ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

董卓

とうたく

董卓とは、中国後漢末期の武将・政治家。字は仲穎(ちゅうえい)。後漢王朝の相国として専横を極めた。漢王朝を衰退させ、(悪い意味で)三国時代の基礎を築いた人物。
目次 [非表示]

史実において

中国語ではトン・チュオ(Dong Zhuo)と呼ぶ。

涼州での反乱の征伐等で名を上げ、時の大将軍何進に洛陽へと招かれる。

何進が十常侍に殺された後、袁紹宦官を皆殺しにして大騒ぎになったが、それに乗じて当時の皇帝・少帝と後の献帝(帝の異母弟)を救い、軍事力で彼らの後ろ盾となって権力を掌握した。

この頃、対立していた群雄・丁原を倒し、その配下であった呂布養子に迎えた。


やがて悪政を敷き、邪魔になった何皇后を暗殺、部下たちも悪行三昧に明け暮れ、洛陽をカオスに陥れた。正史の董卓伝には大勢の宮女に加えて、皇女までレイプしたというやらかしが記載されている。


そのため反董卓連合が結成され、追い詰められた董卓は洛陽を捨てて長安へ遷都。

そこでも暴虐非道を繰り返し、王允がブチ切れ。

王允にそそのかされた呂布に殺された。ここらへんを見るとやられ役の悪役に見えるかもしれない…


ただし……

  • 曹操がフルボッコにされた挙句、呂布に殺されるまでは誰一人手足も出なかったこと。

そのように、彼の武勇はむしろ優れていたほうであり、決してただのブヨブヨな肥大漢ではないことが窺える。董卓は十二分に強かった。しかし、それ以上に呂布が強すぎるだけであった…。

ただし、黄巾の乱では、朝廷の使者に賄賂を渡さなかったために讒言されて免職された盧植に代わって司令官に就任したが、今まで優勢だったのに敗北して免職されている。


形式上ではの順に正式に禅譲を受けた以上、漢帝国の権威を貶めた人物を良くは書けない事

などが絡み合って必要以上に悪く言われている節はある。

長安遷都は見方を変えれば焦土戦略とも取れるし(実際、連合軍は長安到達時に自壊している)、墓荒らしなどは彼ばかりがやっていた事ではない(正統とされる魏でも郝昭なども行っている)。

また、悪政も地盤が漢の影響力が薄く騎馬民族の風土の強い涼州にあるが故の儒教文化に根ざさない行動がその様に取られた可能性もあり、必ずしも暴君とは言い切れないことも付記しておきたい。

若い頃に朝廷からもらった恩賞を「名声は指揮した俺のものだが、貰った恩賞は実際に働いたお前らのものだ。どんどん持っていけ」と大盤振る舞いしたという話もあるあたり、案外侠客肌の人間だった可能性もある。差し詰め三国志におけるジャイアンといったところか…。


登場作品においての董卓

大体の作品において序盤の最大の敵扱いであり、現在は再評価著しい呂布や曹操などに比べるとその扱いは悪いと言わざるを得ない。


三国志演義

おおむね史実通りだが、呂布が反逆した原因を司徒王允の養女貂蝉の「美女連環の計」によるものとされている。そして彼の死に対する描写がいろいろと凄まじい。


横山三国志

声優:大友龍三郎

だんでぃずむ

後年の作品に比べると細身の役人のようなデザインだが(バビル二世ヨミとも)、作中の動向は演義に忠実。作品の知名度から、董卓といえばこれ、というイメージの人間も多いだろう。天文官の職務怠慢を責めるなどまともなところ見せている。


蒼天航路

声優:大塚芳忠

蒼天航路より「董卓仲頴」


魔王であり、序盤のボスキャラ的存在。

その残虐非道ぶりは異彩を放つ今作においてもまさに異色とも言うべきキャラで、大量の牛を崖から突き落として足場にして急襲し、恐怖心を植え付けるためだけに敵兵の首塚を築く、全裸の女性を家具扱いする人肉を無表情で味わいながら食べるなど桁外れの極悪さを見せつける。

物欲、性欲もさることながらその上権力欲も際限がなく「いずれローマまで支配する」と言い放つなど、ともかく史実より遥かにスケールがデカくなった。


一方で史実でも董卓が重用した蔡邕とのやり取りでは、董卓の行為を正史に正確に記述しようとした蔡邕から「自分を殺しても史書は欺けない」と弾劾を受けるが、董卓は「天意とは何か、ただ董卓がいたことを記すのみ」と、蔡邕にありのままに記述することを許した(一方で蔡邕を讒言した臣下達は処罰されている)。

また、曹操の奇策にうろたえている群臣らを「勇者をなぶり殺し、美女を犯し無差別に金銀を略奪し、天下をほしいままにしてるくせにビビってんじゃねえ(意訳)」と一喝するなど単純に欲に溺れている凡愚ではない。


それらの行いはすべて世を我が物として意のままに動かし、世の快楽全てを貪りつくし、世の秩序が破壊尽くされた先に誕生する、ただ一つ絶対の尊厳なる存在である王になるための前準備に過ぎず、本人はその姿を見ている途中に過ぎないとしている。


出番は(今作の全体から見れば)短く、話の大筋は史実通りに連環の計で呂布に殺されることになるが、絶命に際しても命乞いの類は一切せず。


本来の主人公曹操を凌駕したと言ってもいいキャラクターとなった、ちなみに史実通り曹操は死に関しては全く関わっていない。


真・三國無双シリーズ

仲穎さん

董卓(真・三國無双)


一騎当千

董卓 仲穎

董卓仲穎


恋姫†無双シリーズ

声優:木村あやか/いのくちゆか

月


女体化。真名は(ゆえ)。

悪党イメージを木っ端微塵にするほぼ唯一のキャラクタライズ。

まさかの弱々しいキャラ、しかもメイドである。

ちなみにpixivで「董卓」を探すとだいたいこの娘が出てくる。


十三支演義

CV:中村浩太郎

一般的なイメージ通りの悪党で、猫族を蔑視している。倦厭しているのではなく「使い潰せる良いコマ」くらいに思っており、猫族で構成されている劉備軍からは憎悪されている。


三国志大戦シリーズ

董卓パパ 三国志大戦ドット


白井式三国志

ドSなヒゲダルマのデブだが、超が付くほどのナルシスト自意識過剰。なおかつスケベ(それもバイセクシャル)で乙女チックな変態。最後は史実通り呂布に討たれた。


SDガンダムワールド 三国創傑伝』&『SDガンダム三国伝

W董卓様

(イラスト向かって左側が三国創傑伝の、右側が三国伝の董卓)

三国創傑伝では「董卓プロヴィデンスガンダム(演者はプロヴィデンスガンダム)」。

三国伝では「董卓ザク(演者は旧ザク)」。

どちらも完全な俗物かつ極悪人であり、詳しくは当該記事を。


コーエー三國志シリーズ

初期作品では大体シナリオ1のボスキャラ的存在、なのだが、配下の忠誠度が軒並み低く呂布などあっけないほど裏切るので、ある程度引き抜かれるのは仕方ないにしても、兵力配置は間違えない方が良い。能力値は大体武力は高く、知性は低いが魅力に関しては作品によって極端に高かったり、低かったりして一定しない。場所的に玉璽を掘り出しやすい位置にあるので、魅力が低くても玉璽さえ手に入れれば、部下の忠誠度の点はほぼ解消される。


関連タグ

三国志 暴君


親族

董旻(弟) 董璜(甥) 董白(孫娘) 呂布(養子) 牛輔(娘婿)


主な配下

李儒 華雄 李傕 郭汜 張済 樊稠

胡軫 徐栄 王方 李蒙 李粛 趙岑

張繍 賈詡 張遼 高順


その他

献帝 王允 貂蝉 蔡邕 丁原

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1384250

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました