爆テロが発生し、実行犯を含む22人が死亡。後に過激派組織ISILが犯行声明を発表。日本将棋連盟は7大タイトル戦に「叡王」戦を加えて8大タイトル戦とすることを決定。インドネシアの首都ジャカルタでも自爆テロが発生。実行犯2人と警察官3人が死亡。元KAT-TUNメンバー田中聖大麻所持の容疑で現行犯逮捕される。レーシングドライバーの佐藤琢磨インディ500で日本人初優勝を果たす。1990年代を中心に活躍した元アイドル歌手で女優の川越美和2008年に35歳で孤独死していたと報じられる。大相撲力士の関脇高安大関昇進が正式に決定。伝達式で「正々堂々精進します」と口上を述べる。アフガニスタンの首都カブールで自動車爆弾が爆発し90人が死亡。また日本大使館の職員2人を含む400人以上が負傷。違法賭博で無期限の試合出場停止処分を受けていた、男子バドミントンの桃田賢斗選手が1年2か月ぶりとなる復帰戦で優勝を果たす。
6月男子ゴルフのタイガー・ウッズ選手が、アメリカ・フロリダ州で飲酒か薬物を服用して車を運転したとして逮捕。東京都の小池知事が、地域政党「都民ファーストの会」の代表就任と、自民党に離党届を提出したことを発表。7月の都議選に向け、自民党との対決姿勢を鮮明に。日本版GPSにあたる準天頂衛星「みちびき2号」を載せたH2Aロケット34号機の打ち上げが成功。フィリピンの首都マニラにあるリゾート施設に男が押し入り、銃を乱射した後放火し、36人が死亡。犯人も自殺を図り死亡。地元警察は、テロの可能性は低く、強盗事件として捜査。フィリピンで先月末から日本人男性2人が行方不明になっている事件で、現地在住の日本人の男が殺人の疑いで逮捕される。富山県立山町の北アルプスで男性4人が乗った小型飛行機が墜落し、全員の死亡が確認される。イギリス・ロンドンのロンドン橋で車が歩道を暴走し、歩行者をはねた後、車に乗っていた男らが近くの市場にいた人々をナイフで襲撃し、7人が死亡。犯人も全員射殺され、警察はテロとして捜査。茨城県大洗町にある日本原子力研究開発機構の研究施設で、放射性物質が入った袋が破裂して中身が飛散し、作業員5人が被曝。うち一人の肺から、22000ベクレルの高い数値の放射性物質が検出される。イランの首都テヘランにある議会とホメイニ廟が武装グループに襲撃され、12人が死亡。治安当局はテロと断定。福岡県小郡市で母子3人が殺害された事件で、警察は夫で福岡県警本部勤務の現職警察官を逮捕。イギリスの総選挙で、メイ首相率いる与党保守党が、第1党を維持するも過半数割れの実質的敗北。今後のEU離脱交渉に影響。陸上の日本学生個人選手権で、関西学院大学の多田修平選手が追い風参考ながら、日本人3人目となる9秒台をマーク。2020年東京オリンピックの新種目で、16種目が新たに追加され、過去最多の339種目で確定される。俳優の小出恵介が17歳の少女と飲酒し性的関係を持ったとして、無期限の活動停止処分を受ける。上野動物園でパンダのシンシンが子供を出産。イギリス・ロンドンで24階建ての高層マンションで火災が発生し少なくとも79人が死亡したと推定される。犠牲者はさらに増加のおそれ。アメリカ・バージニア州で、男が銃を乱射し、共和党幹部の下院議員・スカリス氏ら4人が撃たれ負傷、スカリス氏は重体。男はその後、警察に拘束後死亡。静岡県石廊崎沖でアメリカ海軍第7艦隊所属のイージス駆逐艦・フィッツジェラルドとフィリピン船籍の貨物船が衝突、駆逐艦は重大な損傷を受けたうえ乗組員7人が死亡、艦長ら3人が負傷。フランスの下院議会選挙で、マクロン大統領が率いる新党「共和国前進」が、議席の単独過半数を獲得し大勝。東京都の小池知事が、築地市場の豊洲移転と、築地市場跡を5年後をめどに再開発する方針を表明。玉虫色の方針に批判相次ぐ。自民党の豊田真由子衆院議員が、元秘書の男性に暴行とパワハラを働いた責任を取って、党を離党。長野県南部を震源とするM5.6の地震が発生。王滝村と木曽町で震度5強を観測し、2人が負傷。エアバッグの大規模リコールで経営難に陥った自動車部品大手のタカタが経営破たん。負債総額は製造業としては戦後最大の1兆7千億円の見通し。
7月東京都議会議員選挙で小池知事が代表を務める地域政党「都民ファーストの会」が追加公認を合わせて55議席を獲得し第一党に、同一歩調をとる公明党は23議席を取り安定多数となる。一方の自民党は改選前の57議席から23議席と歴史的とも言える大惨敗を喫する。アメリカ・トランプ大統領が大手メディアCNNに暴力をふるう動画をツイッターに公表、報道各社をはじめ与党・共和、野党・民主両党からも批判が殺到する。北朝鮮が国営メディアを通じて、ICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射に成功したと発表。アメリカ本土攻撃の現実味が増す。ISILに占拠されていたイラク第2の都市モスルをイラク政府軍が奪還。ISILは同国最大の活動拠点を失うことに。NASAの木星探査機「ジュノー」が大赤斑から9,000kmの距離まで接近し、これまでで最も解像度の高い画像を撮影。中国の民主活動家劉暁波氏の死去に関連し、中国当局がインターネット上での検閲を強化し、国外から非難が殺到。福島第一原発3号機の格納容器内に投入されたロボットが燃料デブリらしき物体がつらら状に垂れ下がり、さらに容器の底におよそ1メートルの厚さで堆積しているのを発見。与野党対決となった仙台市長選挙で、野党4党が支援した元衆院議員の郡和子氏が、与党が支援した候補らを破って初当選。支持率が低迷する安倍政権に痛手となる。民進党・蓮舫氏、党代表を辞任。稲田朋美防衛相、度重なる失態と南スーダン派遣部隊の日報隠蔽問題により事実上の更迭。大阪の学校法人森友学園の補助金不正事件で、大阪地検特捜部は、学園前理事長の籠池泰典と妻の諄子の両容疑者を詐欺容疑で逮捕。野球日本代表「侍ジャパン」の新監督に、稲葉篤紀氏が就任。
8月安倍総理が内閣改造を実施し、第3次安倍再々改造内閣が発足。オーストラリアで米豪軍事演習に参加していた普天間基地所属のV-22オスプレイが墜落し、搭乗していた隊員26人中3人が死亡。民進党の細野豪志元環境相が離党し、新党結成を目指すことを表明。ロシアのプーチン政権はアメリカ議会が「対露経済制裁」を強化した法案を圧倒的多数で採決し、トランプ大統領が渋々サインしたことに対する報復として、アメリカの駐ロシア外交官2/3にあたる755人を国外追放。中国・四川省でM6.5の地震が起き25名死亡、多くの負傷者が出たほか、世界遺産・九寨溝に地割れが起きるなど大きな被害。山梨県山梨市の職員採用試験を巡り、虚偽の書類を作成したとして、現職の市長を逮捕。100M競争で9.58秒の世界最高記録をもつジャマイカウサイン・ボルト選手(30歳)が世界陸上ロンドン大会で引退、100M走で3位、最終レースで100×4の400Mリレー走に出場、ボルト選手はリレーで脚を痛め途中棄権をする。一方日本勢は、男子400mリレーで銅メダル、男子50㎞競歩で銀メダルと銅メダルをそれぞれ獲得。アメリカ・バージニア州で、白人至上主義や極右思想を持った人々の集会で、これに反対する市民との間で衝突が起き、1人が死亡、35人がケガ。州知事が非常事態宣言を出し、トランプ大統領も事件を非難する声明を出すも、白人至上主義や人種差別に関する言及がなかったうえ、極右団体に反対する市民を「オルトレフト(極左市民団体)」と非難したことで批判が相次ぐ。台湾で、火力発電所での人為的ミスにより発電機に燃料が供給されず、全土のほとんどで大規模停電が発生。電力を所管する経済部(日本の経済産業省に相当)のトップである経済部長(経済産業大臣)が責任を取って辞意を表明。スペインバルセロナと近郊の町で、暴走車が歩行者に突っ込み、合わせて130人以上が死傷。警察は、イスラム過激派によるテロと断定。モロッコ出身の容疑者12人を射殺・拘束。夏の高校野球は埼玉・花咲徳栄高校が広島・広陵高校を14-4で破り初優勝、埼玉県代表としても大会初。シンガポール沖でアメリカ海軍・第7艦隊所属のイージス駆逐艦・ジョン・S・マケインがタンカーと衝突し10人が死亡、同艦隊は6月にも静岡県沖で同型艦・フィッツジェラルドが事故を起こし7名が死亡したことから、アメリカ海軍は同型艦の運用を中止し艦隊司令官・アーコイン中将を解任。アメリカ南部で大型ハリケーン・ハービーによる大洪水で25人が死亡。サッカー・ワールドカップ・アジア最終予選で日本代表はオーストラリア代表を2-0で破り、6大会連続6回目の出場を決める。日本列島は中部・東海地方をまたいで東日本は21日間連続の降雨による冷夏、西日本は酷暑による暑い夏に二分される。アメリカ海兵隊・岩国基地を飛び立ったV22・オスプレイが不具合を起こし大分空港に不時着。小池百合子東京都知事は、1970年代以降、歴代知事が行ってきた、関東大震災後、デマにより住民に惨殺された朝鮮人への追悼文を送付することを自民党都議団の「事件には歴史的に疑義がある」との要請により中止、物議をかもす。
9月気象庁は東北地方の梅雨明けの期日を特定することができなかったことを発表。蓮舫代表の辞任に伴う民進党の代表選挙で、前原誠司前外相が新代表に選出。女優の武井咲が、EXILEメンバーのTAKAHIROとの結婚と妊娠を発表。北朝鮮が、6回目の核実験を強行。日本の小野寺五典防衛相は、爆発の威力が広島型原爆の10倍にあたる160キロトンとしていたが、アメリカ国防省は240キロトンとして、核兵器が「水爆」の可能性が濃厚であると発表。秋篠宮家の長女眞子さまと大学時代の同級生の小室圭氏の婚約が正式に内定。日本学生陸上競技対校選手権の男子100メートル決勝で桐生祥秀が9秒98を記録し優勝。男子100メートルで初めて10秒の壁を超える偉業を達成。イギリス・ロンドンで、走行中の地下鉄車内に仕掛けられたバケツが爆発。乗客22人が負傷し、警察は18歳の少年を逮捕。沖縄戦の慰霊の場である自然壕・チビチリガマを16歳から19歳までの少年4人が「肝試し」と称して荒らし、逮捕される。NASAESAが共同で運用していた土星探査機「カッシーニ」が土星大気圏に突入し消滅。打ち上げ以来20年続いたミッションに終止符が打たれる。関西国際空港から出発したオランダ旅客機のパーツの一部が大阪・西天満に落下。信号待ちの車に直撃したが怪我人はなし。歌手の安室奈美恵が来年9月をもって、引退することを発表。メキシコで3度にわたって大地震が起き、多くの死傷者が出る。ドイツの連邦議会選挙で、メルケル首相率いる与党「CDU(キリスト教民主同盟)」が議席を減らすも第1党を維持。一方、反難民・反イスラムを掲げる新興右派の「ドイツのための選択肢」が、第3党に躍進。安倍政権は衆議院を日本国憲法7条の規定により臨時国会冒頭に解散、内閣改造直後であるにもかかわらず、議論をいっさい行わない、民進党の内紛、北朝鮮情勢の不透明化を利用した解散に批判が起きる。東京・上野動物園で、6月に誕生したジャイアントパンダの赤ちゃんの名前が公募の結果、「香香」(シャンシャン)に決定。イスラム教の厳格な解釈に基づき、世界で唯一女性の車の運転が禁止されていたサウジアラビアで、女性の車の運転を解禁する勅令が出される。
10月インターネット掲示板「2ちゃんねる」の名称が運営譲渡により「5ちゃんねる」に変更される 。スペイン北東部・カタルーニャ州が、中央政府の警告・国家警察の取り締まりを振り切って州の独立を目指す住民投票を強行し9割を超す賛成票を得たことを発表、しかし、後に同じ人物が何度も投票する映像が流れ、住民投票の正当性が疑問視される事態に。カタルーニャ州は独立を宣言すると見られたが、スペインの憲法に違反する疑いが浮上したことから、独立宣言を2か月間先送り。これに対しスペイン政府は10月19日までに見解を示すようカタルーニャ州政府に迫ったが、州政府がこれに答えなかったため、スペイン政府は州政府の機能を一部停止。小池百合子希望の党代表は10月22日に行われる衆議院選挙に民進党リベラル派を排除し、政策が近い右派のみを党の公認とすることを公表、これに反発した民進党・枝野幸男代表代行は、党内のリベラル派議員を結集して新党「立憲民主党」を結党すると表明。これにより民進党は、希望の党、立憲民主党、無所属の3つに分裂することに。パリからロサンゼルスに向かっていたエールフランス所属のエアバスA380の第4エンジンが大西洋上で大破し、カナダの空軍基地に緊急着陸。日本からイギリスに帰化したカズオ・イシグロ氏がノーベル文学賞を受賞。日産自動車が、国内すべての工場で、完成車の出荷前検査を無資格者が行っていたとして、116万台をリコール。神戸製鋼所のデータ偽装が発覚、自動車部品にデータ偽装されたアルミニウム、鉄砂を用い、国産旅客機・MRJ、国産ロケットH-ⅡAにも部品の一部に用いられていることから日本の物作りに悪影響が出ることに懸念。鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の新燃岳が6年ぶりに噴火。沖縄県北部の牧草地にアメリカ海兵隊のヘリコプターが不時着し炎上、負傷者はいなかったものの微量の放射性物質が見つかり、アメリカ海兵隊は無期限の運用停止を決めたが、わずか1週間で解除したことに沖縄県民の不安と怒りが広がる。囲碁井山裕太六冠が高尾紳路名人を破り、囲碁七冠に返り咲く。将棋を含めても七冠に返り咲いたのは井山九段が初めて。オーストリアの下院議会選挙で、移民・難民政策に厳格な中道右派の国民党が第1党を獲得。「反移民・難民・イスラム」を掲げる極右の自由党も第2党に躍進し、EUの難民政策に影響を与えるのは必至。過激派組織ISが首都と位置付けるシリア北部の都市ラッカが、クルド系民兵組織によって奪還。ISは事実上崩壊。ロシアゲートの捜査徳局は2016年の大統領選でトランプ陣営の選対本部長を務めたマナフォート氏と事業協力者のゲーツ氏をマネーロンダリングの疑いで身柄を拘束し訴追。神奈川県座間市のアパートの一室から、クーラーボックスに入れられた男女9人のバラバラ死体が発見され、警察は住人の男を逮捕。アメリカ・ニューヨーク中心部で、小型トラックが自転車専用道に突っ込み、20人が死傷。警察はISに忠誠を誓うウズベキスタンからの移民の男を拘束。民進党の前原誠司代表が、希望の党への合流失敗の責任を取って辞任。後任に大塚耕平参院議員が無投票で選出。
11月プロ野球日本シリーズパ・リーグを制した福岡ソフトバンクホークスがクライマックスシリーズを制したセ・リーグ3位の横浜DeNAベイスターズを4勝2敗で破り、日本一を達成。サウジアラビアで、王子や閣僚経験者を含む王族十数人が汚職の容疑で拘束。世継争いとの見方も。東アジア歴訪を終えたアメリカ・トランプ大統領は貿易格差解消に日本・韓国には大量の武器購入を約束させ、中国には10年間で総額28兆円の貿易協定を結ばせたことを自画自賛、一方で中国・フィリピンなどで問題となっている人権侵害を議題にしなかったことに批判が集中。安全保障問題でも中国の南シナ海軍事拠点化を問題にしなかったことに批判が集まる。また、ロシア・プーチン大統領との会見で、同大統領が「2016年のアメリカ大統領選」介入疑惑を否定したことを受け入れる姿勢を示したことでも批判が集中する。アメリカ・テキサス州の教会で男が銃を乱射し、26人が死亡。男は警察に追跡された末に死亡。プロ野球・日本ハムの大谷翔平選手が、アメリカ・大リーグへの挑戦を正式に表明。イラン・イラク国境付近でM7.3の大地震。460人以上が死亡。東京都の小池知事が希望の党代表辞任を表明。後任はすでに共同代表に選ばれた民進党出身の玉木雄一郎議員。朝鮮半島の南北軍事境界線がある板門店で、北朝鮮兵1人が韓国側に亡命。兵士は北朝鮮からの銃撃を受け一時重体となるが、治療のかいあって一命をとりとめる。横綱・日馬富士の幕内・貴ノ岩に対する暴行が発覚。アメリカ政府が北朝鮮をテロ支援国家に8年ぶりに指定。北朝鮮の反発は必至、中国・ロシアも反対声明を出す。漫画『るろうに剣心』の作者和月伸宏が、児童ポルノ所持の容疑で書類送検。経営再建中の東芝が、半世紀近く続けてきたアニメ「サザエさん」のスポンサーを来年3月で降板することを決定。エジプト・シナイ半島のモスクでイスラム国によるテロが発生し、イスラム教神秘派の信徒400人以上が死亡。イギリスのヘンリー王子とアメリカの女優、メーガン・マークル氏が婚約。
12月宮内庁で三権の長や皇族らによる「皇室会議」が開かれ、今上天皇陛下の譲位日を2019年4月30日皇太子殿下の即位と改元の日を同年5月1日とすることで決定。アメリカのマイケル・フリン前アメリカ大統領補佐官がFBIの司法取引を受け入れ、トランプ政権が成立以前の2016年12月に当時の駐米ロシア大使と接触、オバマ前政権が制定した対ロシア経済制裁トランプ政権成立後には解除することを協議をしたことを認める。この一件に当初トランプ大統領はフリン氏がペンス副大統領に「接触した事実はないとウソをついたから解任した」としていたが、直後に「ヒラリー・クリントン氏のウソは許されているのに、フリン氏は一度のウソで破滅した。FBIは腐っている」とツイート、発言に整合性がないことを露呈する。将棋の羽生善治棋聖が渡部明竜王を4勝1敗で破り竜王位を奪回、前人未到の「永世七冠」の称号を得る。国際オリンピック委員会は、国家ぐるみのドーピングが疑われているロシアの平昌オリンピック冬季大会の参加を禁止。

主な物故者(敬称略。五十音順)


関連タグ

平成29年 平成 2010年代 21世紀 西暦
丁酉年 丁酉 酉年  酉娘/鶏娘
2017 2017年アニメ総覧
2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年

童貞を殺すセーター
忖度
インスタ映え
pixiv10周年
アズールレーン

タグはないがトランプ大統領関連の造語

  • フェイクニュース(偽ニュース)…文字通り、偽りのニュースのことであるが、最近ではインターネットの発達により個人・組織、ロシアや中国などの独裁国家が悪意をもって情報を捏造・改竄しているケースが急速に増加しつつある。トランプ大統領はみずからに有利な「フェイクニュース」を利用しつつ、メディアによる政権に批判的なニュースを「フェイクニュース」と主張している。
  • もう一つの事実…テレビ・新聞などメディアで公表されたニュースに不利な情報がある場合、それらを偽物であると主張、「それとはちがう、もう一つの事実がある」と強弁すること。 
  • オルタナライト(オルト右翼)…アメリカ発祥の極右思想。白人至上主義を軸に排外主義、人権無視、女性蔑視、人種差別を教条的に主張、情報の捏造・改竄も行っている。悪名高い極右系白人至上主義団体・kkk、ネオナチも合流したことにより、アメリカ国民の分断が深まりつつある。
  • ブライトバート・ニュース…スティーブン・バノン氏が主宰する極右系ニュースサイト。正しい情報も時おり混ざっているが、大部分を「ニュース」とは名ばかりのスキャンダラスな情報を発信、ほとんどの情報源が怪しく、捏造されたものも多い。トランプ政権発足後、バノン氏はアメリカ合衆国主席戦略官、大統領上級顧問に就任した。
  • オルトレフト…トランプ大統領自身による造語。8月8日に起きた極右白人至上主義団体とそれに反対する市民団体との乱闘で反白人至上主義派の女性ひとりが死亡した際、トランプ大統領は「白人至上主義者側にもいい人もいる。暴力に訴えた反極右市民団体も悪い」と発言したうえ、「極右団体がオルトライトならば、彼らはオルトレフト(極左市民団体)だ」と左派強硬派だけなく反白人至上主義団体、反トランプ派市民団体も含めて非難、国民の分断を助長する発言を行っている。
  • トランプ大統領のツイッター…トランプ大統領自身によるツイッター。敵対するメディアや思い通りにならぬ議会、閣僚・官僚に対する不満、議案が採択されないことへのいらだち、重要政策が深夜にツイートされるため、市民やメディア、議会、閣僚・官僚のみならず、世界まで振りまわされている。
  • ロケットマン…トランプ大統領が韓国の文在寅大統領との電話会談で北朝鮮の金正恩労働党委員長の動向をこのような侮蔑するあだ名をつけて尋ね、国連総会の演説でもこのあだ名で同氏のことを痛烈に批判、演説の論調は北朝鮮に対する挑発と重大な警告に終始した。
  • 放送権剥奪発言…アメリカの大手メディア・NBCが「トランプ大統領が現在ある核兵器を10倍に増やすよう話した」という報道にマティス国防長官は報道を否定、さらにNBCがティラーソン国務長官が同大統領を「バカ、間抜け」と罵倒したという報道と国務長官による報道の否定が続いたことに対し、トランプ大統領は報道の真偽のほどはどうあれNBCを「フェイクニュース」と罵倒したあげく「放送権剥奪を検討すべきだ」と言及、「報道の自由」、民主主義を否定する言動に批判が高まる。
  • 「リベラルはいらない」…共和党の上院議員候補・ロイ・ムーア氏のセクハラ疑惑にトランプ大統領は40年も昔の話で事実かどうか疑問があると政治姿勢が自分に近いムーア氏を擁護し、この言葉の後に「リベラルはいらない」と発言、改めて女性の人権よりも政権の極右思想を重視する姿勢があらわになる。
  • ブリテンファースト…イギリスの極右団体。トランプ大統領はこの団体が作ったイスラム教徒が行ったとされる3つの暴挙映像をリツイート、しかし、そのうち1つはイスラム教徒は全く関与しておらず、残りの2つも真偽のほどは定かではないという。この国際社会を分断させかねない映像をアメリカの大統領がリツイートしたことにメイ首相をはじめとするイギリスの政界や国民は反発するが、トランプ大統領は悪びれることもなく「メイ首相は自国のテロリストにもっときびしく接するべきだ」と論点をすり替える主張をした。


関連外部リンク

2017年 - Wikipedia
2017年とは - ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「2017年」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 418063

コメント