ピクシブ百科事典

曹操

そうそう

曹操とは後漢時代に生まれた、事実上三国時代の幕を開いたともいえるリアルチートの一人である。
目次[非表示]

概要

字は孟徳(もうとく)。幼名は阿瞞(吉利とも)。
後漢の末期に生まれ、朝廷に官僚として仕えた。その後、群雄割拠をのし上がって魏王に至るが、孫権に敗れて江南制圧に失敗し、その直後に劉備が蜀で独立したことにより、後漢の版図を完全掌握する事はできなかった。

漢最後の皇帝・献帝を傀儡とし、生涯「漢の丞相」として辣腕を振るうが、事実上の王朝の祖で、魏王朝成立後に武帝と諡号される。

以下に、彼のチートっぷりを簡潔に記す。

政治家として

韓浩の献策を受け「民屯による屯田制」を採用。「荒れ果てた耕地を流民や黄巾党出身の帰順兵に与えて耕させ、兵士の徴用義務を与える」事で軍事・食糧生産の両面において爆発的に国を強化することに貢献した。

また軍事参謀を常設したり家柄や出自・素行に拘らず部下を採用するなど、人事面においても辣腕を振るった。郭嘉などはこのような彼の人事任用における寵児とも言える。

軍人・兵法家として

「孫子」に注釈をつけ、修正を加えた解説書を残すほどの当代一流の兵法家であり、またそれを実戦に活かす事にも長けていた。とりわけ得意としたのは孫子が重視した、戦わずして勝つ謀略戦と相手の隙を見逃さない奇襲戦である。

彼を飛躍させた「官渡の戦い」、馬一族や呂布との戦いなどそれが発揮された戦は数多い。部下を適材適所に配置することが得意だったこともあり、最終的には袁紹・呂布・袁術・劉表など当時隆盛を誇った様々な群雄を打ち破り、華北のほとんどを手中に収めた。

文人として

息子の丕、植と共に後に「建安文学」と呼ばれる漢詩文学の気風を作り上げた。高所に登れば詩を詠み、また夜にはしばしば詩作に励んでいた彼の詩は簡潔ながら力強い作風であった。

漢代の頃はあくまで「添え物」としての扱いでしかなかった文学を庇護・醸成した彼の業績は、息子の丕の代になって大きく花開く事となる。

文化人として

彼は「九蒕春酒法」と言われる新たな酒造法を開発したといわれる。これは今日の日本で「段掛け法」と言われる醸造法に酷似しているが、それが中国からもたらされたものならば彼は間接的に日本酒の生みの親とも言える。

その他

民間伝承レベルであるが若い頃に当事親友だった袁紹と他人の嫁さんをさらいに行ったり、大人になればなったで他人の兄嫁に手を出そうとして危うく死に掛けたり(まあ、理由はそれだけではないが)と、プライベートでは意外とヤンチャな人間ではあったらしい。ちなみに史書に残ってるだけで嫁や息子が二十名以上いる。妊婦や新生児死亡率が非常に高かった当時の事情を考慮に入れると(こういった人たちは史書には記されないので、実際の数はさらに跳ね上がる可能性が大きい)正直頑張りすぎである。

そんな彼の唯一といっていい欠点は容姿であった。(当時の武将たちの平均に比べて)背が低く、風貌も冴えなかった旨が史書に書かれている。

また、倚天剣という岩を軽々と切り裂ける恐ろしい威力の名刀を持っていたとされているが、名前が登場するだけで全く使用していない。対となる青紅剣も褒美として夏候恩にくれてやったという。彼のチートっぷりを思うと使用したら使用したで物語のパワーバランスが崩れそうだが。

…とはいえ、こんだけ別の才能に溢れている時点で正直既におなかいっぱいである。

持病

曹操は青年期から晩年にかけて、酷い頭痛持ちだったという。それは年を追う毎に悪化し、晩年は悪夢や幻覚にうなされたり、就寝中に急に剣を振り回して暴れだしたという話もある。特に暴れだした際に部下を殺してしまったこともあるらしく、以後は寝所には腕の立つ衛兵を置き、就寝中は誰も近づけさせなかったらしい。

彼が慢性的な頭痛持ちであったことは歴史書や、彼の陵墓から発見された石枕(当時の頭痛対策グッズ)が発見されたことからも明白である。原因については名医「華佗」の話で脳腫瘍であるらしきことが語られており、それが頭痛の原因だったのではと言われている。

陵墓

後述する曹操の陵墓は、彼が「豪華な墓はいらぬ」と遺言を残したこともあって、魏を起こした権力者とは思えぬほど簡素であり、豪華な副葬品も見つからなかったという。また陵墓の発掘調査によれば、彼の骨格は稀代の英雄とは思えぬほど小柄だったという。

余談

2009年12月に彼の陵墓が中国河南省において発見された。

彼の祖父である曹騰は宦官(罪として、或いは後宮の世話や皇帝の雑事を行う為に自発的に睾丸を去勢した人々。曹騰は後者)でありながら桓帝の寵を得た(一説には皇帝擁立への手助けを行ったとも)事で家を残すことを許され、夏侯家より曹嵩という養子をもらい、彼が後に曹操の父となったのである。

そういうわけで、曹操は実質的には夏侯氏の血筋なのである。

主な親族

正妻


側室


卞皇后との子


劉夫人との子



曹操四天王


養子


創作においての立場

曹操の若い頃は「治世の能臣、乱世の奸雄」と呼ばれていたり、三国志演義では主人公である劉備の宿敵ともあって何かと悪役敵役にされることがある。劉備を主人公にした事でそのライバルである曹操が敵となり「劉備=正義、曹操=悪」という図式があった。他にも敵役に出来る理由は多くある。

  • 』の皇帝を支配下にし、実質『漢王朝』を滅亡させた時の権力者。(当時すでに機能していなかった、が正しいが)
  • 敵にも味方にも容赦ない。
  • 徐州での戦で民を大勢死なせる。
  • 人妻大好き。

己の野心や感情に忠実過ぎる故に、一部の部下からの反発を招いてしまったのも否定しようの無い事実で、荀彧の自殺や陳宮が裏切って呂布についてしまう等も、それに起因していたり、また後の時代に儒教などの考え方に反する行為であったという事もある。『三国志演義』などを初めとする物語と歴史書があまりに有名なのが、逆に悪評をもたらしていた感じはある。

しかし近年では曹操の功績・評価が見直されていることもあって、日本国内の三国志好きのみならず中国本土においても魅力的な人物であることが広まっており、歴史的にだけでなく創作三国志おいても彼を主役として描かれている作品も多くある。

ただ物語を作る上で悪役が強かったり魅力があったりすると相手側も映えるので、そういう意味では理想の悪役なのかもしれない。

創作作品ごとの曹操

横山三国志

横光三国志 曹操


CV:松本保典(アニメ版)、CV:野沢雅子日経三国志版)
演義通りの「乱世の奸雄」のイメージそのままの野心家。「赤壁の戦い」後における関羽の伏兵部隊出現に驚愕するコマはしばしばコラ素材として使われている。アニメ版ではもう一人の主人公として描かれている。

蒼天航路

乱世の奸雄


CV:宮野真守
本作品の主人公で作中随一のチートキャラとして描かれており「最も人に興味を示した英雄」として描写されており、国の要はあくまで人と考え貪婪なまでに人材を求める。既存の概念にとらわれない破格の発想と才覚を持つ英傑。それだけに「ならばよし」など印象的な台詞がある。この作品から曹操の印象が変わったという人も多い。

真・三國無双シリーズ

乱世の先を築くのは


CV:岸野幸正
詳しくは曹操(真・三國無双)を参照。

SDガンダム三国伝

曹操ガンダム


モチーフはガンダムダブルエックス
詳しくは曹操ガンダムを参照。

恋姫†無双

超嫁大戦 ◆ 真・恋姫夢想 曹操


CV:乃嶋架菜(PC版)、CV:前田ゆきえ(コンシューマ、アニメ版)
詳しくは真名である華琳を参照。
ドSでガチ百合キャラで初期作では正確に言うとレズビアンだった。

一騎当千

CV:赤城進
詳しくは曹操孟徳を参照。

鋼鉄三国志

CV:三ツ矢雄二
玉璽を手に入れようとする野心家。何故かオネエお言葉で話す。

十三支演義

「十三支演義」曹操


CV:鳥海浩輔
大陸制覇の野望を抱く武将で権謀術策に長けており、目的のためなら手段を選ばない冷酷さを持っている。ヤンデレ

妖怪三国志

一騎打ち


CV:梶裕貴
モチーフはフユニャン
フユニャン曹操として、作中最大のライバルであるジバニャン劉備と何度も死闘を繰り広げる。

おそ松さん

7話目のアレ〜桃うめえ〜


CV:松本保典
(画面右側)
ふとしたことで六つ子と出会う。なお、中の人は横山三国志と同じ声優が担当している。

CDドラマコレクションズ 三國志

CV:銀河万丈
コーエーより発売されていたドラマCDシリーズ。

SLG三國志シリーズ

どのメーカーのどの作品においても人材の質、量ともに豊富で立地も良いため、劉備や孫一族と共に初心者向け勢力の一つ。ただ序盤から中盤にかけては中央部に位置しており、周囲は董卓、袁紹、袁術など大勢力がひしめきあってるので、苦しい戦いを強いられることもある。逆に袁家滅亡~赤壁直前のシナリオあたりだと対抗できる勢力がほとんどなく無双状態。

本人の能力も極めて優秀で、前線で戦うことも可能。ただし、武力はそこまで高くないので相手が文官でもない限り一騎討ちなどは受けないほうが無難であり、中心~後方で政治向きな仕事をさせるのが無難。

ニコニコ歴史戦略ゲー

ニコニコ動画に投稿されている歴史戦略ゲームの総称でここでは天才として描かれたり、変態として描かれたり、はたまた演義同様に覇王的存在として描かれたりラスボスを務めたりとあらゆる役柄を自重せずこなす万能選手であり、能力自体は極めて優秀なので助演・主演を問わずやたらと活躍したり、印象的なキャラになる事が多い。

変態の時は特に「17歳」などと呼ばれる事もある(先駆け的な某作品において、「心はいつでも17歳」を合言葉に紳士的な言動をとりまくった事が印象的すぎた為)。

歌って踊れる乱世の奸雄」とか呼ばれる場合もあるがこっちは本当の話だから困る。

iM@S架空戦記シリーズにも登場。

三国志 Three Kingdoms

匹夫の小僧


第一部〜第五部までの主人公で総集編や予告などでも「物語で最も重要な人物」と言われている。大胆かつ、堂々としており、どこか小悪党のような姿を見せつつも、合理主義精神に富む現実主義者という描かれ方になっている。存在感については圧倒的な姿を描いているのは、演じる俳優の名演技ゆえか。

物語での活躍は、三国志と三国志演義で描かれている通りである。最初の頃は英雄的な姿が有りつつもだんだんと残酷で冷酷な部分も目立つようになり、やはり悪党かと思わせたりもするのだが、あくまで、「自分はこの乱世を平定する者だ」という態度を示しており、王者としての姿はドラマ中の劉備孫権を凌ぐ。

そして人間的な姿もあり袁紹との対決である『官渡の戦い』ではわざと袁紹の機嫌を取ったり、策略が成功したら小躍りしたり、窮地にも剛胆な笑いをみせたり、気に入らない事があると「ああ!?」と言ったりなど、人間的な曹操が見れるのだが、冷酷な面も良く知られている通りに描写されてるだけあり敵には回したくない人物と思えるのも確か。

曹操(ドラマ)

2013年の中国のテレビドラマ。曹操の若き日から『赤壁の戦い』までが描かれ、また長編ドラマでも描かれる事が少なかった彼の周りの人物たちも描かれており、例としてはあまり知られる事がなかった、彼の最初の息子曹昂が描かれている点などがある。(これは曹操にとっては黒歴史を描く事でもあるのだが)

曹操が主人公だから劉備は…と描かれているわけでもなく、中立的な曹操像が描かれている。

劉備徳子は静かに暮らしたい

曹司操(そうじ・みさお)という名前で、前世の記憶を持ったまま現代日本に転生。黒髪ロングのツンデレ女子高生で、舞台である三国高校の生徒会長。配下には副会長の夏侯惇(かこう・あつし、元・夏侯惇)と書記の司馬田懿作(しばた・いさく、元・司馬懿)がいる。前世同様に関羽道(せき・うどう、元・関羽)を買っており、自陣に引き入れようと画策するも悉く失敗。夏侯惇から告白を受けた際、動揺する一面も。

関連イラスト

ラストクロニクル
曹操



関連タグ

三国志 三国志演義 三国時代
後漢  曹魏 曹丕 夏侯惇 卞皇后

治世の能臣、乱世の奸雄

劉備孫権宿命のライバル

関連記事

親記事

曹魏 そうぎ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「曹操」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8367230

コメント