ピクシブ百科事典

治世の能臣、乱世の奸雄

ちせいののうしんらんせいのかんゆう

曹操の二つ名、そして称号。

概要

曹操は、若くして機知・権謀に富んだが、放蕩を好み素行を治めなかったため世評は芳しくなかった。
ただ太尉の橋玄は「天下は乱れようとしており、当代一の才の持主でなければ救う事はできない。天下をよく安んずるのは君である」などと曹操を高く評価した。
また、橋玄が紹介した月旦評で有名な後漢の人物鑑定家の許子將許劭)は、「子治世之能臣亂世之奸雄」{貴方は治まった世では有能な役人だが、乱世となれば狡いことをして利益を得る奸雄(姦雄)だ}、または「君清平之奸賊亂世之英雄」(君は平和な世の中では大泥棒だが、乱世となれば英雄だ)と評した。曹操はこの話を聞いた後に、大笑いした。(#大喜びではない)
では、歴史学者の易中天氏の分析によって、曹操が大笑いして3つの可能性があります。
第1の可能性は、「俺はどうして「治世之能臣亂世之奸雄」になるだろう、ばかばかしい。」
第2の可能性は、「もし俺が治世に立って能臣になることができる、乱世に立って奸雄になることもできる、能臣になるのはもちろんは最大の願いですが、割引をして奸雄になっても悪くないです。」
第3の可能性は、「能臣になりたいなら、それができる、奸雄になりたいなら、それもできる、
俺は天下を乱しても天下を治める能力がある
、どうせ俺は何でもできるです。」
また易中天先生の分析により、第2と第3の可能性が高いです、それは曹操が大事業をしたかったと志す人だから。いずれにしても、彼はこの世の中で華々しく生きて行きたかったの人物です。世の中が彼に何の肩書きを与えるかについては、彼は気にせず。これはまさに曹操の心の広さである。
曹操は後に橋玄を祀り、かつての恩義に報いた。

pixivに投稿された作品 pixivで「治世の能臣、乱世の奸雄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 125064

コメント