ピクシブ百科事典

ちょう

中国の姓、または王朝名
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 趙:中国における姓の一つ。戦国時代の趙国や五代十国時代を統一した王朝では国姓である。
  2. 中国の戦国時代で戦国七雄に数えられた主要国(本記事で解説する)。
  3. 趙(しょう):ジャングルの王者ターちゃんの登場人物。


戦国七雄の趙国

趙国の誕生

戦国時代をほぼ通じて天下を競った主要国であり、およそ現在の河北省・山西省に相当する。都は邯鄲(現在の河北省邯鄲市)

春秋時代の大国は、主君の力が衰退し六卿と呼ばれる大臣が勢力を競っていた。その一人趙無恤が、韓虎および魏駒と主の国を三分割し、趙・の三国が誕生した。史学では王朝のうち、この事件以降を戦国時代と呼ぶ。主家たる周の権威が完全に消滅し、天下は七雄と呼ばれる主要国が争って統一を目指すことになったからである。

武霊王の最盛期

武霊王の時代に最盛期を迎える。武霊王は当時の北方国境を荒らしていた遊牧民族が戦いやすい服を着て馬に騎乗して戦っていたことに目をつける。当時の中原諸国の軍隊は、戦いに不向きな裾が長く下部がスカート状の服を着て戦車に乗って闘っており、この格好では騎乗して戦うのは難しかった。王は諸臣の反対を押し切って北方遊牧民族の服装を導入し、直接騎馬に乗る騎馬隊を編成する(「胡服騎射」という)。この騎馬隊が威力を発揮して趙国の国土は拡大した。の混乱に際して後の昭襄王を支援して王位につけたりもしている。

しかし武霊王の治世末期に悲劇が起こる。武霊王は公子の何(後の恵文王)に王位を譲って主父と名乗って実権を維持していた。ここで、公子章が恵文王に謀反を起こして敗れ、主父の館に逃げ込んだ。主父はこれを匿い、恵文王側の軍勢が父の館を包囲し、公子章ばかりか主父も3ヶ月もの包囲の果てに餓死することとなった。

秦の攻勢

この事件の後、趙の国力は次第に低下していく。文武両道の将藺相如、勇将廉頗といった人材があって国力を維持するが、藺相如は病に倒れ廉頗も讒言で魏に亡命してしまう。秦の昭襄王は名将白起を送り、長平の戦いで趙兵は戦死5万、残る40万人は生き埋めにされてしまった。こうして都の邯鄲すら脅かされる滅亡の危機となる。しかし宰相平原君が、魏の信陵君春申君らの援軍を呼び寄せることに成功し、白起を退けた。

なおも秦軍の猛攻が続くが、幽繆王の時代に李牧という英雄が現れる。李牧は匈奴を破って国境を北に広げ、秦の攻勢も撃退して秦領も奪って西方にも領土を広げている。当時秦軍を破った将軍は、諸国でも趙の李牧と楚の項燕だけ、秦の領土を奪取出来たのは李牧のみであったという。

しかし幽繆王はこの李牧を讒言によって殺してしまう。かたや秦を治めるは英主始皇帝である。もはや秦軍を防ぐ方法はなく、紀元前228年、秦の王翦羌瘣の軍に攻められ、邯鄲も陥落して滅亡した。

秦末の動向

始皇帝の死後、趙高の暴政で秦が混乱すると、魏の臣であった張耳陳余が趙王の子孫趙歇を擁立して、趙を再興する。秦将章邯はまず邯鄲を破壊し、鉅鹿に逃れた趙軍を包囲する。ここにて章邯と楚の英傑項羽との決戦が行われ、章邯は降伏して趙は解放された。その後張耳と陳余が互いに争い、陳余を支援した趙歇は、に降伏した張耳の呼び寄せた将軍韓信によって陳余ともども滅ぼされてしまった。

関連タグ

中国史 春秋戦国 
キングダム 項羽と劉邦

pixivに投稿された作品 pixivで「趙」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28020

コメント