ピクシブ百科事典

始皇帝

しこうてい

中国の秦朝初代皇帝。
目次[非表示]

曖昧さ回避

概要

「泰皇から皇を残し、上古の帝位の帝と組み合わせて
皇帝』と呼ぶことにいたせ。
また、朕を始めとして以後は二世、三世と千万世に至るまで
これを無窮に伝えよ」
『うろおぼえ人間物語より』

五百年以上の長きにわたった春秋戦国時代を終わらせた、史上最初の皇帝
秦の紀元前221年に戦国時代を制し諸国を統一したときの版図はその時代の欧洲のどの王朝よりも広く、欧洲の全人口を合わせても足りぬほどの人間を「支配下」においた。これはいままでの「王」とはちがう存在が誕生した瞬間でもあった。

謹賀新年
始皇帝



生涯

紀元前259年~紀元前210年
秦王国の第31代王にして、秦帝国の初代皇帝。在位紀元前246年~紀元前221年。
姓は嬴(えい)、諱は政(せい)
現代中国語では、始皇帝(シーフアンティ)または秦始皇(チンシーフアン)と称される。

統一以前

父・荘襄王が早く死亡したため、十三歳で即位した。
この父親は長く趙国に人質に出されており、幼いころの政も辛酸をなめている。
しかし、大商人の呂不韋がスポンサーとなったことで状況が好転し、間もなく帰国して数年後に父が即位。その父も三年で死に、始皇帝が即位した。
ちなみに、ふつう王号は死後につけられるおくり名であるが、始皇帝は王としては死ななかったために王号を持っていない。
したがって皇帝以前の彼をあらわすには「秦王・政」というしかない。
ここでは便宜上始皇帝で統一する。

少年時代は宰相となった呂不韋に政務を任せていたが、実は呂不韋と趙太后(始皇帝の母親)は不義密通しており、さらに彼女に新しい情婦をニセ宦官としてあっせんしたところ、そのニセ宦官がクーデターを起こしてしまう。
それ自体はすぐさま鎮圧されたものの、推薦した人物が謀反を起こしたことから不韋は連座で追放に処され、以後は自ら政務を取り仕切った。

  • この時代は「夫以外の男との情交は、元の夫が死亡している場合は不義にならない」とされていた。
  • ただし呂不韋が追放されたのは、あくまでも当時の法により「推薦した人間が罪を犯したため連座させられた」ゆえである。

その後、兵法家の尉繚子やその親友・韓非と出会い、法家思想を学ぶ。
特に韓非が自身の思想を記した『韓非子』を読んだ時、「この人に会えるのならば死んでもいい!」と叫ぶほどの感激を受けており、のちにかなり強引な手法で招聘したが、
韓非のライバルだった李斯の工作もあって韓非を自殺に追い込んでしまった。

しかし始皇帝は韓非子の思想自体は継承し、秦の膨張政策を加速させた。
途中、国の李牧国の項燕項羽の叔父)に撃退される局面はあったものの、秦軍の圧倒的軍事力と外交策術でこれらを撃破。
紀元前221年についに天下を統一した

統一後

秦の始皇帝は自分が「三皇五帝より尊い存在である」と言う考えから「皇帝」と言う言葉を造語し自分に対する呼び名として使わせた。
以降二千年以上の長きにわたり、中国の支配者は皇帝を名乗ることになる。
彼は紀元前221年に中国統一を成し遂げた記念として「皇帝」を宣言、紀元前210年に49歳で死去するまで君臨した。
義士として名高い荊軻を始め、後に劉邦の名参謀となる張良など、生涯多くの暗殺の危機に晒されたが、遂に誰も始皇帝を殺す事は出来なかった。

ちなみに、始皇帝によくある俗説として「不老不死を求めて長寿の薬だと信じられていた水銀(実際には人体には毒)を飲み続けた」というものがあるが、史書にそのような記述は一切ない。
というより、そもそも始皇帝は仙薬を入手していない
(唐代後期の14代・憲宗、15代・穆宗、18代・武宗、19代・宣宗などが仙丹=水銀化合物を飲んで若死にしたが、その混同か)


統一後は、重臣の李斯とともに主要経済活動や政治改革を実行した。
まず第一に、法と官僚を中心とした中央集権体制を構築。
これまでの一族や配下に領地を与えて世襲統治させる封建制を終わらせ、中央から派遣する官僚が治める郡県制に転換した。
さらに、これまで各地で異なっていた漢字や貨幣、数進法の法則や度量衡などを単一のものに整備。
こうした数々の文化事業によって、一つの文化圏としての「中国」を事実上作り上げた

始皇帝は巨大プロジェクトを実行し初期の万里の長城や等身大の兵馬俑で知られる秦始皇帝陵および新しい宮殿・阿房宮の建設、国家単位での運河や街道などの交通規則・整備などを大規模に行った。
このために多くの囚人・受刑者が動員されており、これが彼への悪評の一つとなっている。
また焚書坑儒(後述)を実行した事でも知られる。

これら土木事業に動員されていたのは「史記」秦始皇本紀によると、犯罪を犯して逮捕された受刑者となっている。
働かない・働けない人間たちに開墾を命じ、それら開墾・入植に成功した者たちには賦税や労役の免除を与えたという記録、「不直の治獄吏」すなわち権力を悪用した役人をも大量に逮捕して労役を科した記述もあり、
史記に引用される始皇帝の立石碑文にも「黎庶に繇無し(繇=徭役、庶民に徭役は課さず)(三十二年)」ともある。

秦朝で囚人でもない一般農民にまで徴発・徴兵・労役が多発し、役人の搾取がはびこったのは始皇帝の死後、政権を奪い取った二世皇帝・胡亥の時代であることには注意が必要である。
(例えば、秦末に反乱を起こした陳勝・呉広は胡亥時代に徴発された人物)
一般に始皇帝時代と胡亥の政策が混同されているが、史記を読む限り両時代の格差は大きい。

焚書坑儒

始皇帝が発布した思想統制・弾圧事業と、その政権下で起きた政治事件である。

「焚書」に至る経緯は、大臣の淳于越が宴席で始皇帝政策への反対を訴え、封建制に戻すよう論じたのが発端であった。
始皇帝はそれを会議に掛けさせ、李斯が再反論・献策をしたのでそれを認可した。
内容は、「博士官が所蔵するものと、秦国の史書、医・占・農の書を除き、民が所有するものは焼き捨てる。従わない者は顔面に刺青(罪人の証)を入れ、労役に出す。政権に対する不満を論じたてるものは族滅にする」というもの。
これは、秦以外の国史、「詩経」「書経」など旧来の思想につながる人文書籍を排除し、民間における思想、特に政権に対抗するものを止めようとする目的があった。
ただし「博士官の管理するものは除く」ともある。秦代の博士官とは「古今東西の書物を集めて管理する」もので、書物を無暗に焼き払ったというわけではない(のちにこの博士官の所蔵文書は項羽に焼き払われた)。

「坑儒」は「焚書」事件から一年後、始皇帝に不老不死の仙薬を作ると言って大量の予算を引き出し、できないと見ると始皇帝への誹謗を残して逃亡した方士が原因となる。
それを尋問したところ他の方士たちが互いに密告しあい、逮捕者が大量に出、抗殺される事件となった。
彼らの処刑理由はあくまでも汚職・犯罪と逃亡によるものであり儒者であるが故の処刑ではないが、
これを諫める長子・扶蘇の言葉から、相当数の儒者がこれに巻き込まれたとする説もある。
(正確には扶蘇の言は「孔子の法を誦(唱)える」とのみある。方士が孔子の道を唱えているということはありうる)。
ただ、史記にはこの件で「儒」の一文字さえ使われていなことは注意を要する。

このような始皇帝の政治には、法家思想、とくに『韓非子』からの影響が強く見られる。
法家思想とは、簡単に言えば『絶対権力者が、法を以って国家を統治する』という思想であり、始皇帝以前から秦はこの法家思想によって運営されていた。
ただしこの場合における「法」とは、現代におけるそれとは概念から異なる。
法家が目的とするところは効率的な政治体制による富国強兵であり、いわゆる法の下の平等や思想の自由などは、むしろ強力に制限される傾向にあった(記録に残る最初の禁書令も、始皇帝以前の秦で行われたものである)。

ただし、韓非子の思想はどちらかというと「人々は正業に就かせて正しい生き方をさせ、刑罰を食らうような生き方をさせないようにする」ところにある(韓非子・六反など)。
始皇帝の立石碑文にも「ことごとく避ける所を知り」「本来の事務を勤労とし、農業を尊ぶ」と人民を教化して正業へと推進し、刑罰に当たらせない生き方を目指させる説く記述が多い。

そもそも「法の下の平等」「思想の自由」はギリシャ哲学やキリスト教から発展した近世民主主義の思想だから、始皇帝の法治思想と異なるのは当然だが。

始皇帝個人

始皇帝自身については、天下の様々な事務を大小となく自ら決済したという恐るべき逸話がある。
その様は「天秤で書類の重さを量り、それを昼と夜の分に分けて、すべて処理するまでは休まなかった」といわれている。
もっともその資料は上述した予算を引き出しながら逃亡した方士の捨て台詞であり、「それほどに権勢欲が強かった」と非難めいた口調で締めくくられているが、彼らの所業は考える必要があろう。

また始皇帝の立石碑文にはしばしば「皇帝は…夙(つと)に興(起)き夜に寝(二十八年・嶧山)」「朝夕懈(怠)らず(二十八年・之罘山)」「皇帝は徳を明らかにし、宇内(天下)を経理し、視聴怠らず(二十九年)」「万事を兼ねて聴き(三十七年)」といった言葉が多く、始皇帝は自ら皇帝としての仕事に励み、それを誇りにもしていた。
三十一年にはその通り、夜に側近四人を連れて首都に出、盗賊を発見して撃破するとともに、二十日に渡り警邏体制の強化も命じている。

一方、始皇帝は自分の一族を「王」に任命して土地を与えることはしなかった。皇族といえども、任務についていない以上は、形式として「無位無官の匹夫」として扱っていた。
これは韓非子の述べる「近親・寵臣・寵姫はすべからく政治の不安定要因となる」という論に従ったものであろう。
そのせいもあってか、史書に始皇帝の皇后や寵姫などは名前さえ伝わっていない(子供が多くいたので、女性に興味がないわけではない)。

また秦の宿将たる王翦は始皇帝について、
「その性は暴であり、ひとたび疑いをもたれればどのような命が下るかわからない」
という評を残しており、敢えて任務成功時の報酬ばかり考えている浅はかな将軍を演じることで始皇帝からの疑いを避けた。
ただし、始皇帝には王剪初め、功臣を粛清した記録は一つもない。これは劉邦とは対照的である。


なお、先代秦王・荘襄王の子ではなく、母・太后丞相総理大臣)の呂不韋の間の子とする説もある。
というのも、趙太后はもともと呂不韋の愛人であったのが、その美貌に惚れた若いころの荘襄王が頼み込んで譲ってもらったという経緯があり、実はこの時点で妊娠していたのではないかとうわさされたため。
本人がそれをどう思っていたかは知る由もないが、のちに呂不韋は始皇帝に追放され、自害している。


始皇帝死後

始皇帝は在位三十七年にして、巡業中の沙丘の地にて没した。
このとき始皇帝は、北方にて蒙恬のところに預けていた扶蘇を後継者として指名した。

しかし、この時行列に加わっていた末子の胡亥と宦官の趙高が策謀を開始。李斯を抱き込み、始皇帝の遺勅を奪って扶蘇・蒙恬・蒙毅(蒙恬の弟で始皇帝の側近)を死に追いやり、自らが皇帝に即位した。
この胡亥と趙高は、即位した経緯の不安や若年ゆえの老臣への引け目、宦官の卑しさなどもあって凶暴化。即位早々に庶皇子や宮女、大臣を罪の有る無しを問わずに虐殺した。のちには李斯すら粛清される。
さらに各地からは「材士(逸材)」と呼ばれた若い男手五万人を徴兵し、さらに軍用の馬や弓の的にする犬まで大量にかき集めた。
そのため首都で食糧難が起きると全国から食料を収奪。あげく首都近郊の人々は生産した食料を食べることさえ禁じられた。
さらには「不直の治獄吏を摘発した」始皇帝時代とは打って変わり、「人を多く殺したものが忠臣で、物を多く略奪したものが能吏」と呼ばれるほどになった。

この状況下で、ついに陳勝・呉広の乱が勃発。
秦朝は名将章邯の奮戦がありながらも、結局は劉邦項羽の攻撃により崩壊した。

ただ、始皇帝の政策は基本的に前漢王朝に引き継がれた
蕭何は始皇帝時代の統治資料を陥落直後の咸陽からできるだけ回収し、のちの全国運営の基礎資料とした。
また、かつて始皇帝の命を狙った張良も、劉邦に封建制の非を説くなど、始皇帝流の郡県制を推進している。

そして、前漢前期は恵帝・少帝のような幼君、呂后のような内憂があっても、官僚システムが機能する限りは安定して発展が続くという時代を迎える(曹参もその旨の応答をしている)。
その「秦漢帝国」の統治システムは原則として後代の王朝にも受け継がれた。


後世の評価

初めて中華統一を成した英雄だが、賛否両論にきっぱり別れた難物である。

春秋戦国時代にピリオドを打ち、漢字の統一による文化事業、通貨や度量衡の統一による経済システムの確立や、街道・運河などインフラの整備といった革新的な社会事業に取り組んだ。
特に始皇帝の文化事業によって現在の中国文化圏がほぼ形成されたことは否定しようのない事実である。

反面、それらを民衆の生活現状・被侵略国の民という意識を無視して断行したこと、自らと政権に対する批判思想を弾圧したことも事実であり、煩瑣に過ぎる法律の制定や、万里の長城建設といった難事業の連発によって民衆の不満を蓄積させたことが後の秦国崩壊の遠因にも成った。

また、始皇帝は年々誇大妄想傲慢さに拍車が掛かり、自己神聖化を推し進めたともいわれている。
少なくとも不老不死を願い、その実現のため巨額の財を散じたこと、巡幸の先々で「始皇帝の統治を称える碑」を建て続けたことは事実のようだ。

呂不韋と嫪毐の反乱、その後の苛烈な粛清も、近年の研究では当時の「彗星の出現」という「凶兆」を利用し、むしろ始皇帝側から仕掛けたのではとされる意見も出てきている。


ただし、第一の文献史料である「史記・秦始皇本紀」には始皇帝の暴虐の記録は少なく、むしろ理路整然とした統治の様子が伺える。
開墾や移民に成功した住民には宴会の開催や、労役・賦税の数年にわたる免除、爵位の付与など、様々な褒賞を与えた記録も多い。
上述したとおり「水銀を飲んだ」「重臣を粛清した」などと言う記録は一切なく、暴虐の限りを尽くした胡亥の記録が混同されている節さえある。

また上述の「立石碑文」のように、始皇帝サイドからの主張も歴史には残っている。
もとより立石碑文はプロパガンダ色が強いが、中国史において「正史」とは大なり小なりプロパガンダ用のものであり(特に、王朝の開祖はたいてい「聖人君子」となる)、立石碑文が則ち全く信用できないと見るのは厳しすぎよう。


考古学的にも、始皇帝時代の法律書簡が多数発見されてきている。
例えば、雲夢県から発掘された「睡虎地秦簡」には、細かくはあっても的確なものが多く発見されている(公の負債を払えない場合は労役で代償し、一日当たり八銭として償い、官費で食事を求める場合はそのぶん割り引く……など)。

有名な兵馬俑には中国人のみならずモンゴル系・チベット系・ベトナム系など異民族モデルのものも多く、当時の秦国はわりあい異民族にも開かれた社会であったことが示唆されている。

実のところ、始皇帝の資料が眠るであろう陵墓が発掘されていない
場所はわかっている。大量の水銀反応があるため「水銀で川や海を作った」という史記の記録とも一致する。
しかし発掘した場合、出土した資料を保存できる目算が立たないらしい。実際、発掘された兵馬俑は空気に触れて、塗料が剥げ落ちてしまったという。
そのため、始皇帝の研究はまだ道半ばといったところが多い。


こういった功罪入り交じった業績故に、始皇帝は今でも論争の的となっている。

余談

前漢に郅都(シツト)という人物がいる。
厳格にして公明正大、勇猛果敢で清廉潔白、悪事を禁じて犯罪者を断固として罰し、結果「人々は落ちたものを拾わず(『貞観の治』など中国史における優れた統治の表現)」「匈奴は恐れて攻め込まず」と優れた治績を挙げ、
景帝から「忠臣なり」と讃えられる人物であったが、彼は「酷吏」「蒼鷹」と呼ばれるなど嫌われた(史記・酷吏列伝。ちなみに、司馬遷とは同時代ではないがかなり近い時代の人物で、風評も直接聞き知っていたと思われる)。
郅都と同じく厳格であった始皇帝は、中国史では嫌われるタイプであったともいえる。


関連

 皇帝 中国神話 暴君 名君
冕冠(べんかん)皇帝の頭にかぶっている、『すだれ』のついた

参考外部リンク

皇なつきの始皇帝暗殺
『史記・秦始皇本紀』 わざわざ「秦本紀」と別に立てて、かつ恐ろしく詳細に記されている。

アニヲタWiki(仮)の「始皇帝」

pixivに投稿された作品 pixivで「始皇帝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1484722

コメント