ピクシブ百科事典

卞皇后

べんし

中国後漢末期から三国時代にかけての人物。曹操の妻。子は曹丕・曹彰・曹植・曹熊ら。
目次[非表示]

概要

卑しい歌妓であったが身分から曹操の側室、後に曹操の正妻になったのです。曹丕曹彰曹植曹熊の母、父は卞遠、弟は卞秉。
魏が建てられると皇后を追贈された。諡は宣で、諡号としては武宣皇后。

要すれば芸子さんです。お酒を注いで回るコンパニオンやキャバ嬢、あるいは下品な宴会芸から、きちんとそれなりに舞台らしき所で演奏、演技をする演者まで幅広く存在したと思われます。

ただし、現代では一部のミュージシャンは社会的な地位も高く世間から認められていますが、この当時は歌妓で一流と認められた人はいません。非常に身分は低く、こういった女性を囲う所まではまだよく聞く話ですが、正妻まで引き上げると言うのはかなり珍しい例と言えます。

曹操の側室

もとは歌妓出会ったが二十歳のとき、曹操は彼女を家に入れて側室とした。 後年、曹操のお供をして洛陽にきた。

董卓が動乱を起こした際、曹操は目立たぬ身なりをして東方へ出奔して難を避けた。袁術が、曹操が死んだという知らせをしたとき、 太祖の側近くに仕え洛陽まで来た者達が皆国へ帰ろうとした所、 卞氏がこれを引き止めて、

「曹君の吉凶はまだわかりません。今日国へ帰って、明日もし生存しておいでになったなら、 あわせる顔が無いではありませんか。 万一本当に災禍が起こったなら、 一緒に死ぬのに何の差しさわりがありますか。」と言った。

かくして卞氏の言葉に従ったのだった。曹操は聞いてその態度をめでた。

卞夫人

197年、宛城の戦いで曹操の長子である曹昂(そうこう)が戦死すると、彼を我が子同然にかわいがっていた正室の丁(てい)夫人は激怒し、自ら実家に戻り曹操に離縁されたため、代わって卞氏が正室となった。

曹操は、子供たちのうち母のいない者全てを、卞夫人に養育させた。

230年に没し曹操と同じ墓に葬られた。

人物

華美を好まない倹約家で慎み深く、節度を重んじた。

客を招待しても肉や魚といった料理を出すことはなく、野菜や粟飯でもてなしました。曹操は序盤に多くの戦を繰り返し行っていますが、常に兵糧不足の危機に瀕しています。倹約することは生き残るために欠かせぬ心構えだったのではないでしょうか、卞夫人はそれを忠実に実行することができました。、

曹操が複数珍しいのイヤリングを見せ選ぶように言うと、彼女は中級の物を選び、理由を問われると「上等の物を選べば欲深いと思われ、下等を選べば倹約を装っているだけと思われます」と答えた。

まだ、遠征中に老兵を見かけると声をかけて贈り物をするなど……とにかく、自身の難しい立場を保守、謂れの無い誹謗を受けないような行動に腐心している様子がうかがえます。

曹操「腹を立てたときにも顔色を変えず、喜んだときにも節度を忘れない。 これこそ最も難しいことなのだ。」と言った

丁夫人との関係

卞夫人の側室時期、名門の出である丁夫人からは軽蔑されていたが良く仕えた。丁夫人が曹操と離縁し、卞夫人は正室となった後も丁夫人を尊重しています、時候の挨拶を欠かさないなど配慮を続けたため、曹操の不在時には時折招待していますが、上座に丁夫人を座らせました。

以前は身分の卑しい卞夫人に対し意地悪が多かった丁夫人ですが、卞夫人の変わらぬ待遇に感動し、「離婚され追われた者に対して、あなたは何故いつもこんなにしてくれるのですか。」と感謝するようになりました。丁夫人が亡くなった際には卞夫人が埋葬の許可を曹操に願い出ています。

後年、曹操が病に苦しんだとき、自ら再起できない事を案じて、歎息して、

「わしはずっと思ったとおりにしてきて、心に背いた事は一度も無かった。 ただもし死人に霊魂があって、子脩(曹昂)が『私のお母さん(丁夫人)は何処におりますか』と聞いたなら、 わしは一体何と答えたらいいものだろうか。」と卞夫人言った。

子供達との関係

自分が産んだ子以外曹操の子も平等に養育しだか、自分の実子である 「曹丕」 と 「曹植」 の不仲に関しては、頭を痛めていたようです。

特に曹丕が薄情な性格だったコトを気にしていて、
曹丕が皇太子に選ばれたときも、
「それより私の教育が間違ってなかったかが心配だ」と言って喜ばなかったし、

曹丕には先立たれたが「世説新語」には曹操の没後、曹操の死後にその側室をそっくり曹丕が引き継いでいたと聞くと、
「あなたが食べ残したものは、狗も鼠も食べようとはしないでしょう」と言って、曹操の墓へ行っても泣かなかったそうです。
よほど曹丕の性格が気に入らなかったみたいですね。

かつて卞夫人が病に倒れた時、曹丕の妻の甄姫が心労のあまり泣き崩れた、その事を知った卞夫人は「何と親孝行な娘でしょう」と感嘆した、その甄姫も曹丕に疎まれ自害へ追い込まれていた。

また功臣の曹洪(そうこう)は曹丕の若い頃に借金を断ったことを恨まれ、些細な罪で処刑されそうになった。その際に卞夫人は曹丕の側室(郭女王)を「曹洪を殺せばお前もただではおかない」と脅して曹洪を解放させており、これらのことから曹丕には複雑な思いを抱いていたのだろう。

関連タグ

曹操 曹丕 曹彰 曹植 甄姫

関連記事

親記事

曹操 そうそう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「卞皇后」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10955

コメント