ピクシブ百科事典

趙範

ちょうはん

中国、三国志に登場する荊州四英傑の1人。桂陽太守。
目次[非表示]

概要(正史)

曹操が赤壁の戦いで大敗した後に、劉備が荊州南部へ進撃を開始した際に金旋劉度韓玄ら他の荊州四英傑同様に劉備への降伏と帰順を申し入れて、趙雲が桂陽太守の座に新たに任命された。そこで趙範は、亡き兄の嫁「樊氏」を趙雲に嫁がせようとするが趙雲は周りの者に「趙範は追い詰められて下っただけだ。また天下にも女は少なくない」と言って娶らなかった。これが原因で後に劉備の元から出奔し、曹操を頼った。

概要(演義)

趙雲との関係で様々な脚色がなされている。趙雲と遠縁で、同じ常山郡真定県の出身ということにされており、また部下に陳応と鮑隆を従えている。大言壮語を吐いた陳応に三千の兵をあたえて迎撃させたものの、陳応は趙雲に捕らえられた為、趙範は降伏する道を選んでいる。その後降伏した彼は趙雲と遠縁で義兄弟の契りを結んだが、亡き兄の嫁「樊氏」を趙雲に嫁がせようとした結果、関係が険悪となってしまい趙雲から袋叩きにされてしまう。これに激怒した彼は陳応と鮑隆の策を受け入れ趙雲の寝首を掻こうとした。しかし趙雲の機転で二人が酔い潰され、同行した兵士達が策の内容を暴露すると、陳応と鮑隆は酩酊状態のまま斬られてしまい、更に防備を固めた桂陽城は趙雲の手によりあっさり陥落。再び降伏した。

ちなみに2度目の降伏以後の出番はないが、後の長沙征伐の際に、あくまで韓玄との引き合いではあるが、思慮深い人物という評価を諸葛亮が関羽に対して伝える場面がある。

関連タグ

三国志 趙雲 樊氏

pixivに投稿された作品 pixivで「趙範」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24

コメント