ピクシブ百科事典

今上天皇

きんじょうてんのう

第125代天皇。昭和天皇の第一皇子。昭和8年(1933年)生誕、昭和64年・平成元年(1989年)即位。治世は平成時代。
目次[非表示]

はじめに(注意)

「今上天皇」とは、一般名詞としては「現在在位している天皇」の意味である。ちなみに、天皇が崩御(死去)された後、追号(“昭和”など)が贈られるまでの間は「大行天皇(たいこうてんのう)」と呼称される。
史記秦始皇本紀に「今上知天下(帝(みかど)は天下の全てを知るお方である)」とある。

しかし実際上は、当代の天皇に用いられる、名前の代わりである。
なお今上天皇(もしくは今上陛下)とは日常会話において実際使われる事や目にかかる事は少ない呼称で、「天皇陛下」と称されることが多い。なぜならば天皇陛下といえば一人しかいらっしゃらないからである。
ただし、教科書や百科事典など、歴代の天皇と併記する場合には当然、今上天皇と書かれる。

西洋圏の訳語では、しばしばそのまま「kinjō Tennō」と表記されていることもあるが、基本的には一般的な君主の表記に従い「HM(またはHIM) The Emperor (of Japan)」と称される。現在即位している君主に対しては「The」をつける慣習があり、これが退位または崩御した天皇と異なる点となる。冒頭の「HM」は「His Majesty(女性天皇の場合はHisがHerになり、HIMのIはImperialを現す)」の略で「陛下(皇室の陛下)」を現す。

平成31年現在、位に即いておられるのが、第125代天皇であられる今上天皇である。

基本情報

御名(諱)明仁
代数第125代(位:昭和64年(1989年)~)
称号継宮
誕生昭和8年(1933年)12月23日
践祚昭和64年(1989年)1月7日
即位礼平成2年(1990年)11月12日
大嘗祭平成2年(1990年)11月22日・23日
退位礼平成31年(2019年)4月30日予定
出身東京府東京市麹町区宮城(現・東京都千代田区千代田)
宮殿皇居宮殿
父親昭和天皇
母親香淳皇后
皇后美智子
皇子皇女皇太子徳仁親王、秋篠宮文仁親王、黒田清子


今上天皇

皇太子時代

昭和8年(1933年)12月23日昭和天皇の第五子にして第一皇子として生誕、母は皇后・良子女王(香淳皇后)である。
易経』離為火の「大人もってぎ、四方を照らす」より継宮明仁親王と命名される。
「大徳ある帝王は、代々明らかな徳を継承し、絶えずその明徳を明らかにしてやまず、天下四方をあまねく照らし、天下万国を君臨統治なさる」という意味とのことである。

成子内親王、祐子内親王、和子内親王、厚子内親王と皇女が続いた後の最初の皇子である。
昭和11年(1936年)、当時の皇室のしきたりにより、満2歳からは家族とは切り離され東宮仮御所にて養育される。

昭和15年(1940年)4月、学習院初等科に入学、太平洋戦争の激化により、昭和19年(1944年)、」東京より当初は日光市の田母澤御用邸に、後に奥日光の南間ホテルに疎開、翌昭和20年(1945年)8月、当地にて終戦を迎えられた。
大戦後、学習院で学ばれたが、昭和21年(1946年)10月から4年間、アメリカの著名な児童文学者ヴァイニング夫人を家庭教師に招き西洋の思想と習慣を学んんでいくこととなる。

昭和27年(1952年)、立太子の礼を受け、正式に「皇太子」となる。
昭和28年(1953年)、イギリスのエリザベス女王の戴冠式に名代として参列、欧米各国の公式訪問も兼ね、「皇室外交」の先駆けとなった。

昭和34年(1959年)4月10日、民間から正田美智子嬢を皇后に迎える。
当時テレビの普及はまだまだであったが、「世紀の御成婚」の中継を拝見しようと、この年のテレビの契約台数は200万台にはね上がった。
昭和35年(1960年)2月23日、には第一皇子・浩宮徳仁親王が誕生。その後、礼宮文仁親王(秋篠宮)、紀宮清子内親王が誕生となった。これまでのしきたりを破り、乳母を用いずに自らの手で育てる、皇室の新たな在り方を示すこととなった。

昭和39年(1964年)、東京オリンピックの後に行われたパラリンピック大会において、名誉総裁を務める。

皇太子時代から本土復帰前から沖縄に心を寄せていたことでも知られる。
沖縄から上京する小中学生との「豆記者」らとの交歓を続け、専門家から沖縄の歴史や文化を学び、琉歌を身につけ、昭和50年(1975年)、沖縄の南部戦跡において哀悼の意を詠まれた。
摩文仁」と題されたこの琉歌は、沖縄では毎年の戦没者追悼行事において紹介されている。
昭和52年には沖縄海洋博の開会式にも出席されている。

即位

昭和64年(1989年)1月7日、昭和天皇の崩御後、歴代2位の高齢で皇位を継承・即位、翌1月8日には平成元号が建てられた。「天下の水陸共に平穏となり、万物はそれぞれの成育を遂げる」という意味の元号である。
即位の大礼は、翌平成2年(1990年)11月12日に挙行された。
以来、今上天皇は積極的に公務をとられ、「国民の幸せを常に願っていた天皇の歴史に思いを致し、国と国民のために尽くすことが天皇の務めであると思っています」との日々実践されている。

日本各地に精力的に皇后とともに行幸され、全47都道府県の巡幸を果たされた。様々な式典にも参列し、国民との距離を縮められている。
雲仙普賢岳火砕流を皮切りに、阪神淡路大震災新潟県中越沖地震三宅島噴火、伊豆大島土砂崩れなど、自然災害による甚大な被害が発生すると、被災地を訪れて大勢の被災者たちを労わられている。
外遊でも世界中を訪れ、各国元首や現地住民、現地在住日本人などとも活発に交流をされている。

天皇の旅は先の大戦の慰霊と哀悼の旅でもある。
平成5年(1993年)、即位後初めて沖縄を訪問、歴代天皇のなかでも初の沖縄訪問であった。
平成6年(1994年)、硫黄島へ慰霊のために訪問、以後も慰霊のためのご訪問を切望されたた結果、平成17年(2005年)、サイパン訪問が実現した。

平成23年(2011年)3月11日東北地方太平洋沖地震による東日本大震災が発生、3月16日に今上天皇は全国民に向けてビデオによるお言葉を発表された。
そのメッセージの主眼は「被災者のこれからの苦難の日々を、私たち皆が、様々な形で少しでも多く分かち合っていくことが大切であろうと思います」という点であった。
そして天皇はみずから「苦難を分かち合」う先頭に立たれようと、外国大使の信任状奉呈式や閣僚などの認証式といった国事行為の案件にかぎって使用する以外に皇居の宮殿を閉鎖され、御所でも東京電力による計画停電の対象外であったにもかかわらず「自主停電」を実施された。
那須御用邸(栃木県)の職員用浴場を避難者に開放され、御料牧場の卵や野菜、缶詰などを避難所に送られた。
東京都内や埼玉県の避難所を訪問、被災者の慰問がなされたのもこのときである。
一方では3月末に予定されていた静養は見送られ、4月末の遊園会も中止された。

その中で、平成12年(2000年)以降は健康を害されることが多く、癌や肺炎など様々な病気により入退院を繰り返されている。

譲位へ

平成28年(2016年)7月13日。陛下は宮内庁関係者に「譲位」の意向を示されたという。陛下は「憲法における象徴として公務を十分に果たせる者が天皇の位にあるべきで、公務の軽減や代役(摂政)などで自身の留位は望まない」との考えで、数年以内の皇太子殿下への譲位実現を望まれている。

8月8日に陛下は象徴としての務めについてをビデオメッセージで伝えられた。

退位や譲位は歴代天皇において珍しくはないが、江戸時代後期の光格天皇を最後に明治以降も平成に至るまで退位は約200年間なく、皇室典範でも退位の規定は記されていない。規定がないのは、譲位によって上皇ができることで、新旧天皇による二重権力が起こる恐れから譲位を記さなかった。現在でも天皇の終身制を改めた「皇位定年制案」の議論も存在する。
ただ議論で時間を空費するのは適切ではないことから、特例法で今上陛下の退位と皇太子殿下への譲位が決まり、その期日は平成31年(2019年)4月30日とされた。
同時に皇太子殿下が即位となるが、改元は昭和→平成同様即時ではなく(大正→昭和は即日であった)、翌日(5月1日)から新元号となる。この新元号については、2019年4月1日に公表され、1ヶ月の猶予期間が設けられることが決まっている。

人物や逸話

  • 実は左利きであったが幼少期に矯正を受けられて、その後は両利きとのことである。
  • 奥日光に疎開されてた時は東京の昭和天皇と手紙でやり取りをされ、その中には昭和天皇の敗戦の原因についても書かれていた。
  • 疎開先での授業の際に特攻を説明されていた将校に「何故特攻をしなければならないのか?人的戦力を消耗するだけではないのか?」と率直な質問をされ、その場にいた誰もが返答に窮させてしまった。
  • 「できないことは口にしない、できることだけを口にする」という信念をお持ちとのこと。
  • 卒業間近の学生時代のとある日、学友2人とともに東宮侍従長に黙って銀座へ遊びに出かけ、喫茶店でコーヒーや洋菓子店でアップルパイや紅茶を楽しまれた。後に「銀ブラ事件」と呼ばれた騒動である。
    • この決行日について学友は「最後の期末試験の後で(皇宮警察の)ガードが堅くないのか?」と訝しんだそうだが「いや今が一番緩みきっている」と即答されたという。宮様とはいえ高校生に出し抜かれる侍従長や警察って・・とのことだが、実は影伴がついていて、たくらみは筒抜けだったとの逸話が残されている。
    自動車愛好家としても知られ、英・デイムラーや伊・アルファロメオに始まり、プリンス自動車・プリンスセダン(その他同社製9台) ホンダアコードレジェンドクーペインテグラなど実際に運転したことのある車種が非常に多い。皇太子時代の1953年には、ヨーロッパを外遊中にF1ドイツGPを観戦された。この時、表彰式のプレゼンターを務められたというが、これがF1の表彰台に立った初めての日本人らしい。2010年に放映されたテレビ番組でも天皇自らがハンドルを握り、助手席には皇后が、後部座席には侍従が同乗する映像が流れている。
  • 鉄道に関する関心も深いが、その一方で特別扱いを嫌い国民に迷惑を掛けたくないと配慮される人柄でもあり、公務による長距離移動の際は宮内庁専用に用意された御料車よりも一般車両を借り切るお召し列車を使われることが多い。
  • 平成13年(2001年)に桓武天皇が韓国王室と血縁関係を持っている点について発言され、韓国でも大いに関心を集めた。


東北地方太平洋沖地震に関する天皇陛下のおことば(平成23年3月16日)

この度の東北地方太平洋沖地震は,マグニチュード9.0という例を見ない規模の巨大地震であり,被災地の悲惨な状況に深く心を痛めています。地震や津波による死者の数は日を追って増加し,犠牲者が何人になるのかも分かりません。一人でも多くの人の無事が確認されることを願っています。また,現在,原子力発電所の状況が予断を許さぬものであることを深く案じ,関係者の尽力により事態の更なる悪化が回避されることを切に願っています。

現在,国を挙げての救援活動が進められていますが,厳しい寒さの中で,多くの人々が,食糧,飲料水,燃料などの不足により,極めて苦しい避難生活を余儀なくされています。その速やかな救済のために全力を挙げることにより,被災者の状況が少しでも好転し,人々の復興への希望につながっていくことを心から願わずにはいられません。そして,何にも増して,この大災害を生き抜き,被災者としての自らを励ましつつ,これからの日々を生きようとしている人々の雄々しさに深く胸を打たれています。

自衛隊,警察,消防,海上保安庁を始めとする国や地方自治体の人々,諸外国から救援のために来日した人々,国内の様々な救援組織に属する人々が,余震の続く危険な状況の中で,日夜救援活動を進めている努力に感謝し,その労を深くねぎらいたく思います。

今回,世界各国の元首から相次いでお見舞いの電報が届き,その多くに各国国民の気持ちが被災者と共にあるとの言葉が添えられていました。これを被災地の人々にお伝えします。

海外においては,この深い悲しみの中で,日本人が,取り乱すことなく助け合い,秩序ある対応を示していることに触れた論調も多いと聞いています。これからも皆が相携え,いたわり合って,この不幸な時期を乗り越えることを衷心より願っています。

被災者のこれからの苦難の日々を,私たち皆が,様々な形で少しでも多く分かち合っていくことが大切であろうと思います。被災した人々が決して希望を捨てることなく,身体からだを大切に明日からの日々を生き抜いてくれるよう,また,国民一人びとりが,被災した各地域の上にこれからも長く心を寄せ,被災者と共にそれぞれの地域の復興の道のりを見守り続けていくことを心より願っています。

(宮内庁ホームページより)

関連イラスト

おそれおおいですが
先帝陛下「来ちゃったw^^」



関連タグ

平成 天皇 陛下 君主

皇位

第124代第125代皇位継承順位第1位
昭和天皇今上天皇皇太子徳仁親王

関連記事

親記事

歴代の天皇 れきだいのてんのう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「今上天皇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23987

コメント