ピクシブ百科事典

春申君

しゅんしんくん

「春申君」とは、中国戦国時代の楚の政治家である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 中国戦国時代の楚の政治家、春申君(本記事で説明)
  2. 「キングダム」に登場するキャラクター、春申君(本記事で説明)


史実の春申君

本名は黄歇(こうあつ)。戦国四君の一人に数えられる辣腕政治家である。
キャリアのはじめは楚のつかい(外交官のような立場である)であり、韓・魏と結託して楚を攻めようとしていた秦の昭襄王(始皇帝の曾祖父)を説得し、国難を回避することに成功。
その後秦への人質として出された公子完の侍従として秦の国へ赴いたが、楚の頃襄王が危篤となると危険を顧みず昭襄王へ届け出無しに勝手に完を楚に帰国させた。当然昭襄王は怒り黄歇を殺そうとしたが、秦の名宰相・范雎に庇われて取りなしを得た。
公子完は帰国後楚の王位を継いで考烈王となり、黄歇はその功績を認められて令尹(楚の国における宰相の地位)に任じられ、春申君と呼ばれるようになった。
政治家として辣腕を振るい、傾いていた楚を立て直すことに成功した。彼の元には優れた人材が食客として3千人も集まり、中には思想家として名高い荀子も参列していた。
覇道を進む秦を打倒すべく連合軍を率いて侵攻するも、結果的に失敗したため考烈王からは疎んじられるようになった。
それ以前、考烈王に子が生まれなかったことを気にもんでいた春申君は世継ぎを誕生させることに腐心していた。春申君の食客の一人に李園という者がおり、その妹は美人で春申君の愛人であった。やがてこの妹が身ごもると春申君と李園はこの子供を楚の王位に就けようと暗躍する。春申君は李園の妹を考烈王に差し出し、生まれた子供は考烈王の子として王位を約束されることとなった。こうして春申君は楚を影から支配できる立場となったが、共犯者である李園から危険視され、暗殺されてしまった。
戦国四君として名をはせた宰相の最後としてはあまりにあっけないものであった。

キングダムの春申君

楚の宰相。中国全土に知られるやり手の政治家であり、楚の君主考烈王の右腕として活躍している。
魏・燕・韓・趙・楚の合従軍が結成された際に、李牧から楚の総大将に推挙された。
合従軍の敗戦後は、責任を負って左遷された。
最期は食客の李園に暗殺された。

見た目は非常に若々しいが、活躍してきた年代を考えると中年の域に入っているとみて間違いない。歯に衣着せない荒っぽい言動の人物で、性格も怒りっぽくてがめつい。

関連イラスト

薫風


HARU20新刊サンプル+ノベルティ



関連タグ

キングダム  宰相 戦国四君 李牧

外部リンク

春申君 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「春申君」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46697

コメント